トヨタ車体

カーライフニュース - トヨタ車体

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ車体は、10月23日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「Creating New Value」をテーマに、移動に新しい価値を生み出すクルマを紹介する。

2018年11月にトヨタ自動車のバン事業がトヨタ車体に移管されて以降、最初のモーターショーとなる今回は、年内発売予定の『グランエース』を初披露する。

グランエースは、ワイドなボディを活かした圧倒的な存在感を持ち、上質かつ快適・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、新型フルサイズワゴン『グランエース』を2019年内に発売する予定だ。10月23日から11月4日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催される東京モーターショー2019で初披露する。

グランエースは、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのサイズを活かすと同時に、圧倒的な存在感も主張する。

外形スタイルでは、金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出さ・・・

ニュースを読む

人とくるまのテクノロジー展、トヨタ車体のブースでは興味深い素材が来場者の注目を集めていた。国産杉の間伐材を補強繊維として利用した射出材料『TABWD』(タブウッド)だ。

輸入木材に推され、国内の林業の衰退は深刻だ。国内木材が売れなくなると、山が荒れ、洪水や山崩れなどの原因となる。これを防ぐためには、適度な間隔をあけて木を植えるようにすること。そしてこうした整備を進めるためには、国内産の木材の需要を絶やさないこと。

「まだ使い始めたば・・・

ニュースを読む

鈴鹿サーキットで3月2〜3日に開催される「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」で、トヨタ車体のラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」のダカールラリー参戦仕様ランドクルーザー(2019年大会四輪市販車部門準優勝モデル)の走行が決定した。

ダカールラリーとは南米大陸を舞台に、5000km以上にわたる砂漠や砂丘、土獏、荒野などの道を走り、総合タイムを競うラリー競技大会。TLC・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、これまでトヨタ車体へ委託していたバン事業における企画・開発・生産業務を11月より移管し、トヨタ車体が主体となって同業務を進めていくと発表した。

トヨタ車体は、1945年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の刈谷工場が独立し、トラックボデー専門メーカーとして発足した。以降、『ハイエース』や『ランドクルーザー』、『コースター』などの開発・生産を手掛け、完成車両メーカーとして活動領域を広げるとともに、トヨタのバン・SUV・商・・・

ニュースを読む

トヨタ車体、アルファード の福祉車両を出展予定…メッセナゴヤ2018

by レスポンス編集部 on 2018年11月06日(火) 15時15分

トヨタ車体は、11月7日から10日までポートメッセなごや(名古屋市)で開催される第13回異業種交流展示会「メッセナゴヤ2018」に出展すると発表した。

今回は、昨年12月にマイナーチェンジした『アルファード』に設定されたウェルキャブ(福祉車両)の「サイドリフトアップチルトシート装着車」を展示する。「サイドリフトアップチルトシート」は、チルト機能の導入によりシートが前傾するため、乗る人のシートへの着座や立ち上がりをサポートし、足腰への負・・・

ニュースを読む

超小型電気自動車 コムス を一部改良、登坂時の性能向上

by レスポンス編集部 on 2018年10月01日(月) 08時30分

トヨタ車体は、商品力を向上するため、1人乗り超小型電気自動車『コムス』を一部改良し、全国のトヨタ販売店(一部を除く)で10月1日から発売する。

今回の改良では、従来最大11度だった坂道発進可能角度を、最大13度としてスムーズな坂道発進を可能にした。シフトがニュートラルに入った状態でアクセルを踏むと警告音でドライバーに知らせる誤発信注意喚起機能を新たに設定。また、ボディカラーに先進的なイメージの「シルバーメタリック」を新たに設定する。
・・・

ニュースを読む

トヨタ系列サプライヤー 平成30年7月豪雨被災地に義援金を拠出

by レスポンス編集部 on 2018年07月12日(木) 16時30分

平成30年7月豪雨の被災地を支援するため、トヨタ系列サプライヤーが相次いで義援金を拠出することを決めた。

アイシン精機などのアイシングループ14社は総額500万円を特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームを通じて寄付する。

トヨタ紡織は被災地を支援するため、ジャパンプラットフォームを通じてトヨタ紡織グループで500万円の義援金を拠出する。

豊田合成はジャパン・プラットフォームに義援金300万円を拠出する。

トヨタ車体はジャパ・・・

ニュースを読む

トヨタ車体は5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に、環境・福祉に関する製品を中心にトヨタ車体の製品・技術を紹介する。また、7月11日に名古屋で開催される同展示会にも出展する。

環境の分野では、木材のサイズを小さくしていく中で発現する強度や吸音性能を生かした3種類の材料を展示する。具体的には木粉、バルブ、セルロースナノファイバーを使った材料の性能を紹介し、木材からつくる材料の今後の自動・・・

ニュースを読む

カシオはG-SHOCKの新製品として、ダカールラリーに参戦し続けるトヨタ車体「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」とのコラボモデル、2製品を発売する。

3月発売の「GG-1000TLC-1AJR」は、ダカールラリー2018にて337号車の三浦昴ドライバーの腕に装着され、市販車部門での優勝を支えたモデル。防塵・防泥構造、ツインセンサー(方位/温度計測)を搭載した「マッドマスター(GG-1000)」をベースに、チームカラーのブルー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針