トヨタ カローラスポーツ

カーライフニュース - トヨタ カローラスポーツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタはGRのラインアップに『カローラスポーツ』をベースとした高性能モデル『GRカローラ』を追加した。なぜカローラなのか、また同じハッチバックの『GRヤリス』があるにも関わらず、なぜあえて同じハッチバックを追加したのか。その根底にあったのは“モリゾー”の想いと、GRブランドならではのマーケティング戦略だった。

カローラ・イズ・バック
「私が自分のお金で初めて買ったクルマがカローラだった。カローラは、誰かのストーリーになるクルマ。そんな・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」を装着したトヨタ車デモカーを試聴できる「SonicPLUS×トヨタ試聴体験会」を6月25日、26日の2日間、全国のソニックプラスセンター12店舗にて開催する。

イベントでは、『RAV4』、『ヤリス』、『ヤリスクロス』、『カローラスポーツ』、『カローラツーリング』、『C-HR』をデモカーとして用意。トヨタ車のために専用設計されたソニックプラスのクリアなサウンドを車両に装着し・・・

ニュースを読む

トヨタの「水素カローラ」に低CO2高炉鋼材 レーシングカー

by レスポンス編集部 on 2022年06月06日(月) 14時30分

神戸製鋼所は6月3日、低CO2高炉鋼材「コべナブルスチール」が国内で初めて実用化されたと発表した。

製造時CO2排出量を100%削減した「コべナブル・プレミア」がトヨタ自動車のレース車両「水素燃焼エンジンカローラ」(スーパー耐久に参戦中)のサスペンションメンバーに採用された。

コべナブル・スチールは、従来と同等の品質を維持できることから、特殊鋼線材、超ハイテンなど、高い品質が要求される高炉材で使用できるとしている。

神戸製鋼ではコ・・・

ニュースを読む

GRスポーツの最新作のトヨタ『GRカローラRZ』。さらに「GRカローラ・モリゾウエディション」が、スーパー耐久24時間レースが行われた富士スピードウェイのイベント広場に展示された。5ドアハッチバックながら2シーターという作りが注目されていた。

ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第2戦『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』が行われた富士スピードウェイ。水素エンジンを積むORC ・・・

ニュースを読む

スーパー耐久第2戦NAPAC富士SUPER TEC 24時間レースが、4〜5日に富士スピードウェイで開催される。今大会も参戦している「水素カローラ」、この車にはいくつもの戦いが待っていることが判明。その結果がどうなるのか注目だ。

昨年の富士24時間レースでデビューを果たしたORC ROOKIE GR Corolla H2 concept、いわゆる水素カローラ。その後のレースでは着実にマシンとしての純粋な速さも上がっていて、さらに水素を・・・

ニュースを読む

「MTしかない」ことが強みになる
トヨタ自動車が6月1日に公表したスポーティモデル『GRカローラ』の日本仕様。やる気仕様の「モリゾウエディション」が富士スピードウェイのタイムアタックで1分59秒433を記録するなど、開発陣の並々ならぬ意気込みが伝わってくる。

ホットハッチの多くがデュアルクラッチ変速機などのATをラインナップ、あるいはATのみというケースも少ない今のご時世に、GRカローラはモリゾウエディション、ストリートメインの「RZ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車が6月1日に公開したグローバルコンパクト『カローラ』のスポーティ仕様、『GRカローラ』。仕様はストリートタイプの「RZ」と後席なしの2シーター、トラック特化型の「モリゾウエディション」の2グレード構成。

開発のきっかけとなった「野性味事件」
このモリゾウエディションはGRになる前のメーカーカスタマイズブランドG's時代から受け継がれてきたハイパフォーマンス版「GRMN(ジーアール・マイスターオブニュルブルクリンクの略)」に・・・

ニュースを読む

トヨタ カローラ、「GR SPORT」仕様がアップデート

by 森脇稔 on 2022年06月03日(金) 12時15分

トヨタ自動車の欧州部門は6月2日、『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの2023年モデルを発表した。スポーティモデルの「GR SPORT」も、アップデートされている。

欧州向けカローラのGR SPORT の2023年モデルでは、新デザインのLEDデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドライト、18インチアルミホイール、リアバンパー、アンダーガードを採用した。ハッチバックとワゴンの「ツーリングスポーツ」のシートは、ヘ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は6月1日、『カローラハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』に相当)の2023年モデルを発表した。

2023年モデルには、クローム仕上げのアクセントを備えた新デザインのフロントグリルを採用した。LEDヘッドライトも新デザインのデイタイムランニングライトを組み込んでリフレッシュされ、シリーズの頂点に位置する高性能モデルの『GRカローラ』と共通イメージになった。

リアバンパーは、ボディ同色部分とクローム仕上げ・・・

ニュースを読む

トヨタGAZOO Racing(TGR)は6月1日、待望の『GRカローラ』日本仕様車を公開した。特別仕様の「モリゾウエディション」が注目されているが、今回は標準仕様の「RZ」グレードを撮り下ろし写真とともに紹介しよう。

『カローラ』はかつて数多くのラリーで優勝を飾り、その走りで多くのユーザーを魅了した。現在のトヨタが掲げる「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を体現していたモデルこそ、このカローラだったのだ。今回、「多・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

のび

新車で購入16年4ヶ月、15万km...

車種名:ホンダ モビリオ
投稿ユーザー:のび***** さん
総合評価:

まだまだエンジン元気でシュンシュン回って燃費もよかったんですが、私もエア...[ 続きを見る ]

cmsc.kanchi

購入してから一年がたち27000キロ走った燃費の状況。 ・納車からの通算...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針