自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

東洋電装と群馬大学、自動運転の研究開発で産学連携

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月24日(水) 11時56分

東洋電装と群馬大学は5月23日、完全自律型自動運転を可能とする次世代モビリティの社会実装・実用化を目指し、産学連携の取り組みを開始すると発表した。

群馬大学は、昨年10月より桐生市内で自動運転車の公道実証実験を開始。昨年12月には産学官金連携イノベーションの拠点形成を目指し、同大学内に「次世代モビリティ社会実装研究センター」を設置した。研究センターでは、桐生市での公道実証実験を皮切りに、関連分野の企業や自治体等と連携をしながら自動運転・・・

ニュースを読む

ZMPは5月24日、公道走行データ取得支援サービス「RoboTest」の新メニューとして、ディープラーニングの学習用データセットとして利用できるよう取得したデータにピクセル単位でラベリングを実施する「RoboTest アノテーションサービス」の受注を開始した。

先進運転支援システム(ADAS)市場の活性化や自動運転技術の開発が進む中、安全運転支援の手法として、ディープラーニングを活用して走行可能領域、先行車両、周辺車両、歩行者、信号、・・・

ニュースを読む

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は5月22日、ブロックチェーンを自動運転技術の開発に導入することを検討していると発表した。

ブロックチェーンとは、分散暗号化台帳テクノロジー。安全でデータやプロパティに対する所有権が保護されることを保証するために、独立したコンピュータのネットワークを介して情報を送信する。

TRIは、ブロックチェーンがユーザー間で透明性と信頼性を生み出し、第三者機関によって適用される手数料や課徴金などの取・・・

ニュースを読む

ZMPは、自動運転技術開発用車両「RoboCar MiniVan」をdSPACE社製「MicroAutoBoxII」から制御可能にする「RoboCar MiniVan MicroAutoBoxII連携オプション」を6月末より提供開始すると発表した。

RoboCar MiniVanは、トヨタ『エスティマハイブリッド』をベースとした、自動運転などの研究開発向け実験プラットフォーム車両。車載ネットワークCANを介して、ベース車両に搭載されて・・・

ニュースを読む

市光工業は5月23日、パシフィコ横浜で5月24日から26日まで開催される自動車技術展、「人とくるまのテクノロジー展2017」の出展内容を公表した。

市光工業は、人とくるまのテクノロジー展2017において、最新のCMS(カメラモニターシステム)を出品する予定。従来のルームミラー、ドアミラーを、カメラとディスプレイに置き換えた次世代の後方視認システムとなる。

Class1(ルームミラー置換え)は、座席、乗車人員、積載物等に左右されること・・・

ニュースを読む

日産自動車は5月22日、パシフィコ横浜で5月24日から26日まで開催される自動車技術展、「人とくるまのテクノロジー展2017」の出展内容を明らかにした。

日産は今回の人とくるまのテクノロジー展2017において、安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とし、車と人々の体験をよりワクワクするものにする「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みを紹介する。

日産は、車の電動化と知能化に向けた技術開発を推進することで、地球温・・・

ニュースを読む

ナビゲーション用ソフトウェアの開発と販売を行っているKOTEI(光庭/本社:中国・武漢市)は、第17回上海国際モーターショーの部品館に出展。自動運転レベル3を想定した「オートモーティブ4.0」に基づく技術をはじめ、普及が進む電子ミラーなど数々の新技術を公開した。

ブース内でメインとなっていたのは、会場内に置いた自動運転のレベル3に対応するコンセプトカー『光谷夢』だ。「オートモーティブ4.0」に基づいているのが最大の特徴で、その具体的な・・・

ニュースを読む

ZF、自動運転シティコミューターの合弁事業を立ち上げ

by 森脇稔 on 2017年05月22日(月) 07時00分

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは5月18日、e.GO Mobile社と提携し、自動運転シティコミューターの合弁事業「e.GO Moove」を立ち上げた、と発表した。

e.GO Mobile社は、ドイツ・アーヘンに本拠を置くベンチャー企業。人や荷物を運ぶ自動運転システムを手がけている。同社はアーヘン工科大学で、最初のプロトタイプ車を発表したばかり。

e.GO Mooveでは、人と荷物が載せられる小型の自動運転シティコミューター・・・

ニュースを読む

米国のサイプレスセミコンダクタ社(以下、サイプレス)は5月16日、車載グレードシリアルNORフラッシュメモリが、ボッシュの次世代ビデオベースの先進運転支援システム(ADAS)に採用された、と発表した。

米国カリフォルニア州に本拠を置くサイプレスは、フラッシュメモリベースの組み込みシステムソリューションにおける世界的リーダー。車載アプリケーションにおいて、トップシェアを誇る。

サイプレスのQuadシリアルNORフラッシュ製品は、運転支・・・

ニュースを読む

スウェーデンの商用車大手、ボルボグループは5月17日、自動運転によるごみ収集車の公道走行試験プロジェクトを開始した、と発表した。

このプロジェクトは、ボルボグループとスウェーデンの廃棄物リサイクル企業、Renovaが共同で行うもの。自動運転のごみ収集車が、実際に公道を走行する。ドライバーは乗車しているが、基本的に運転操作は行わないため、ごみ収集の作業に集中できる。

ボルボグループが開発した自動運転のごみ収集車は、より安全な走行ができ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Red Star

バッテリーの状態に拘らず、モーター・アシストを得るためのアクセルワークが...[ 続きを見る ]

たか

11年間、15万Km走行し、総実燃費は22.1Kmになりました。冬は19...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針