自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

後付け急発進等抑制装置、国交省が5装置を認定---使用上の注意点も公表

by レスポンス編集部 on 2020年05月27日(水) 10時45分

国土交通省は5月26日、後付けの急発進等抑制装置(ペダル踏み間違い急発進等抑制装置)について一定の機能を持つと認められるものとして2分類・5装置を認定したと発表した。

後付けの急発進等抑制装置は、様々な製品の装着・販売が進んでおり、消費者が正しく理解した上で、適切に選択して使用されるためには、情報提供の充実が重要。このため、国土交通省では市販されている装置のうち、メーカーから申請のあったものについて提出書面に基づき技術的な調査・確認し・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、5月27日に開催する「Meet Mercedes DIGITAL」で初公開する『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』の改良新型に、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

改良新型には、「アクティブブレーキアシスト」が標準装備される。この自動ブレーキによって、多くの状況で衝突を防止したり、事故の際のダメージを軽減したりすることができる。このシステムは、都市におけ・・・

ニュースを読む

東京都は5月21日、自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクトを公募すると発表した。

自動運転技術は、地域間の回遊性向上や交通制約者の移動支援、深刻化するドライバー不足への対応など、多くの社会的課題を解決できる可能性がある。このため、東京都では2018年度から自動運転技術とそれ以外の先端的なICT技術を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトを支援している。

2020年度は東京都が委託する日本工営が、自動運転技術とそ・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は5月19日、横滑り防止装置の「ESC」が、欧州だけでも過去25年間に1万5000人以上の命を救い、およそ50万件近くの人身事故を未然に防いだ、と発表した。

1995年、ボッシュとダイムラー・ベンツ(当時)は、横滑り防止装置のESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)を、メルセデスベンツ『Sクラス』に初めて装備した。以来、ESCは危険な状況においても、車両の進路を安全に維持してきた。

ボッシュはES・・・

ニュースを読む

千葉市動物公園は5月17日、ZMPの自動運転ロボット『RakuRo(ラクロ)』による「オンライン動物園」を実施した。5月16日開催を予定していたが雨天となったために実施を1日順延。当日は午前/午後の2回で約2万の視聴回数があったという。

新型コロナウィルスの感染防止策を受けて出された緊急事態宣言。一部地域では解除された地域も出てきたが、会場となった千葉市動物公園のある千葉市は今もなお宣言が続く。本来なら4月初旬にもラクロを使ったリアル・・・

ニュースを読む

トヨタが「東京モーターショー2019」公開したフルEVコンセプトカー『LQ』に市販化の可能性が浮上している。ワールドプレミアは今秋と予想、2021年の発売が期待されるが果たして。スクープサイト「Spyder7」が市販モデルの姿を予想する。

人に寄り添う新しいテクノロジーにより「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」は、これまでにない半円ヘッドライト形状、フロントドアには、ガラス面を採用するなど、大胆なデザインを特徴とする・・・

ニュースを読む

グーグル(Google)の自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は5月12日、初の資金調達ラウンドにおいて、7億5000万ドルの資金調達が完了した、と発表した

ウェイモは、この資金を利用して、自動運転のテクノロジーや人材への投資を強化する。最新の自動運転システムの「Waymo Driver」の開発も加速させていく。

Waymo Driverと呼ばれる自動運転システムの第5世代では、検出性能を向上させる改良を施しているのが特長だ。・・・

ニュースを読む

グーグルの自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響で中止していた自動運転車の公道テストを、5月11日から再開した。

ウェイモは3月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自動運転車の公道テストを中止した。これは、サービスに関わるすべての人と地域社会の安全を確保するための判断だった。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、テレワークなどにより、ハードウェアとソフトウェアの・・・

ニュースを読む

自動運転ロボットの開発・販売で知られるZMPは、千葉市動物公園(千葉県千葉市)の協力のもと、5月16日午前10時、午後1時の2回、各1時間ずつ一人乗り自動運転ロボ「RakuRo(ラクロ)」の仮想体験が可能な“オンライン動物園特別サイト”を開設する。

今回特設するオンライン動物園では、ユーザーのPCやスマホから、一人乗り自動運転ロボ「ラクロ」の遠隔操縦と、360度ビューによるリアルタイムの動物観察が可能になるというもの。ラクロは用意され・・・

ニュースを読む

経済産業省と国土交通省は5月12日、自動走行ビジネス検討会が、無人自動運転サービスの実現に向けたロードマップなどを示した「自動走行の実現に向けた取組報告と方針」バージョン4.0をとりまとめたと発表した。

バージョン4.0は無人自動運転サービスの実現及び普及に向けたロードマップ、自動運転の高度化に向けた実証実験、協調領域での取り組みで構成する。

それによるとロードマップは、自動運転に関する国内外の実証事業の状況や、官民の事業化目標を踏・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

重ちゃん

オートクルーズ

車種名:ホンダ ステップワゴン
投稿ユーザー:重ち***** さん
総合評価:

市内走行でも車間を開けて、オートクルーズを使って走らせると燃費が上がるよ...[ 続きを見る ]

mashita

4年半、8万km走行したので再レビ...

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:mas***** さん
総合評価:

ファミリーカーとしての実用性と、EyeSightの運転支援システムは、長...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針