スマートエネルギーWeek

カーライフニュース - スマートエネルギーWeek

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

実用化に向け進化し続ける、ヤマハの小型低速EV「DIAPASON」

by 宮崎壮人 on 2024年03月01日(金) 08時00分

2月28日に東京ビッグサイトで開幕した「第15回国際スマートグリッドEXPO 春」、ホンダブースでは着脱式可搬バッテリー「ホンダモバイルパワーパック e:」を活用した様々なモビリティの提案が見られたが、注目は共同出展となったヤマハ発動機の展示だ。ホンダのバッテリーを搭載したパーソナル低速モビリティ「DIAPASON(ディアパソン)」のコンセプトモデル2台がホンダブースに並んだ。1月の「東京オートサロン」で初公開されたモデルからさらに進化・・・

ニュースを読む

革新的な蓄電池型超急速EV充電器「Hypercharger Pro」登場

by レスポンス編集部 on 2024年02月28日(水) 17時45分

パワーエックスは2月28日、新型の蓄電池型超急速EV充電器「Hypercharger Pro」を発表した。CHAdeMO規格における最速クラスの最大150kW出力を実現している。本日より先行受注を開始し、今年後半からの出荷を予定している。

Hypercharger Proは、大型冷却器を搭載することで、屋内外問わず様々な環境下での超急速充電のパフォーマンスを長時間維持することが可能になった。これによりEVの充電効率を向上できる。

H・・・

ニュースを読む

ホンダは、2月28日から3月1日まで東京ビッグサイトで開催される「第21回SMART ENERGY WEEK【春】」(スマートエネルギーウィーク春 2024)に出展する。2月15日概要を発表した。

●H2&FC EXPO[春]2024〜第21回[国際]水素・燃料電池展[春]〜……ホンダ燃料電池モジュール事業の4つのコアドメインでの活用や最新の取り組み事例を紹介するとともに、今年発売を予定している新型燃料電池自動車(FCEV)の・・・

ニュースを読む

東京都民はEV(電気自動車)やV2H(自動車・住宅 電力連携)を保有・構築するのにメリットがあるか? 他道府県と違う条件や差があるのか?

なぜそんな疑問を抱くかというと、東京都が打ち出した「太陽光発電設置義務化」というニュースがきっかけ。東京都は、全国で初めて、「新築建物を対象とした太陽光発電の設置義務化」制度を打ち出し、2025年から施行。都民や他道府県民を巻き込んだ議論に波及した。

「間違えないでほしいのは、新築建物が対象で、太・・・

ニュースを読む

ホンダが2輪車や3輪車を電動化するため開発した、交換式のリチウムイオンバッテリーである「ホンダモバイルパワーパックe:」を活用した様々な試作品が、国際スマートグリッドEXPO 2023で公開された。

ブースには、『N-VAN』を基にしたコンバートEVや、電動耕運機、ジャイロキャノピー、電動カート、家庭電化製品の電源となるパワーポッドなどが展示された。ほかにもホンダモバイルパワーパックe:を活用した他社の試作品、ヤマハの「モータープラッ・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機が、15日に開幕した「国際スマートグリッドEXPO 2023」に「ヤマハモータープラットフォームコンセプト」を出展した。これは、ホンダの携帯用バッテリーである「モバイルパワーパック e:」を使用した電動車両のプラットフォームだ。

◆ホンダの着脱式可搬バッテリーを使用
ホンダモバイルパワーパック e:は、2輪車などの脱二酸化炭素化を実現するため、脱着式とした携帯リチウムイオンバッテリーで、国内の2輪メーカー4社が共通して活用・・・

ニュースを読む

ブリヂストンは、3月15日から17日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「サーキュラー・エコノミー EXPO」に出展する。

サーキュラー・エコノミー EXPOはサーキュラーデザイン、サステナブルマテリアル、PaaS(製品のサービス化)支援、資源回収・リサイクル・再製品化技術などの展示イベント。循環型経済・サステナブル経営を実現したい企業の関係者などが来場する。

ブリヂストンブースでは、使用済み製品を原料に同じ種類の製品につくりかえ・・・

ニュースを読む

ベルエナジーは、日本初となる移動式急速充電器を使ったEV用出張充電サービス「電気の宅配便」を発表。3月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「国際スマートグリッドEXPO」に機器とともに出展する。

電気の宅配便は、EVユーザーが充電スポットに出向くのではなく、急速充電器がクルマ側に出向き、その場で充電を完了させる新サービス。EVユーザーは電話一本で自宅や事業所で居ながらにして、また一部の車種では不在時にすら、急速充電サービス・・・

ニュースを読む

水を電気分解して水素を作る。ホンダは水素燃料電池展(FC EXPO 2018)に、低騒音で設置や運用が容易なスマート水素ステーション(SHS)を出展した。

水素が酸素と反応して発電する。排出されるのは水だけ。しかし、そもそも水素を発生させるのにたくさん電力を使うのでしょう---。「そんな声がはじめは多かったのですが、本当に再生可能エネルギー(例:太陽発電)を活用した電力だけで水素を発生できた」とは、SHSのユーザーの弁。

ホンダは、・・・

ニュースを読む

鈴木商館、小型で安価な水素充填システムを提案…FC EXPO 2018

by 中込健太郎 on 2018年03月04日(日) 21時45分

排ガスを出さない燃料電池フォークリフト。屋内での使用や、荷物の品質保持が要求される物流の現場での利用が可能となり、注目する企業は多いという。第14回国際水素・燃料電池展(FC EXPO 2018)に、鈴木商館は燃料電池フォークリフト用水素充填システムを出展した。

早くから水素をはじめとしたガスや高圧ガスや高圧機器を手掛けて来た鈴木商館は1905年創業、水素利用の業界での老舗だ。鈴木商館が紹介した燃料電池フォークリフト用の充填システムは・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針