トヨタ自動車

カーライフニュース - トヨタ自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタの米国における金融サービス部門、トヨタ・ファイナンシャル・サービスは11月21日、環境に配慮した自動車の販売に向けた取り組みを強化するために、初のユーロ建ての無担保グリーンボンドを発行した、と発表した。

グリーンボンドとは、資金の使い道を再生可能エネルギーなど環境に配慮した事業に限定して発行する債券を指す。市場から、主に温暖化対策や環境プロジェクトなどの資金を調達するために発行される。

トヨタが今回、米国で発行したのが、初のユ・・・

ニュースを読む

トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ『ハイエース/レジアスエース』の一部改良に伴い、各種カスタマイズパーツを発売した。

安全装備の「トヨタ セーフティセンスP」に対応した「フロントグリルカバー」、「フードカバー」を新規設定し、「フロントスポイラー」と3点セットの「クールフェイスキット」を設定するとともに、プライベートユース向けに「サイクルホルダー」や「ロッドホルダー」など、スタイリッシュで機能的なカーゴスペース向けアイテムをラ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車のインドネシア法人、PTトヨタアストラモーターは11月23日、コンパクトSUVの新型『ラッシュ』を発表した。

ラッシュは日本国内において、2006年に発売された小型SUV。ダイハツ『ビーゴ』のOEMモデルだった。2016年3月、日本国内での販売を終了。しかし、インドネシアなどの一部海外市場では、引き続き販売されてきた。

今回発表された新型ラッシュは、同日、インドネシアでダイハツが発表した新型『テリオス』のトヨタ版。現地で・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業のインドネシア子会社アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は23日、7人乗りコンパクトSUV『テリオス』をフルモデルチェンジしてインドネシアで発表した。

新型テリオスのプラットフォームは、インドネシア市場で好評の『セニア』のプラットフォームをベースに、車両特性に合わせ改良を加えた。これによってFRの特長を生かした高い走破性に加え、操縦安定性、乗り心地、NV(騒音・振動)性能、燃費などの基本性能を大幅に向上したとしている。小・・・

ニュースを読む

TOYOTA GAZOO Racingは23日、東京のトヨタ自動車東京本社で「WRC2017年シーズン報告会」を開催した。TOYOTA GAZOO Racingカンパニーの友山茂樹プレジデントは「期待以上」と総括した。

18年ぶりにワークス参戦を開始したトヨタは「ヤリスWRC」でシーズン2勝、表彰台のべ5回。マニュファクチャラー・ランキングでトヨタは3位、ドライバーズ・ランキングでヤリ-マティ・ラトバラが4位。

友山プレジデントは「・・・

ニュースを読む

11月22日、MEGA WEB(東京都江東区)にてトヨタ『ハイエース』50周年ならびに一部改良車両説明会が開催された。

その会場で、普段あまり触れ合う機会の少ない高規格救急車『ハイメディック』が展示されていた。今回は「勤労感謝の日」にちなんで、「はたらくクルマ」であるトヨタ高規格救急車パラメディックを写真で紹介する。

このハイメディックは2006年より全国に導入されている、「ハイエーススーパーロング」をベースとした高規格救急車。19・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、手のひらサイズのコミュニケーションパートナー「KIROBO mini(キロボ ミニ)」を全国発売。トヨタ車両販売店を通じて11月22日より注文受付を開始した。

KIROBO miniは、愛らしい姿の中にざまざまなセンサー類を搭載する高さ約10cmの小型ロボット。人間の表情を読み取り表情豊かに会話でき、会話を通じてその人の趣向も記憶し、成長するコミュニケーションパートナーだ。今年5月に東京・愛知の一部販売店で先行販売を開・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車と広汽集団の中国合弁、広汽トヨタは11月17日、中国で開幕した広州モーターショー2017において、『eコンセプト』を初公開した。

eコンセプトは、5ドアのSUVデザインを備えたEVコンセプトカー。ブルーのボディカラーを基本に、Aピラーやルーフレールなどをホワイトで仕上げた。ドアミラーはカメラに置き換えられ、ミラーレスとなる。

また、空力性能向上のため、ホイールは専用デザインを採用。フロントグリル部分には、他の車や歩行者な・・・

ニュースを読む

●「想い」で「P」を採用

11月22日に発表されたトヨタ『ハイエース/レジアスエース』の一部改良。その最大のポイントは自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を含めた衝突支援回避パッケージ「Toyota Safety Sense P」の採用、しかも全車標準搭載だ。

トヨタの衝突支援回避システムには大きくわけて「Toyota Safety Sense C」と今回搭載された「Toyota Safety Sense P」の2種類が・・・

ニュースを読む

トヨタモデリスタインターナショナルは、『ハイエース』発売50周年を機に、一部改良の新型モデルをベース車としたコンプリートカー「リラクベース」を11月22日に発売した。

リラクベースのデザインコンセプトは、「NEO(ネオ) RETRO(レトロ) FUN(ファン) BOX(ボックス)」。プライベートユーザー向けに、カーライフに「彩り」と「楽しさ」を与えるレトロ感のある内外装や、幅広いレジャーユースに対応できるユーティリティ機能を持たせた。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かのっさ

デミオの良いところ悪いところ

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:かの***** さん
総合評価:

デミオの良いところは、内装がライバルコンパクトカーに比べてプラスチック部...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針