トヨタ自動車

カーライフニュース - トヨタ自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車(Toyota)の中国部門は4月22日、北汽福田汽車など2社と提携を結び、燃料電池(FC)車向け部品の供給を開始すると発表した。

今回の発表は、トヨタの中国における燃料電池車(FCV)の普及を促進するのが狙い。北汽福田汽車は、中国の自動車大手の北京汽車の傘下にあり、中国最大の商用車メーカーのひとつだ。

トヨタは2015年、保有する燃料電池に関する特許およそ5680件を無償開放すると発表した。2017年には、東京で燃料電池・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の北米部門は4月22日、燃料電池(FC)パワートレインを搭載する大型商用トラックを初公開した。

このFC大型商用トラックは、米国に本拠を置くトラックメーカー、ケンワースとトヨタが共同開発。2019年秋から、このFC大型商用トラックを使用した貨物輸送オペレーションを、米国ロサンゼルス港で行う予定だ。

プロジェクトで使用するFC大型商用トラックには、トヨタが2017年から行ってきた走行テストで得られたノウハウを投入。ケンワー・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の中国部門は4月21日、清華大学と「清華大学-トヨタ連合研究院」を設立することで合意した、と発表した。

トヨタと清華大学は、中国の発展に寄与し、中国に必要とされるモビリティカンパニーとなるためには、環境問題の解決や交通事故の低減につながる優れた新技術を搭載した車の開発と普及が重要であると考えている。これを受けて、連合研究院を設立することを決定した。

トヨタと清華大学は、1998年から技術講座を開催するなど・・・

ニュースを読む

「海の上でもFun to Drive!」トヨタマリン PONAM 試乗

by 中込健太郎 on 2019年04月22日(月) 12時30分

季節はマリンレジャーもいよいよシーズン到来と言ったところ。トヨタマリンは各地のマリーナで人気の「PONAM」(ポーナム)シリーズの試乗会を開催し、購入を検討している人やマリンレジャーファンが参加している。

リビエラ逗子マリーナ(神奈川県逗子市)は首都圏からも近いマリーナで、海に出るボートオーナーのみならず、湘南方面へのドライブでも人気のスポット。

まず『ポーナム31』に試乗する。陸上の『ランドクルーザー』で定評のあるディーゼルエンジ・・・

ニュースを読む

◆単独だと世界一売れているクルマ

トヨタ自動車の試乗会は、試乗後に毎回メーカーエンジニアとの懇談会がセッティングされる。まあ、他のメーカーも似たようなものだが…。今回は4人のエンジニアに囲まれてお話をすることになった。

「確かRAV4って、世界で4番目に売れているクルマですよね?」と振ったところ、同社MS製品企画ZD主幹の松本和彦氏から、「いえ、昨年3位に上がりました」と。さらに加えて、「上位2車はカローラとフォードFシリーズですが・・・

ニュースを読む

トヨタ『ヤリス』(ヴィッツ)のハイパフォーマンスモデルと思われる開発車両を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。注目は、『GRスープラ』のプロトタイプで見られた迷彩をまとっている点だ。これは『GRヤリス』として設定される可能性があることを示している証拠だろう。

「GR」ブランドは、トヨタGAZOO Racingにより、モータースポーツから継承するノウハウを注入したスポーツカーシリーズだ。ハイエンドに「GRMN」、高性能・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門は4月18日、『プロエースシティ』(Toyota Proace City)を発表した。実車は4月30日、英国で開幕する「バーミンガム商用車ショー2019」で初公開される。

プロエースシティは、トヨタとPSAグループの提携の最新の成果となるもの。トヨタとPSAグループは2012年から、欧州市場の小型商用車の分野において、協力してきた。PSAグループは、プジョー『エキスパート』とシトロエン『ジャンピー』をベースにした・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)は4月18日、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドと共同で、ウーバーの自動運転開発部門のウーバー・アドバンスド・テクノロジー・グループに総額10億ドルを出資すると発表した。

今回の出資は、自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速するのが目的だ。トヨタは2018年8月、ウーバーに5億ドルを出資。「トヨタ・ガーディアン」と呼ばれる高度安全運転支援システムとウーバーの自動運転システムを連携させた自動運転・・・

ニュースを読む

トヨタは、『ダイナ』ならびに『トヨエース』2トン積系を一部改良し、5月7日に発売する。

今回の一部改良では、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)、積荷などで妨げられる後方視界をサポートするバックカメラ&デジタルインナーミラー、そしてLEDヘッドランプを標準装備し、安全装備を充実させた。

このほか、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は4月17日、新型『ハイランダー』(Toyota Highlander)の概要を発表した。実車は日本時間4月18日未明、米国で開幕するニューヨークモーターショー2019で初公開される。

初代ハイランダーは、2000年に発売。日本では『クルーガー』を名乗っていた。2代目ハイランダーは、2007年2月のシカゴモーターショー2007で発表。日本ではクルーガーの後継車として、『ヴァンガード』がデビューしたため、2代目ハイ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

bmc1275

一生モノ

車種名:ミニ ミニ (BMC/ローバー)
投稿ユーザー:bmc***** さん
総合評価:

生産中止の話が出てきてので新車購入に踏み切りました。それから早19年が経...[ 続きを見る ]

まあいける

車にスピードを求めない人のための車...

車種名:トヨタ ヴィッツ
投稿ユーザー:まあ***** さん
総合評価:

郊外の通勤で往復80km、深夜の走行が多いために燃費は稼げます。平均で1...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針