テスラ モデルS

カーライフニュース - テスラ モデルS

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

テスラは9月23日、『モデルS』に最強グレードの「プレイド」(Tesla Model S Plaid)を設定し、2021年後半、米国市場で発売すると発表した。

モデルSの高性能グレードは従来、2モーターを搭載してきた。これに対してプレイドは、3モーターを搭載するのが特長だ。3個のモーターは、合計で1100hpのパワーを引き出す。プレイドは、この強大なパワーが4輪に伝達されるAWDとなる。

プレイドの動力性能は、0〜96km/h加速が・・・

ニュースを読む

テスラは6月15日、『モデルS』(Tesla Model S)に「ロングレンジプラス」を北米で設定すると発表した。米国EPA(環境保護局)が認定予定の航続が、EVとして初めて400マイルを超えて、402マイル(約647km)を達成する、としている。

◆2019年型「100D」に対して航続を20%延長

テスラは2012年、モデルSを米国市場で発売した。当時の航続は、265マイル(約426km)。テスラは、移動の自由を重要な使命と位置付・・・

ニュースを読む

テスラは9月、『モデルS』の高性能モデルにより、ニュルブルクリンクでポルシェ『タイカン』の4ドアEVセダン最速レコードに挑んだばかり。その市販型となる車両を、カメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、カーボンセラミックブレーキ、ミシュランカップ2Rパフォーマンスタイヤ、リア・スポイラー、ワイドフェンダーなどタイムアタック時と同様の装備が見てとれるが、フロントのサイドエアインテークは修正されているようだ。


しかし、最も顕著な違い・・・

ニュースを読む

米EVメーカー「テスラ」は今週、ニュルブルクリンクにて、ポルシェ『タイカン』の持つ4ドアEVセダン最速レコードに挑戦、圧倒的速さで記録を更新した。

ライバルとなるポルシェ タイカンは、8月26日に同レコード7分42秒を叩き出し、ニュル最速EVの称号を得た。対してテスラのイーロン・マスクCEOは、ツイッターでその記録更新を今月にも達成することを予告していた。

そしてついに今週、ニュルブルクリンクにて7分20秒を記録、タイカンの持つ7分・・・

ニュースを読む

テスラは、ニュルブルクリンクにおいて「4ドアEVセダン最速を狙う」と宣言。タイムアタックをおこなうための試作車が、テスト走行を開始した。その様子をスクープサイトSpyder7のカメラがとらえた。

試作車は、ローダウンされたボディにより広いフェンダーフレア、大径の軽量ホイール、ミシュランカップ2Rパフォーマンスタイヤ、リップスポイラー&トランクリッドスポイラーを装着。キャビン内にロールケージを配置し、フロントバンパーのエアインテークも大・・・

ニュースを読む

2019年8月、ポルシェ『タイカン』がニュルブルクリンク北コースで4ドアEV最速記録を更新。これに負けじと、テスラの元祖高性能4ドアEV『モデルS』が、9月にも記録更新に挑戦することが判明した。その攻撃的なモデルSのプロトタイプ車両をカメラが初めて捉えた。

この「モデルS P1000」は、ワイドフェンダー、アグレッシブなトランクリッドスポイラーや軽量ホイール、グリップ力の高いミシュラン「カップ2 R」を装備。さらにキャビン内にはロール・・・

ニュースを読む

ZFは7月30日、テスラのEV『モデルS』用のブレーキディスクをTRWブランドから発売した、と発表した。

ZFは2030年までに、全世界で生産される自動車の約3分の1が、電動パワートレイン車になると予想している。ZFは成長しているeモビリティ市場のニーズを満たすために、電動車向けアフターパーツのラインナップを拡大してきた。 今回、TRWブランドから、テスラ モデルS用のブレーキディスクを発売している。

モデルS用のTRWブランドのブ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

ローカル過ぎる話題だが、批判の的にされているのは、あのイーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)をつとめる米電気自動車(EV)メーカー、テスラの高級EV車だけに見過ごすわけにもいかないようだ。

千葉県の市川市の市長と副市長の公用車にテスラ製の高・・・

ニュースを読む

テスラは4月23日、『モデルS』(Tesla Model S)と『モデルX』(Tesla Model X)の改良モデルを米国で発表した。

今回の改良では、EVパワートレインの効率の引き上げが図られた。その内容は、モーター、パワーエレクトロニクス、冷却性などに及ぶ。「ロングレンジ」グレードの場合、1回の充電での航続は、モデルSがおよそ595km、モデルXがおよそ523km。これは従来比で、およそ10%の航続延長となる。

エアサスペンシ・・・

ニュースを読む

オランダに本拠を置くRemetzCarは、ジュネーブモーターショー2019において、テスラのEV、『モデルS』(Tesla Model S)のシューティングブレーク、『モデルSB』をワールドプレミアした。

米国のEVメーカー、テスラのモデルSは、セダンボディだ。このモデルSをコーチビルダーのRemetzCarがシューティングブレーク化し、20台を限定生産する。

モデルSのシューティングブレークのデザインを手がけたのは、デザイナーのニ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hayabusa

スバル製造最終型を新車で購入してもうすぐ十年、見たくれ使い方と好みはある...[ 続きを見る ]

sinn

W247 AMGラインフル装備

車種名:メルセデスベンツ Bクラス
投稿ユーザー:sin***** さん
総合評価:

街乗りは、車重が1.5トン、排気量が1332のM282エンジン、10km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針