自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ZMPは、自動運転AIソフト開発向けの公道走行映像データセットサービスを開始。1月17日より東京ビッグサイトで開催される「第1回自動運転EXPO(オートモーティブワールド2018)」にて、同サービスを紹介する。

自動運転を実現するためには、公道で遭遇する様々なシーンで状況を把握し判断するAIソフトウェアが重要となる。これらのアルゴリズムの開発・検証では、走行時の映像と映像内に登場する車両や歩行者などの距離を正しく把握する必要があり、映・・・

ニュースを読む

ZMPは、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転の開発向けに高速道路での走行データ収集サービスを提供すると発表した。

1月17日より東京ビッグサイトで開催される第1回自動運転EXPO(オートモーティブワールド2018)において、本サービスを紹介する。

新しいサービスは、高速道路での走行データ収集に特化し、実験計画の策定、システム開発、車両・ドライバーの手配、データ収集走行、処理・分析、報告、一気通貫に実施する。同社は高速道路・有・・・

ニュースを読む

世界最大規模の先端自動車技術展「第10回オートモーティブワールド」が明日17日から19日まで、東京臨海都心の東京ビサッグサイトで開催される。主催はリードエグジビションジャパン。第10回となる今回は過去最多の1100社が出展する。

オートモーティブワールドは、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における重要なテーマの最新技術が出展される。毎年世界中の自動車メーカー、自動車部品メーカーが新技術の導・・・

ニュースを読む

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018で初公開した新型『インサイト』のプロトタイプに、最新のADAS(先進運転支援システム)を搭載すると発表した。

新型インサイトのプロトタイプでは、先進運転支援システム(ADAS)が充実。「ホンダ・センシング」は、常にミリ波レーダーと「単眼カメラ」によって状況を認識し、ドライバーをサポートする。

新型インサイトのプロトタイプには、衝突軽減ブレー・・・

ニュースを読む

OKIエンジニアリング(OEG)は、国際規格、全自動車メーカー規格にワンストップで短期間に対応する、車載機器・部品「スプラッシュウォーター衝撃試験サービス」を1月16日より開始すると発表した。

自動車部品の信頼性確認のためには、実際にその部品が使用されたときにさらされる、さまざまな環境因子を組合せた試験が必要。車体外回りに装着される自動車用センサー部品や車載機器は、大きな温度変化の中で、路面からの泥水はね、雨水、路面凍結防止剤に含まれ・・・

ニュースを読む

エイチアイ(東京都新宿区)は、1月17日から東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される第1回「自動運転EXPO」へ出展する。

自動運転EXPOは日本初の自動運転に関する専門展で、クルマの先端技術分野世界最大の「オートモーティブワールド2018」内にて新規開催され、初回から100社が出展する。

エイチアイは、「量産品質・効率的開発と実用性の高いアイディア、It's エイチアイ's ソフトウェア」をコンセプトに、顧客が安心して利用でき・・・

ニュースを読む

リードエグジビションジャパンは1月17日より3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて日本初の自動運転に関する専門展「第1回自動運転EXPO」を開催する。

この展示会はクルマの先端技術分野世界最大の「オートモーティブワールド2018」内にて新規開催され、初回から100社が出展する予定。

近年、IT業界をはじめとした異業種との連携を進めつつ、実用化に向け開発競争が加速する自動運転車。特に2020年の東京五輪に向けて自動運転実現のため・・・

ニュースを読む

自動運転レベル3以上には必須のデバイスといわれているレーザーレーダー、通称”LiDAR”。単価が高いデバイスであり、これから一大市場を形成すると見られているデバイスでもある。

2016年から17年にかけて、LiDARの生産を表明するTier1(部品メーカー)が続出したのはそのためだ。そして、そのLiDARのメーカーとして先頭を走るのが、米ベロダイン。フォードとバイドゥが多額の出資を行い、大量生産とコスト低減に向けて加速している状況だ。・・・

ニュースを読む

ヤマハの低速自動運転車の”現実味”---CES 2018で提案

by 佐藤耕一 on 2018年01月15日(月) 16時17分

CES 2018で、関係者の間で話題になっていたのが、”ワンマイルモビリティを再定義する”というコンセプトのヤマハの低速自動運転車だ。

ヤマハは以前から誘導線に沿って自動走行するゴルフカートを販売しており、これを利用して、2017年度から各地で実施されている公道での自動運転実証実験にも参加している。

だが今回のCESで初公開されたのは、誘導線ではなく、道路表面の映像を照合しながら走るという新しい方式のものだ。これは、事前に撮影した道・・・

ニュースを読む

GMは1月12日、米国において、次世代の自動運転車の『クルーズAV』を開発していると発表した。

クルーズAVは、GMが開発中の第4世代の自動運転車。ドライバーのいない完全自動運転車を想定しており、ステアリングホイールやペダルなどは装備されていない。

GMによると、クルーズAVはすべての操作システムが、安全かつ単独で作動するように設計された最初のプリプロダクションモデルになるという。

なお、クルーズAVは、EVパワートレインを搭載。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

南風88

ミライースL

車種名:ダイハツ ミライース
投稿ユーザー:南風***** さん
総合評価:

ミライースLを購入し、2ヶ月半経っての個人評価です。 最初に燃費なので...[ 続きを見る ]

tanu21

冬は厳しいね。

車種名:日産 モコ
投稿ユーザー:tan***** さん
総合評価:

昨年の11月1日より3万キロのモコドルチェを使用していますが、今年の冬は...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針