カートラジャパン

カーライフニュース - カートラジャパン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

カメラと写真映像のワールドプレミアショーCP+ 2019(シーピープラス。2月28日〜3月3日、パシフィコ横浜)で「カートラジャパン」がミニイベントを開催した。

カートラジャパンはJCTA(日本カートラベル推進協会)が主催し、2018年9月に第一回を開催した、クルマでの旅行を広く扱うイベントで、2019年も9月20日〜22日に幕張メッセでの開催が予定されている。クルマでの旅というと、キャンピングカーや車中泊と言ったカテゴリーがすでに浸・・・

ニュースを読む

KULOSだけではない、キャンパー鹿児島…カートラジャパン2018

by 中込健太郎 on 2018年09月30日(日) 10時00分

独自の車載用リチウム蓄電システム「KULOS」搭載モデルでファンが多いキャンピングカービルダー「キャンパー鹿児島」。カートラでは別の角度からの示唆も多くみられた。

今回ニューモデルで登場していたのはトヨタ『ハイエース・ミドルルーフロングGL』をベースにした『oreo Exceed+』。ハイエースには、一般ユーザーがディーラーで購入できない、キャンピングカービルダー向けに販売される特捜ベース車両があるが、それにはついていないセーフティセ・・・

ニュースを読む

まだあまり街で見かけないスズキ『ジムニー』新型もカートラジャパン会場に。ワイド&ローで迫力ある『N's Limited MAT BLACK EDITION』だ。ベース車両は『ジムニーシエラ』JL 4WD 5MT、出展者は、宇都宮・盛岡・仙台に店舗展開する N's STAGE。

N's STAGEは、スズキカーディーラー「アリーナ」を展開し、ジムニーを中心としたオリジナルカスタムモデル「エヌズリミテッド」などをプロデュース。日本最大のジ・・・

ニュースを読む

「アングラーがほしかった装備満載。これぞまさに釣車。収納スペースをたっぷり確保し『あれ忘れた』『あれがない』をなくします。道具も機能性もこだわり、誰よりも釣りを楽しむためのクルマです」

そんな紹介文が記された軽自動車に注目が集まっていた。ホンダ『N-VAN』がベースのキャンパー鹿児島『FC-VAN』だ。ベース車のグレードは、+STYLE FUN(FF/CVT)で車両本体価格は166万8600円。これに引き出し式収納や、ルーフインナーサ・・・

ニュースを読む

カートラジャパン、単にクルマを訴求するのではなく「そのクルマでどんなことをするか、どんなところへ行くか」という紹介も充実しているのが特徴だ。休暇村もブースを構え、来場者に魅力を紹介していた。

休暇村、もともとは国立公園及び国定公園の集団施設地区に設置された総合的休養施設で、1961年から整備が始まった。現在は一般財団法人休暇村協会が全国に37か所に施設を運営している。

「なんと言っても立地ですね。国で定めた国立公園・国定公園の中にあ・・・

ニュースを読む

カートラジャパン2018には、国内のイベント初出展の外国企業も少なくない。カナダ製のコンパクトキャンピングトレーラーProLite(プロライト)もその一つだ。

日本ではまだまだ少数派のトレーラー。しかし海外では、キャンピングトレーラーのみならず、かなり広く一般的に利用されている。広大な国土のカナダ、そんな国で生産されるキャンピングトレーラーがプロライトだ。

けれどもそのサイズは日本で持て余すことはないサイズだ。「実は、かなり大きなも・・・

ニュースを読む

28日に開幕したクルマ旅のイベント「カートラジャパン2018」にはミシュランタイヤもブースを設け、その歴史と、いかに自動車文化に広く貢献してきたか。今回はクルマ旅の側面からも紹介している。

「ミシュランガイド」といえば、クルマ好きのみならず、グルメやホテルのクオリティの評価として、信頼を寄せる人は多い。「でも、実はあのガイドを作っているのがタイヤメーカである私たちであることをご存じない方が実はまだまだ少なくないのです」と、カートラジャ・・・

ニュースを読む

DJIのドローンに Tepuiのルーフテント、さらに PELICAN CASE の各種ケース……扱う品が広すぎて迷うほど。どこが仕切ってるの? と思って正面のブランド名を見ると、あのオートバックス。「この展開はなに?」 思わず担当者に聞いてみた。

「じゃあ、順にいきましょう」と案内してくれたのは、オートバックスセブン ライフスタイル第二商品部 村越信彦部長。「まずこのTepuiのルーフテント。これ、オートバックスが初めて公開するルーフ・・・

ニュースを読む

DeNAが運営する個人間カーシェアのエニカ(Anyca)が、なぜ「クルマで遊ぶ。クルマに泊まる」のカートラベル祭典に出展? 「こうしたクルマのイベントに出展するのは初めて」というエニカ担当者に、その狙いを聞いた。

レンタカーとは異なるエニカは、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービス。スポーツカーから痛車まで、全国の個人オーナーの多種多様、個性あるクルマたちを、「選んでリクエストして乗ってレビューを記して、あこがれのク・・・

ニュースを読む

トヨタ車タイアップカスタマイズ商品やトヨタ販売店特別仕様車などを手がけるモデリスタは、同ブランドの最新アイテム「MODELLISTA SELECTION」を前面に展示し、モノづくり集団 gearholic(ギアホリック)とコラボしたオートキャンプシーンを展開。

カートラ会場でも、ひときわオートキャンプの雰囲気を演出したつくり。gearholic が手がけるアウトドアシーンに、モデリスタの『ハイエース/レジアスエースMRT』(MULTI・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Dr.バスケ馬鹿

実燃費 27.2063492063...

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:Dr.***** さん
総合評価:

発表されて直ぐに買い、もう直ぐ4年になります。 暖かくなってきたので、や...[ 続きを見る ]

NV200

一人で使うにはいい車

車種名:日産 NV200バネットバン
投稿ユーザー:NV2***** さん
総合評価:

5万キロ乗りましたがMTで燃費計で14.4キロ/L 実際は13キロ台でし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針