三菱 ミニキャブ

カーライフニュース - 三菱 ミニキャブ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本郵便、電気自動車1200台導入 2020年度末までに

by レスポンス編集部 on 2019年11月16日(土) 16時30分

日本郵便は、2020年度末までに、三菱自動車の電気自動車(EV)『ミニキャブ・MiEVバン』を1200台配備する(11月13日発表)。

1200台のEV導入で2020年度末には東京都内における郵便物や荷物の配送に使用する軽四輪車の3割がEVになる。

導入するEVは東京をはじめとする大都市圏の郵便局を中心に配備し、主に郵便物や荷物の配送に使用する。2019年度中に400台、2020年度中に800台を導入する。

導入するEVは、日本郵・・・

ニュースを読む

三菱 ミニキャブ トラック、一部グレードで予防安全技術を機能強化

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年09月24日(火) 16時33分

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブ トラック』の一部グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化し、9月24日から販売を開始する。

今回の一部改良では、「G」グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化。従来装備の誤発進抑制機能や後方誤発進抑制機能に加え、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを新規追加。サポカーS・・・

ニュースを読む

スズキは8月29日、スペーシアなど11車種について、ドライブシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは、スズキ『スペーシア』、『ワゴンR』、『アルト』、『アルトラパン』、『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『フレアワゴン』、『フレア』、『キャロル』、『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の11車種で、2018年2月22日〜3月19日に製造された1万7541台。

製造工程における温度管理が不・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』の先進予防安全技術「e-アシスト」を機能強化するなど一部改良を施し、7月11日より発売する。

今回の一部改良では、ミニキャブバンの「ブラボーターボ」と「G」、タウンボックス全車に機能強化したe-アシストを標準装備し、いずれも「サポカーSワイド」に該当した。

衝突被害軽減ブレーキシステムは、従来モデルのレーザーレーダーに代わり2つのフロントカメラを採用し、前方歩行者の・・・

ニュースを読む

三菱の電気自動車 『i-MiEV』が10周年

by 丹羽圭@DAYS on 2019年06月05日(水) 18時52分

三菱自動車は6月5日、世界初の量産型電気自動車(EV)『i-MiEV』の発表から10周年を迎えた。

ゼロエミッション車のi-MiEVは発売以来、環境性能、静粛性、走行性能、経済性などが評価され、一般ユーザーだけでなく、各国・各自治体での公用車、パトカー、タクシー、レンタカーなど幅広い用途で活用されている。また、災害時には、燃料供給の途切れたガソリン車に代わって物資・人員輸送に活躍したことで高い評価を受けた。

2018年4月にはバンパ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、日本郵便の集配用車両として軽商用の電気自動車(EV)『ミニキャブ・ミーブバン』計1200台を、2019年秋より約2年間かけて順次納入する。

ミニキャブ・ミーブ バンは、『アイ・ミーブ』で実績のある駆動用バッテリーやモーター等を搭載した軽商用EVとして2011年12月に発売。EVならではゼロエミッション(CO2などの排出ガスゼロ)に加えて、動力性能、静粛性、快適性などにも優れている。

今回のEV納入は、日本郵便が2013・・・

ニュースを読む

三菱 ミニキャブトラック、誤発進抑制機能を全車標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月08日(金) 07時30分

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブトラック』に誤発進抑制機能(前進・後退時)を全車に標準装備し、6月7日から販売を開始した。

今回の一部改良では、車両前後各2か所のソナーによって障害物を検知し、衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(前進・後退時)「e-Assist」を全車に標準装備し、安全性を向上させた。

価格は87万1020円から122万7960円。なお、ミニキャブトラックはスズキからのOEM車となる。・・・

ニュースを読む

三菱 ミニキャブトラック、ABSを全グレード標準装備化

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月24日(金) 13時36分

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブトラック』に安全装備の採用グレードを拡大するなど一部改良を施し、11月22日より販売を開始した。

今回の一部改良ではABS(アンチロックブレーキシステム)および、助手席エアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナーを「M」と「みのり」に採用することで全グレード標準装備化し、安全性を向上させた。

また、全グレードでグローブボックスのサイズ拡大、アクセサリーソケットの追加を行い、使い勝手いや利便性を向上・・・

ニュースを読む

三菱自動車は9月7日、『ミニキャブ-MiEV』の車両接近通報装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2011年11月18日から2017年4月17日に製造された7582台。

不具合箇所は、EV走行時に車両接近を歩行者に認知させる車両接近通報装置のスピーカー。車体に取り付けるための金属ブラケットの塗装が不適切なため、早期に腐食することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が・・・

ニュースを読む

三菱 ミニキャブバン、全グレードに4AT車を設定

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月25日(木) 19時45分

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』を一部改良し、5月25日から販売を開始した。

今回の一部改良では、全グレードに4AT車を設定し、ユーザーの用途に合わせて選択できるようラインアップを充実させた。

また、「ブラボー」のフロントシートにセンターアームレストを標準装備し、快適性を高めたほか、「M」「G」のリヤシートの固定ラッチを可倒式にして、リヤシート前倒し時の突起をなくすことで荷物の積載性を向上させた。

価格は93万9600円か・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針