自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

大成建設など9社は1月20日、新宿駅西口エリア(東京都)において自動運転車を使ったサービスの実現へ向けた実証実験を開始すると発表した。期間は1月22日〜2月4日の1月24、25、29、30日を除く約2週間。20日、オンラインでの記者説明会を実施した。

同実験では2023年度のサービス開始を目標に、第5世代移動通信システム「5G」を活用した自動運転移動サービスの実証実験としている。参画企業は、大成建設、ティアフォー、損保ジャパン、KDD・・・

ニュースを読む

ホンダ、建設現場で活躍する自律移動電動モビリティを米国で発表

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年01月21日(金) 16時00分

ホンダは、プラットフォーム型自律移動モビリティの実験用車両『ホンダ・オートノマス・ワークビークル(ホンダAWV)』を、1月18日から20日まで米国・ラスベガスで開催された建設資材・建設機器の見本市「World of Concrete 2022」で展示した。

ホンダAWVは、CES 2018に出展したプラットフォーム型ロボティクスデバイス『3E-D18』のコンセプトを基に開発した、頑丈で耐久性の高い電動モビリティ。GPSによる位置情報、・・・

ニュースを読む

ZMPは1月20日、物体検知ソフトウエアを搭載したRoboSense社製「RS-Cube 2.0」と3D-LiDARをセットにした物体検知システムの受注を開始した。

自動車の自動運転/ADASや自律移動ロボット等の研究・開発にて、LiDARの活用が重要になっている。ZMPではRoboSense社製の様々なLiDARを販売しているが、物体検知アルゴリズム等は自社で開発する必要があるため、開発リソースの確保などが課題となるケースがある。
・・・

ニュースを読む

東陽テクニカは、1月19日からの3日間、東京ビッグサイトで開催される「第14回オートモーティブワールド」の構成展である「第5回自動運転EXPO」に出展すると発表した。

オートモーティブワールドは自動車に関連する技術を一堂に集めた技術者向けの展示会。今回、東陽テクニカブースは「世界最高水準の“はかる”技術でクルマの未来を創る」をコンセプトに出展する。カメラ、LiDAR、レーダーなどのセンサー信号やCANなどの車内バス信号を同期して保存、・・・

ニュースを読む

デンソーは1月14日、車両の周辺環境を認識して安全性に貢献する「Global Safety Packge 3」((以下:GSP3)の開発を発表し、同日オンラインにてメディア向け説明会を実施した。

説明会に出席したのはデンソーAD&ADASシステム技術部長の中澤篤史氏、同技術1部長の公文宏明氏、同技術2部長の阿部好浩氏の3名。

◆第三世代で初めてトヨタブランド以外にも搭載車種を拡大
そもそも「Global Safety Pac・・・

ニュースを読む

デンソーは1月14日、車両の周辺環境を認識し、安全性能向上に貢献する「グローバルセーフティパッケージ3」を開発したと発表した。

日野『レンジャー』(2021年8月発売)、レクサス『NX』(2021年10月発売)、トヨタ『ノア』『ヴォクシー』(2022年1月発売)に搭載する予防安全システム向けの製品として採用されている。

グローバルセーフティパッケージ3は、車両や道路などの形状を検知する「ミリ波レーダー」と、カメラで自車の前方環境を検・・・

ニュースを読む

ロボットがコーヒーを自動配送、都内で実験…3Dデジタルマップを活用

by レスポンス編集部 on 2022年01月16日(日) 11時00分

アイサンテクノロジーは1月13日、大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会や三菱地所、三菱地所設計と、1月22〜25日に、丸の内仲通りで屋内外を結合した3Dデジタルマップによってロボットの走行環境を形成する実証実験を行うと発表した。

実証実験期間中、丸の内仲通りアーバンテラスに設置されている指定のテーブルから、スターバックスコーヒー・丸の内三菱ビル店へ遠隔注文が可能で、注文した商品をロボットがテーブルまで配送する。

実証実験は屋外・・・

ニュースを読む

「幕張新都心は、イオンモール幕張新都心、ZOZOマリンスタジアム、JFA夢フィールド幕張温泉『湯楽の里』と、それぞれに距離があって回遊性に課題があった。そこをこうした自動運転バスで各所が結ばれると、都市の利便性や回遊性も上がると期待している。鉄道とこうした新たなモビリティを組み合わせながら最適な交通体系をつくっていければと思っている」

そう話すのは、千葉市の神谷俊一市長。神谷市長が乗った自動運転バスは、埼玉工業大学などが「生きた教材」・・・

ニュースを読む

テスラのイーロン・マスクCEOは1月8日、自動運転システムの「FSD」の米国でのパッケージ価格を1月17日から2000ドル(約23万円)引き上げ、1万2000ドル(約138万円)にすると発表した。

FSDは、フル・セルフ・ドライビングの略だ。テスラのEVにFSDをオプション装着することにより、自動運転を可能にする。

FSDのコンピュータは、インテリジェントなパフォーマンスとコントロールを備えており、航続に影響を与えることなく、新しい・・・

ニュースを読む

国土交通省は1月7日、ドライバー異常時対応システムに関する国連規則を国内の保安基準の詳細規定に導入するため、法令を整備すると発表した。

国土交通省では、自動車の安全・環境基準について国際的な整合を図りながら順次、拡充・強化している。新たに国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で、リスク軽減機能の性能要件を追加する国連規則の改正で合意した。これを踏まえ、日本に改正された国連規則を保安基準に反映させるため、保安基準・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

くまきち

MA36Sです。燃費は正確には、3年10か月で94,390km走り、平均...[ 続きを見る ]

ひどい

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

燃費が悪すぎ 最近10.6KMしか走りません。夏場で16KMですが暖機運...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針