フェラーリ

カーライフニュース - フェラーリ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フェラーリは11月27日、ブランド初の仮想スポーツカー、フェラーリ『ビジョン・グランツーリスモ』(Ferrari Vision Gran Turismo)を初公開した。ゲームシリーズ『グランツーリスモ』のためにデザインされた。

フェラーリのビジョン・グランツーリスモは、フェラーリが初めてバーチャルモータースポーツの世界専用に向けて制作した未来的なデザインを持つシングルシートのコンセプトカーだ。フェラーリに成功をもたらした1960年代か・・・

ニュースを読む

アラブ首長国連邦アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで20日、今シーズンの最終戦となる第22戦アブダビGPの決勝レースが行われ、フェルスタッペン(レッドブル)がポールトゥウィンで今季15勝目を記録。ルクレール(フェラーリ)が2位に入りランキング2位でシーズンを終えた。

22戦の2022年シーズンも最終戦を迎えた。タイトル争いはすでにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がチャンピオンを決めているが、2位争いは大接戦。シャルル・ルクレ・・・

ニュースを読む

フェラーリ・ジャパンは8日、フェラーリ初の4ドア4人乗りスポーツカー『プロサングエ』の日本導入を発表した。かねてより「フェラーリ初のSUV」として各所で取り上げられてきたモデルだが、プロサングエはSUVなのか?答えは「NO」だ。同社代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ氏は明言した。「プロサングエはSUVではない。新しい形のスポーツカーだ」と。

プロサングエの日本初公開の場に選ばれたのは京都の仁和寺。1100年以上の歴史を持ち世界遺・・・

ニュースを読む

フェラーリ・ジャパンはフェラーリ史上初の4ドア4シーター、フェラーリ『プロサングエ』を日本市場に導入、11月8日にお披露目した。後部に2席あるモデルはすでに存在したが、4ドアは初めて。エンジンは出力725CV(PS、533kW)を発生する65°V12をミッドフロントに積む。

リアドアは後ろヒンジで開閉する。そしてリアシートのバックレストを倒せば、フェラーリの歴史で最も広いラゲッジルームが提供される。シャシーは新開発、ルーフはカーボン製・・・

ニュースを読む

フェラーリ初のプラグインハイブリッド(PHEV)として登場した『SF90』シリーズに、最強モデル『SF90 VS』(バージョン スペチャーレ)が登場する。スクープサイト「Spyder7」が、その最新プロトタイプを捉えた。生産仕様ボディのスクープは今回が初となる。

「SF90ストラダーレ」は2019年5月にデビュー、その後2020年11月にはオープンタイプの『SF90スパイダー』を導入しラインアップを拡大。続くSF90シリーズの目玉とな・・・

ニュースを読む

初のSUVとして発表された『プロサングエ』に話題が集まりがちなフェラーリだが、『296GTS』を忘れてはならない。V6ターボ+モーターというプラグインハイブリッドモデルとしてリリースされた『296GTB』のスパイダー版である。10月イタリアで行われたメディア向け国際試乗会でその実力を試してきた。

風を感じたくてサイドウィンドウを下げるほど快適
注目はエアロダイナミクスを徹底的に研究した屋根周辺の構造とエンジン音。少数台数メーカーのフェ・・・

ニュースを読む

フェラーリは10月30日、新型レーシングカーの「499P」(Ferrari 499P)を発表した。2023 年からWEC(世界耐久選手権)の最高峰「ルマン・ハイパーカー」(LMH)クラスに参戦する予定だ。

499Pには、ハイブリッドパワートレインを採用する。リアミッドには、『296 GT3』から派生したV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。フロントには最大出力272hpのモーターを積む。システム全体で680hpのパワーを獲・・・

ニュースを読む

名古屋市の中心市街地を舞台に10月23日に行われた「コッパ・チェントロ・ジャッポーネ」。パレードやラリーカーのデモ走行、各種イベントなどで盛り上がりを見せた。その中でも、来場者を驚かせたのは、ショッピングビルに飾られたF1マシンだった。

名古屋・栄のショッピングビル「ラシック」に登場したのはフェラーリのF1マシンと、公道でも走行可能な830馬力のハイブリッドカー『296GTB』。1階の出入り口付近に展示されたこともあり、イベント目的で・・・

ニュースを読む

歴史を超えてイタリア・トリノ生まれのクルマが一堂に会する「トリノ生まれのクルマ」展が10月23日、名古屋市久屋大通公園で行われた。

同展はコッパ・チェントロ・ジャッポーネのイベントの一つ。フェラーリやマセラティなどトリノで製造された数々のイタリア車のほか、プジョー「504」などトリノのカロッツェリア・ピニンファリーナによってデザインされたクルマなども展示された。

展示車両の製造年は1950年代から1990年代。メーカーもさまざまな約・・・

ニュースを読む

自動車の歴史や芸術文化を伝える「コッパ・チェントロ・ジャッポーネ」が10月23日、名古屋市の中心市街地一帯で行われた。多数のクラシックカーやレースカーが展示されたほか、パレードやラリーカーのデモ走行なども行われ、多くの人で賑わった。

同イベントは、愛知県、名古屋市が後援。名古屋市の「文化芸術推進計画2005」に基づき、自動車にまつわる歴史や芸術文化への理解を深める趣旨で開催。

1930〜70年代のフランス車や戦後の復興機のマイクロカ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針