自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スウェーデンのボルボカーズは9月21日、新型コンパクトSUV、『XC40』に、クラス初の安全装備を採用すると発表した。部分自動運転機能も設定される。

XC40に設定されるのは、部分自動運転機能の「パイロットアシスト」。最大130km/hまでの範囲で走行中、自車を車線の中央に保持するよう自動的にステアリングを穏やかに修正することにより、ドライバーをサポートする。さらに、前走車と一定の車間距離を保つために、アクセルとブレーキをドライバーに・・・

ニュースを読む

NXP、新型プロセッサー発売…高度な自動運転車向け

by 森脇稔 on 2017年09月22日(金) 15時00分

オランダに本拠を置く車載半導体サプライヤー大手、NXPセミコンダクターズ(NXP)は9月21日、自動運転などのADAS(先進運転支援システム)向けの新型プロセッサーを発売した。

この新型プロセッサーは、「S32V」と呼ばれるもの。同社によると、ビジョンデータにセンサデータを組み合わせることにより、車が周囲の状況を正確に把握できるようになることが、レベル5の完全自動運転車の実現のカギになるという。S32Vプロセッサーは、フロントカメラや・・・

ニュースを読む

デルファイは9月20日、ブラックベリーと提携を結び、自動運転車向けのOSを共同開発すると発表した。

デルファイは2019年、完全統合型自動運転ソリューションの「CSLP」を実用化する計画。このCSLP向けのOSを、デルファイとブラックベリーが共同開発する。

デルファイのグレン・デ・ボス上級副社長は、「ブラックベリーは堅牢なソフトウェアインフラストラクチャーを提供し、デルファイの自動運転システムを進歩させる助けになるだろう」とコメント・・・

ニュースを読む

【道】「道の駅」から始まる自動運転

自動運転は、クルマの機能に注目が集まるけれど、本気で実用化するなら、道とセットにしたほうが圧倒的に早くできる。専用道を設けたり、走れるエリアを限定したり。自動運転システムが認識しやすい標識や目印を、道に設けていくというのも、ひとつの方法である。自動運転のことだけを考えたらいっそのこと、町を全部、作り変えられたらいいのにと思うけれど、それじゃものすごく人工的で味気ない町になりそうだ。

実用化に向けて・・・

ニュースを読む

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は9月19日、11月に米国で開催される「オートモビリティLA」の基調講演に、新たにトヨタ、BMW、ウェイモが参加すると発表した。

オートモビリティLAは、ロサンゼルスモーターショーのコネクテッドカーエキスポとプレス&トレードデーを統合したもの。自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題について議論する。

その基調講演に登壇することが決まったのが、トヨタ・・・・

ニュースを読む

オランダに本拠を置くネクスペリアは9月18日、自動車搭載用の半導体「パワーMOSFET」の最新作、「Trench 9」を発表した。

ネクスペリアは2017年初頭、NXPセミコンダクターズから独立。半導体部品を、年間850億個生産している。自動車業界向けの半導体もラインナップ。アジア、欧州、米国で1万1000名の従業員を雇用している。

今回発表されたTrench 9は、温度サイクル、高温ゲートバイアス、高温リバースバイアス、断続動作寿・・・

ニュースを読む

米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)は9月14日、アウディがフランクフルトモーターショー2017に出展した3車種に、エヌビディアの自動運転技術が搭載された、と発表した。

3車種のうちのひとつが新型『A8』で、同車は量産車としては世界で初めて、「レベル3」の自動運転を実現した。新型A8には、エヌビディアのさまざまなシステムを搭載。その例が、新しいユーザーインターフェース、インフォテインメントシ・・・

ニュースを読む

ZMPは、車間距離計測向けステレオカメラシステム「ZMPロボビジョン2 カートラックパッケージ」の受注を9月19日より開始した。

ZMPロボビジョン2 カートラックパッケージはステレオカメラと画像認識ソフトウェアで構成され、前走車を検出し車間距離を計測できる。カメラを用いた車間距離計測には、前走車の検出と追跡するアルゴリズムの開発が必要となるが、新製品では両者を兼ね備えたソフトウェアも付属。路面の傾きの影響を抑え前走車の検出と追跡を行・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは9月13日、自動運転車を使って、世界5大陸を5か月以内に完走するテスト走行ツアーに出発した、と発表した。

このテスト走行ツアーは、「インテリジェント・ワールド・ドライブ」と命名。テスト車両は、部分的な自動運転機能が標準装備された最新の改良新型メルセデスベンツ『Sクラス』がベース。ドイツを出発後、中国、オーストラリア、南アフリカを経由し、2018年1月、米国ラスベガスで開幕するCES 2018でゴールすることを目指す。・・・

ニュースを読む

フォードモーターは9月13日、米国のバージニア工科大学の「トランスポーテーション・インスティチュート」と共同で、自動運転車の動きを歩行者、自転車、他のドライバーなどに伝える方法についてのテストを開始した、と発表した。

今回のテストは、自動運転車が人間と安全に道路を共有できるようにするためのフォードモーターの取り組みの一環。トランスポーテーション・インスティチュートとの共同研究プロジェクトでは、自動運転車と他の道路使用者が、通信するため・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ライム

細いタイヤ

車種名:トヨタ ラウム
投稿ユーザー:ライ***** さん
総合評価:

165/70/14。ホイールキャップです。ozレーシングのセンターキャッ...[ 続きを見る ]

すぐおいしい

カッコ良すぎ

車種名:ホンダ グレイス (ハイブリッド)
投稿ユーザー:すぐ***** さん
総合評価:

グレイスハイブリッドホンダセンシング買いました 色は新色ブルー カッコ良...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針