キャンピングカー

カーライフニュース - キャンピングカー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

グッドスピード バンライフがフィールドスタイルジャンボリーで披露したデモカーは、シンプルでありながら機能的な1台。”商用車感”を払拭し、普段の足にも使いやすく仕上げた。

ベースはトヨタ『ハイエース』。中でも一番コンパクトな標準ボディを選択しており、キャンプ使用と日常の利用の両立にはちょうど良いサイズだ。

エクステリアはオリジナルの丸目ヘッドライトやワイルドな印象のバンパー、アルミホイール、ルーフキャリアなどを装着することで、アウトド・・・

ニュースを読む

旅行のために日常を犠牲しないシンプルな車中泊モデル

by 家本浩太 on 2022年11月25日(金) 19時30分

これまでに数多くのキャンピングカーを販売してきた「キャンパー鹿児島」の新モデルが「CV390」。旅のための機能や性能をプラスするのではなく、日常使いしやすくシンプルに車中泊に特化したモデルとして開発された。

CV390のベースはトヨタ『ハイエース』。標準ボディ、標準ルーフを採用しているため、取り回しやすく、駐車場もあまり制限されずに済む。

車内のレイアウトはドライビングモード、リビングモード、就寝モードの3種類。乗車定員は6人、就寝・・・

ニュースを読む

フィールドスタイルジャンボリーの会場、ユニークなモデルであっと驚かせたブースの1つがジャンキーズ4×4だ。ダイハツ車のリフトアップを専門とし、『アトレー』と『タントファンクロス』のカスタムを紹介した。

アトレーについては4インチのリフトアップを行なっているが、これほどの大規模なリフトアップを行うとステアリングのシャフトを延長するなどの工夫が必要になってくることから、車検対応が難しく、なかなか見られることはない。

展示車両はバンパーや・・・

ニュースを読む

トヨタ『タウンエース』をベースに内装も外装もアメリカンクラシックをイメージさせるテイストに仕上げたナックスのサンタローザ『フィルモア』。ベッドマットやシートカバーに使った細畝のコーデュロイがやさしく、温かみのある印象を与える。

丸目のヘッドライトに、大型のアメリカンバンを思わせるグリルやボンネットガードなどを組み合わせたフェイスは、1970年代を想起させる。

シートやベッドマットは、タンレザーのような色合いの素材に、コーデュロイを組・・・

ニュースを読む

GORDON MILLER MOTORSはダイハツ『ハイゼットカーゴ』をベースとしたソロ車中泊向けモデル『GMLVAN S-01』を発表した。

12月17日よりGORDON MILLER KURAMAE限定で予約を開始。2023年中旬には全国のスーパーオートバックスなどで発売となる。価格は2WDモデルが319万、4WDモデルが338万。

GORDON MILLER MOTORSはオートバックスのオリジナルブランドであり、ガレージライ・・・

ニュースを読む

オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」は、軽キャンピングカー『GMLVAN S-01』を12月17日より直営店舗「GORDON MILLER KURAMAE」(東京都墨田区)で展示、先行予約受付を開始する。

◆ハイゼットカーゴがベース車
GMLVAN S-01はダイハツ『ハイゼット・カーゴ・クルーズターボ』をベースとし、軽自動車の持つ高い機動力やコストパフォーマンスを確保。ソロキャン・・・

ニュースを読む

RVトラストが福岡キャンピングカーショー2022に出展した『TR500 C-LH』はトヨタ『ハイエース』をキャブコンにサイズアップしながらも、夫婦2人と愛犬だけのために使うという大胆な1台。ペット好きから大注目のモデルだ。

ベースとなっているのはトヨタ・ハイエースのワイドボディ・ミドルルーフ。それをキャブコンにすることで広大な室内スペースを確保しつつ、広めのコインパーキングや平置き駐車場にギリギリ納まるサイズとした。

ベッドは基本的・・・

ニュースを読む

「ダムド」と組み立て式木製アウトドア家具の「ヨカ」、12月にオープンする予定のキャンプ情報WEBサイト「いい日」は共同で、愛知スカイエクスポで開催中のフィールドスタイルジャンボリーの会場、軽自動車でのキャンプスタイルを提案した。

ダムドは同社のエアロパーツやドレスアップパーツをふんだんに装着したコンプリートカー5台と、吉祥寺のアウトドアセレクトショップ「カスケードロックス」発のブランド「ストーンエイカーズ」製のシャルター型カーサイドタ・・・

ニュースを読む

車中泊時の使い勝手の良さを考えて設計された、4人乗りサイズのコンパクトなキャンピングカー、ステージ21「リゾートデュオ ルクシオ プロ」。余計なものを省き、カジュアルにクルマ旅を楽しむのにピッタリな1台となっている。

ベースの車両は、最近、キャンピングカー業界で人気となっているトヨタ「タウンエース」だ。乗車定員4人、就寝定員2人とし、夫婦2人または、低学年以下の子どもが1人いる家族をメインターゲットにしたモデル。「十分な電源供給量」「・・・

ニュースを読む

アメリカのトラベルトレーラー、エベランス「スキャンプ」シリーズの中で最小のモデルが『ロデオミニ』。13フィート(約4m)でありながら、考え抜かれたレイアウトで狭さを感じさせない室内が魅力だ。

サイズは4040×2060×2500mmと日本国内でも使いやすいトレーラー。福岡キャンピングカーショー2022に出展されたのはトイレとシャワー付きの「タイプ2」と呼ばれるモデルだったが、ベッドもキッチンも、圧迫感なく、使い勝手の良さを感じさせた。・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

otou

納車1か月たちました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:oto***** さん
総合評価:

走行距離が2000キロ超過してきました 車載燃費計では25~26キロ/リ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針