BMW X2

カーライフニュース - BMW X2

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、2018年に発売した『X2』のラインアップに、Mパフォーマンスモデルの「X2 M35i」と、クリーンディーゼルエンジン車の「X2 xDrive18d」を追加し、1月28日より販売を開始する。

Mパフォーマンスモデルは、パワートレインやシャシーにBMW M社の技術に基づいたチューニングを行うほか、専用デザインを採用することで、スポーティな存在感を際立たせたもの。サーキット走行を想定したMモデル・・・

ニュースを読む

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)の最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出され、選考委員を対象に試乗会が開催された。スズキ『ジムニー』がノミネートを辞退、10ベストに選ばれたスバル『フォレスター』ものちに辞退するなど、今年のCOTYは早くも波乱の様相だ。「今年の1台」は何が選ばれるのか…。

くしくも「9ベストカー試乗会」となった会場で、各メーカーやインポーターの関係者にそのモデルの目玉とCOTY・・・

ニュースを読む

マツダ CX-8、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年11月08日(木) 23時47分

日本自動車殿堂は11月8日、2018〜2019年のイヤー賞4賞を発表。マツダ『CX-8』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」に選ばれた。

日本自動車殿堂は、小口泰平芝浦工業大学名誉学長が会長を務めるNPO法人。各年度の最も優れた乗用車とその開発グループを表彰することを目的に、毎年日本自動車殿堂カーオブザイヤーを選定している。

今回受賞したCX-8は、3列シートSUVのスタイリッシュなデザインや、卓越した運動性能・・・

ニュースを読む

【BMW X2 試乗】いなせな存在感に惹かれた…島崎七生人

by 島崎七生人 on 2018年09月09日(日) 20時00分

今風に言うなら、イケてるクルマ
鯔背(いなせ)なクルマ……が第1印象。今風(?)に言うなら、イケてるクルマ。いずれにしろBMWとしては新境地というか、堅苦しい蘊蓄(うんちく)抜きで選んで、乗っても、それはそれで楽しめそうなクルマ、である。

外観はルーフ高をギュッと抑えた精悍なフォルムがインパクトを放つ。「M Sport X」は19インチの大径タイヤ&ホイールが標準だから、なおさら相対的にキャビンとボディが引き締まってみえる。両サイドC・・・

ニュースを読む

BMW X2 に最強の「M35i」…2.0ターボは306hpに強化

by 森脇稔 on 2018年09月07日(金) 20時03分

BMWは9月6日、コンパクトSUVの『X2』(BMW X2)に高性能グレードとして、「M35i」を設定すると発表した。

M35iは、X2の頂点に立つ高性能グレード。「Mパフォーマンス」が専用チューンした直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。

このエンジンは、最大出力306hp、最大トルク45.9kgmを獲得。トランスミッションは8速ステップトロニック、駆動方式は4WDの「xDrive」。M35iグレードは、0・・・

ニュースを読む

SAC(スポーツ・アクティブ・クーペ)のX2
『X5』から始まったBMWのXシリーズのなかで、ポッカリ空いていたナンバーが「2」。そこを埋める『X2』がついに登場した。

X2は『X1』をベースとしたモデル。BMWはSUVのことをSAV(スポーツ・アクティブ・ビークル)という名前で呼ぶが、このX2についてはSAC(スポーツ・アクティブ・クーペ)と呼んでいる。その名が示すとおり、スタイリングはシャープなクーペを思わせるもので、車高はX1に・・・

ニュースを読む

【BMW X2 試乗】若者へのアピールはわかるんだけど…中村孝仁

by 中村 孝仁 on 2018年07月28日(土) 18時00分

BMWが国内の宣伝用に、タレントを起用してプロモーションを行うのはこれが初めてのことだという。起用されたタレントは香取慎吾。そして彼がプロモーションするクルマは、BMW『X2』である。

そもそもこのクルマ、SAC、即ちスポーツ・アクティビティー・クーペだそうだ。つまりはBMWが提唱しているSUVのクーペ版。これまでも『X6』のように、なだらかにスロープしたルーフラインを持つ本当のクーペ風モデルは存在したが、X2をクーペと言いくるめられ・・・

ニュースを読む

これは、なんというかまあ、ドはまりである。BMWがターゲットとする『X2』のユーザー層は、ミレニアルズと呼ばれる1980年から2000年に生まれたネットネイティブな世代だそうだが、すみません、その親世代の私ども女性(下から目線で「ども」呼ばわり)のハートを実にくすぐるのである。

理由はこのデザインと立ち位置。1、3、5シリーズのBMWらしさを前面に押し出したXシリーズに比べ、2、4、6の偶数組はクーペの要素を取り入れたデザイン。物理的・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、7月16日正午から開催されるAmazon会員向け特別セール「プライムデー」に、BMW「X2 xDrive20i Mスポーツ X ブラックサファイア デビューパッケージ」を出品する。

デビューパッケージは、BMWヘッドアップディスプレイやアクティブクルーズコントロールなどのドライバー支援機能に加え、20インチアロイホイールやMリヤスポイラー、電動フロントシートなどを装備する。

同モデルの価格・・・

ニュースを読む

タイムズモビリティネットワークスは、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)と提携し、2018年7月にBMWの3モデル171台を「タイムズカーレンタル」へ追加導入し、配備を拡大すると発表した。

タイムズカーレンタルでは、全国に展開する店舗406か所および、レンタカーを希望の駐車場に届ける「ピッとGoデリバリー」を提供するステーション3605か所(2018年5月末時点)にて、国産車から輸入車まで、豊富なラインアップを用意。現在、全国に6・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

みーの

タント4WD VSシリーズを購入い...

車種名:ダイハツ タント
投稿ユーザー:みー***** さん
総合評価:

タントVSシリーズはとてもお得だと思いました。 様々なオプションがコミコ...[ 続きを見る ]

knpp

片道2kmの通勤。燃費計は12.5...

車種名:スズキ ワゴンR (ハイブリッド)
投稿ユーザー:knp***** さん
総合評価:

ワゴンR買って330km走って給油しましたら、実燃費16.13km/Lで...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針