自動運転

カーライフニュース - 自動運転

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディは8月8日、米国カリフォルニア州で9月に初公開する予定のブランド初の市販EV、アウディ『e-tron』(Audi e-tron)に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

アウディe-tronの最新の先進運転支援システムのひとつが、加減速の予測システム。このシステムは、レーダーセンサー、カメラ画像、ナビゲーションシステムのデータ、「Car-to-X」情報を使用して、交通状況やルートを分析するもの。Car-t・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン(VW)は8月8日、新型キャンピングカーの『グランドカリフォルニア』(Volkswagen Grand California)を発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)と車載コネクティビティを採用すると発表した。

グランドカリフォルニアには、最新の先進運転支援システムとして、シティブレーキ機能付きのフロントアシスト、レーンアシスト、ブラインドスポットモニター、リアトラフィックアラート、センサー制御のサイド・・・

ニュースを読む

BMWは8月6日、新型『M5』のさらなる高性能モデル、『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)を欧州市場で発売することを明らかにし、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

BMW M5コンペティションには、「ドライビング・アシスト・プラス」を採用。これは、ルームミラー内のステレオカメラ、前方に3基、後方に2基のミリ波レーダーセンサーが、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断し・・・

ニュースを読む

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月3日、内閣府が進める「戦略的イノベーションプログラム(SIP)第2期自動運転」に関する説明会を一般企業の関係者を集めて開催した。

SIPは社会的に不可欠で、日本の経済・産業競争力にとって重要な課題を産学官連携で進めようというもので、NEDOが実際の運営を担当している。第2期のプログラムは12あり、それぞれ選出されたプログラムディレクターが議長となって進めていく。当初の計画では2019・・・

ニュースを読む

ボッシュ(Bosch)は8月2日、ドイツで9月に開催される「ハノーバーモーターショー2018」(IAA商用車)において、大型トラック向けの最新の先進運転支援システム(ADAS)を初公開すると発表した。

「ターンアラート」は、歩行者や自転車との衝突を回避する安全システム。レーダーセンサーが、歩行者や自転車を検出。ドライバーに衝突の危険性を警告し、速やかにブレーキをかけるなど、回避行動を取ることを促す。

「ブラインドスポット認識」は、車・・・

ニュースを読む

携帯通信事業者の業界団体、GSMAは8月1日、米国で9月に開催される携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス)アメリカ2018」の出展内容を発表した。

GSMAは、世界中のモバイル通信事業者を代表する団体。モバイル事業約800社が参加している。そのうち300社以上は、携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業となる。

MWCアメリカ2018の展示会場には、「IoT(モノの・・・

ニュースを読む

コンチネンタルは8月1日、ドイツで9月に開催されるハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、大型トラック向けの最新の「右折(日本では左折)支援システム」を初公開すると発表した。

このシステムは、歩行者や自転車の巻き込み事故を防止するための安全装置。交差点を曲がる際などに、大型トラックの内輪差ゾーンに入る動く物体や静止物体を検知。危険が発生した場合には、ドライバーに警告を発する。

また、このシステムでは、レーダーをベー・・・

ニュースを読む

BMWは7月30日、『M2コンペティション』を欧州市場で発売すると発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を設定すると発表した。

M2コンペティションは、『M2クーペ』の後継モデル。『M4クーペ』譲りの直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力410hp/5250〜7000rpm、最大トルク56.1kgm/2350〜5200rpmを発生する。0〜100km/h加速は4.2〜4.4秒、最高速は2・・・

ニュースを読む

マツダの米国部門、北米マツダは7月30日、『MX-5ミアータRF』(日本名:『ロードスターRF』)の2019年モデルを発表し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載すると発表した。

MX-5ミアータRFの2019年モデルには、最新の「i-ACTIVSENSE」を設定。i-ACTIVSENSEは、ドライバーへの認知支援や衝突回避サポート、被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称。

「車線逸脱警報システム」(LDWS)は、約・・・

ニュースを読む

道路の3次元データを収集、自動運転の実用化を支援 国交省

by レスポンス編集部 on 2018年08月01日(水) 10時30分

国土交通省は、自動運転の実用化支援や、特車通行許可審査を迅速化するため、道路管理用車両にセンシング装置を搭載し、一般道の3次元データを収集する。

国土交通省では、道路面上の主要地物(区画線など)の位置情報を走行車両から取得するセンシング技術によって、特車通行許可の審査迅速化や区画線、標識などの道路地物管理の効率化、運転支援の高度化、自動走行への活用を図る。

2016年9月から車両搭載センシング技術を公募し、2017年1月に現場実装に・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H17/2005年式 Z HIDセ...

車種名:トヨタ bB
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

故あって乗ることになり以降の平均は13km/L台。特に省燃費機構の無い1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針