NVIDIA

カーライフニュース - NVIDIA

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボグループ(Volvo Group)は6月18日、エヌビディア(NVIDIA)と戦略的提携を結び、自動運転トラック向けのAIプラットフォームを共同開発すると発表した。

ボルボグループでは、公共輸送、貨物輸送、廃棄物処理とリサイクル収集、建設、鉱業、林業などの幅広い分野に、エヌビディアの技術を搭載する自動運転トラックを導入していく。

ボルボグループとエヌビディアは、車載AIコンピューティングのための「DRIVE AGX Pegas・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、ZFの最新自動運転システムにエヌビディアの「NVIDIA DRIVE」プラットフォームが採用された、と発表した。

ZFの最新自動運転システムが、「coPILOT」(コパイロット)だ。このシステムは、AI(人工知能)と包括的なセンサーセットを活用することで、とくに高速道路におけるさまざまな自動運転機能を可能にする。

coPILOTは音声コマンドにも対応す・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、「GPUテクノロジー カンファレンス(GTC)2019」において、レベル2以上の自動運転車向けの新プラットフォーム、「DRIVE AP2X」を発表した。

DRIVE AP2Xの「ソフトウェア 9.0」には、自動運転を可能にするさまざまな要素を新たに採用した。その中には、より多くのディープ ニューラル ネットワーク、顔認識機能、センサーの追加組み込みオプションが含まれている。

DRIVE AP2X ソフ・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、「GPUテクノロジー カンファレンス(GTC)2019」において、自動運転車を衝突から守る計算型の防衛ドライビングのオープン プラットフォーム、「DRIVE AV セーフティ フォース フィールド」を発表した。

DRIVE AV セーフティ フォース フィールドは、エヌビディアの自動運転車向けソフトウェア、「DRIVE AV」を強化するもの。エヌビディアによると、精密な計算に裏打ちされており、シミュレー・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は3月18日、米国カリフォルニア州サンノゼで開幕した「GPUテクノロジー カンファレンス(GTC)2019」において、自動運転車のシミュレーションプラットフォーム、「NVIDIA DRIVE Constellation」を発売すると発表した。

DRIVE Constellation は、異なる2つのサーバーで構成されたデータセンターソリューションだ。ひとつのサーバーの「DRIVE Constellation・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は3月18日、米国カリフォルニア州サンノゼで開幕した「GPUテクノロジー カンファレンス(GTC)2019」において、トヨタとの自動運転分野での提携を拡大すると発表した。

トヨタとエヌビディアは2017年5月、提携を発表した。トヨタが、今後数年以内の市場導入を見込んでいる自動運転システムの性能を高めるために、エヌビディアが人工知能(AI)によるハードウェアとソフトウェアの技術を提供している。

エヌビディア・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は3月18〜21日、米国カリフォルニア州サンノゼにおいて、「GPUテクノロジー カンファレンス(GTC)2019」を開催すると発表した。

「GTC」は、エヌビディアが主催する世界最大規模のAI開発者カンファレンスだ。コンピューティング分野で、最重要かつ不可欠とされるトレーニング、貴重なインサイト、エヌビディアをはじめとする主要な組織の専門家とのネットワーキングが体験できる場となる。主要なテーマは、自動運転車・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、自動運転車の認識、可視化およびマッピング機能を向上させる「DRIVE ソフトウェア 8.0」を発表した。

DRIVE ソフトウェア 8.0は、エヌビディアの「DRIVE」ソフトウェアの最新バージョンだ。車両内状況の可視化により、乗員は自動運転車の頭脳の内側をリアルタイムで見ることができる。それにより、自動運転車が何を見ているか、物体を・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)とエヌビディア(NVIDIA)は1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、メルセデスベンツ車向けの新しいAIコンピューターアーキテクチャを共同開発すると発表した。

すでにメルセデスベンツとエヌビディアは、メルセデスベンツの新世代インフォテインメントシステム、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の開発で協力してきた。今回の発表は、両社の提携関係を強化・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、自動運転車がマップ上で自車位置を検知するシステム、「DRIVE Localization」を初公開した。

自動運転車で重要なのは、その位置をcm単位で正確に認識し、周辺を把握し、道路や車線の構造を認知できるようにすることだ。それにより、自動運転車は、車線の分離や合流を検知できるほか、車線変更の計画ができ、さらにマーキングが明瞭・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

nice

さいあく

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:nic***** さん
総合評価:

とにかく燃費が悪い 以前のバモスの方がよっぽど良かった シートレイアウト...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針