フェラーリ

カーライフニュース - フェラーリ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フェラーリが現在開発している、車内コードネーム「Progetto F171」と呼ばれる新型モデルのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

キャッチした車両は、生産仕様のボディパネルをまとい、細部をカモフラージュしている。しかし、以前目撃されたプロトタイプからボンネットフードが変わり、『SF90ストラダーレ』から多くの影響を受けたボディ、スリムなヘッドライト、クワッドテールライト、サイドミラー、コーナーエアイ・・・

ニュースを読む

フェラーリ(Ferrari)は6月9日、ベネデット・ビーニャ氏を新CEOに起用すると発表した。

ビーニャ氏は現在52歳。世界をリードする複数のテクノロジー企業に勤務した幅広い国際経験を持つイタリア人だ。1995年にSTマイクロエレクトロニクス(以下、ST)に入社し、同社の 「MEMS」(マイクロ電気機械システム)事業を立ち上げ、モーション・アクティブ・ユーザー・インターフェイス分野でSTが市場の主導的地位を確立することに貢献した。

・・・

ニュースを読む

フェラーリのGTカーに新たなモデルが登場した。『ポルトフィーノ』の後継にあたる『ポルトフィーノM』である。ポルトフィーノは『カリフォルニア』、同「30」、同「T」などに続くモデルで、リトラクタブルハードトップが特徴。要するにクーペにもスパイダーにもなり、それぞれの走りが楽しめるのが謳い文句だ。

フェラーリのイメージはV8エンジンのミッドシップだが、V8をフロントに積んだこのシリーズもしっかり人気を得ている。カリフォルニア登場時は既存の・・・

ニュースを読む

フェラーリは現在、V6エンジン搭載の新型プラグインハイブリッドモデルを開発しているとみられるが、そのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。フェラーリがV型6気筒エンジンを搭載するのは、1967〜1969年まで発売された名車『Dino』(ディーノ)以来52年ぶりだ。

コードネーム「F171」と呼ばれる新型フェラーリは、電気モーターと連動する新開発の3.0リットルの120度V型6気筒ツインターボエンジンを・・・

ニュースを読む

モナコ公国・モンテカルロ市街地コースで20日、世界3大レースの一つと言われるモナコGPが開幕。フリー走行2回目は地元モナコ公国出身のシャルル・ルクレールがトップタイムをマーク、2番手にカルロス・サインツがつけ、フェラーリのワンツーで初日を終えた。

モナコGPはF1グランプリの初年度1950年に初開催され、その後4年の休止期間を経て1955年から2019年まで65年間毎年開催されてきた伝統のグランプリだったが、昨年は新型コロナウイルス感・・・

ニュースを読む

フェラーリ(Ferrari)は5月4日、2021年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は2771台。前年同期比は1.2%増と、プラスを維持している。

車種別の販売実績では、V型8気筒エンジン搭載車が牽引した。V型8気筒エンジン搭載車は第1四半期、前年同期比8.1%増とプラスを保った。フェラーリによると、『F8トリブート』と『F8スパイダー』の納車が順調に進んだためだという。

一方、V型12気・・・

ニュースを読む

フェラーリは5月5日、『812コンペティツィオーネ』と『812コンペティツィオーネA』(Ferrari 812 Competizione / 812 Competizione A)を発表した。

両車は、『812スーパーファスト』をベースにした最新の「リミテッド・エディション・スペシャルシリーズ」だ。812コンペティツィオーネはクーペボディ、812コンペティツィオーネAはオープンボディとなる。Aはイタリア語でオープンの意味を意味するap・・・

ニュースを読む

フェラーリ、純利益は24%増と回復 2021年第1四半期決算

by 森脇稔 on 2021年05月06日(木) 06時15分

フェラーリ(Ferrari)は5月4日、2021年第1四半期(1〜3月)決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は10億1100万ユーロ(約1326億円)。前年同期の9億3200万ユーロに対して、8.5%増と2年ぶりに前年実績を上回った。

また、第1四半期の純利益は、2億0600万ユーロ(約270億円)。前年同期の1億6600万ユーロに対して、24%増と回復している。

売上高の10億1100万ユーロのうち、本業の自動車および補・・・

ニュースを読む

フェラーリ・ジャパンは4月2日、フェラーリ『SF90スパイダー』(Ferrari SF90 Spider)を日本市場で発表した。「SF90」のスパイダーバージョンで、リトラクタブル・ハードトップ(RHT)が採用されている。このRHTは、軽量・コンパクトでシンプルな構造であることが特徴だ。

SF90スパイダーのワールドプレミアは2020年11月にイタリア・マラネッロ発、オンラインで行われており、“跳ね馬”ブランド初の量産プラグイン・ハイ・・・

ニュースを読む

フェラーリ(Ferrari)は4月21日、『812スーパーファスト』をベースにした新たな「リミテッドエディションV12モデル」の写真を公開した。正式な車名は、5月5日に発表される予定だ。

リミテッドエディションV12モデルは、812スーパーファストの特徴を磨き上げ、フロントエンジンベルリネッタのコンセプトを究極の形で表現した、と自負する。フェラーリの最も情熱的なコレクターや目の肥えた顧客に向けて、新たなテクノロジーを取り入れている。
・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針