PSAグループ(PSA プジョーシトロエン)

カーライフニュース - PSAグループ(PSA プジョーシトロエン)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ディーゼルのベーシックモデル「アリュール」に試乗
プジョー『308』が新しくなり、手始めにガソリン1.2リットル3気筒搭載車とディーゼル1.5リットル4気筒搭載車が日本市場でデビューした。

真打ちはPHEVモデルで1.6リットルの直4ユニットと電気モーターの組み合わせで、この仕様は年内にはデビューする予定だ。で、この中から今回試乗したのはディーゼルのベーシック仕様である「アリュール」の方だ。

一応「GT」の方にも試乗してみたが、アリ・・・

ニュースを読む

旧FCAジャパンと旧グループPSAジャパンが統合し3月1日付けで新たに設立されたステランティスジャパンのポンタス・ヘグストロム代表取締役兼CEO(最高経営責任者)は同日、都内にある本社で会見し、2022年中に5ブランドから9の電動車を発売することを明らかにした。

ステランティスジャパンの発足は、FCAとグループPSAが2021年に統合して誕生したステランティスが現在、世界各国で進めている現地販売子会社の統合の一環。ステランティスジャパ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンとグループPSAジャパン代表取締役社長のポンタス・ヘグストロム氏は、7ブランド全てにおいて昨年:2021年の振り返りと今年:2022年の様相を記者会見にて語った。

◆もっともグループの台数をけん引したジープ
2021年はジープ生誕80周年という記念すべき年。「それを彩るかのようにジープは過去最高の販売台数を記録し、8年連続で前年を上回った。10年以上にわたって成長を続け、その間に販売台数は14倍になった」とポンタス氏は胸・・・

ニュースを読む

FCAジャパンとグループPSAジャパン代表取締役社長のポンタス・ヘグストロム氏は、新春記者会見で2社を統合し、ステランティスジャパンを3月1日に発足させることを発表した。

◆シェアは17%にまで進捗
昨年2コロナ渦と半導体不足の影響から、サプライチェーンへの負荷が高まり、供給が不安定になったのみならず、原材料費も高騰。そのような状況下にあって、「我々はお客様にタイムリーに製品をお届けすることが難しくなってしまった」とポンタス氏は振り返・・・

ニュースを読む

FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏(以下敬称略)が、グループPSAジャパンの代表取締役社長も兼務し、合計7ブランド(導入待ちのオペルを含めると8ブランド)を見ることになった。そこで、ポンタス氏のこれまでの経歴や人柄、そして今後の展開についてお話を伺った。

◆クルマが身近にあった子供時代

ポンタスさんは、スウェーデンで生まれ、両親の仕事の関係で4歳から様々な国に引っ越しをしたそうだ。両親の仕事は自動車関係だ・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは、プジョーの体感イベント、プジョーライオンエクスペリエンス2021を9月2日から5日までの東京六本木ヒルズを皮切りに、名古屋(9月11〜12日、JRゲートタワーイベントスペース)、大阪(9月18〜19日、グランフロント大阪ナレッジプラザ)で開催する。いずれの会場にも日本初公開となる新型『308』と『508PSE』も展示される。

◆ステランティスの中でも好調なプジョー

FCAジャパンとともに、グループPSAジャ・・・

ニュースを読む

2021年3月1日、Groupe PSA Japanは、プジョーブランドで展開している『リフター(RIFTER)』に、上級グレードのGTを追加すると発表した。リフターは、本国フランスで商用車としても使われている骨太なMPVだ。GTグレードの追加によって、リフターは、ベースグレードの「ALLURE(アリュール)」との2グレード構成となった。

リフターは、スタイリングはMPVやミニバンとよばれるジャンルに入るが、高い地上高やグリップコント・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは、7月1日付でポンタス・ヘグストロム氏が代表取締役社長に就任する役員人事を発表。FCAジャパン代表取締役社長の現職と兼務して、ステランティスの日本における2子会社を統括する。

ヘグストロム氏はボルボ、サーブ、ゼネラルモーターズ等ほぼ30年にわたり自動車産業に関わり、日本にて20年以上マネジメントを歴任。輸入自動車メーカーCEOとして最長の経歴を持つヘグストロム氏は、日本に加え、8か国で勤務経験がある。また、日本・・・

ニュースを読む

ステランティス世界販売、10.6%増 2021年第1四半期

by 森脇稔 on 2021年05月07日(金) 06時45分

ステランティス(Stellantis)は5月5日、2021年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は156万7000台。前年同期比は10.6%増と2桁増を達成している。

ステランティスは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルス)とPSAグループの合併によって誕生した新会社だ。両社の対等合併によって、世界新車販売台数は年間およそ870万台となり、トヨタグループ、フォルクスワーゲングループ・・・

ニュースを読む

ステランティス、売上高は14%増 2021年第1四半期決算

by 森脇稔 on 2021年05月06日(木) 18時38分

ステランティス(Stellantis)は5月5日、2021年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

ステランティスは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルス)とPSAグループの合併によって誕生した新会社だ。両社の対等合併によって、世界新車販売台数は年間およそ870万台になり、トヨタグループ、フォルクスワーゲングループ、ルノー日産三菱アライアンスに次いで、世界第4位の自動車グループが誕生した。

このステランティスの2021・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

maka

1回目車検

車種名:スズキ クロスビー
投稿ユーザー:mak***** さん
総合評価:

オートバックス福井北店にて、新車購入後1回目の車検整備を実施してもらいま...[ 続きを見る ]

shinsan4101

デイズ中古で購入

車種名:日産 デイズ
投稿ユーザー:shi***** さん
総合評価:

家内の車が15年経過したため 緊急ブレーキ等の安全装置の装備された中古車...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針