レクサス CT

カーライフニュース - レクサス CT

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

レクサスは11月1日、『CT200h』(Lexus CT200h)の2019年モデルを欧州で発表した。

CT200hの2019年モデルには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用する。予防安全パッケージの「レクサス・セーフティシステム+」として、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストアラート、ロードサインアシスト、プリクラッシュシステム、自動ハイビームなどが装備される。

また、2019年モデルでは、新型『E・・・

ニュースを読む

レクサスは、国内累計販売台数50万台達成を記念して『GS』『IS』『CT』『LX』『RX』『NX』に特別仕様車「ブラックシークエンス」を設定、またGS、IS、NXの一部改良を実施し、8月23日より販売を開始した。

特別仕様車ブラックシークエンスは、6車種共通のアイコンとして、スピンドルグリルやアルミホイール、シート表皮など、各車種の内外装にブラックの専用装備を採用し、精悍かつ力強いデザインを強調した。

GSの特別仕様車は、「Iパッケ・・・

ニュースを読む

レクサス CT が初のフルモデルチェンジへ…EVモデル追加の可能性も

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年04月25日(水) 08時00分

レクサスのCセグメント・ハッチバック『CT』次期型に関する情報を入手することに成功した。それによると、パワートレインには従来通りのハイブリッドのほか、EVモデルも追加される可能性があるという。

レクサスCTは2009年に『LF-Ch』コンセプトとして初公開され、その後2010年に欧州、2011年に「CT200h」として日本で発売された。2017にはマイナーチェンジモデルが登場しているが、フルモデルチェンジはこれが初となる。

次期型で・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は12月6日、レクサス『CT200h』の燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年11月21日〜2017年2月7日に製造された640台。

燃料タンクに対してインレットパイプが傾いた状態で溶着され、接合面が部分的に溶け込み不足となっているものがあることが判明。そのため接合面がはがれて、給油時や満タン時に燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料・・・

ニュースを読む

レクサス CT200h、欧州で2018年型…先進運転支援が充実

by 森脇稔 on 2017年11月13日(月) 06時30分

レクサスは11月10日、『CT200h』の2018年モデルを欧州で発売した。

CT200hの2018年モデルのハイライトが、先進運転支援システム(ADAS)の充実。予防安全パッケージの「レクサス・セーフティ・システム+」を設定し、安全運転支援を強化している。具体的には、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストアラート、ロードサインアシスト、プリクラッシュシステム、自動ハイビームを用意した。

また外装は、新デザインの・・・

ニュースを読む

レクサスブランドのなかでもっともリーズナブルなモデルとなるハイブリッド専用車の『CT200h』がマイナーチェンジした。

レクサスCTはベースモデルが377万円。試乗車のバージョンLはちょうど100万円アップの477万円というプライス。システム的に共通性のある『プリウス』の最上級「Aプレミアムツーリングセレクション4WD」が約340万円、『カムリ』の「Gレザーパッケージ」が約420万円なので、ハイブリッドモデルを考えている人にとってはシ・・・

ニュースを読む

TRD、レクサス CT新型向けFスポーツパーツを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年08月25日(金) 11時45分

TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)ブランドを手がけるトヨタテクノクラフトは8月24日、レクサス『CT』のマイナーチェンジに合わせて「Fスポーツ パーツ」を発売した。

開発コンセプトは「Aerodynamic Control」「Total Balance」。「洗練されたスタイルで、美意識と機能美にこだわり抜いたスポーツパーツ」をキーワードとした。

空力性能に優れたエアロパーツは、風を整流し、キビキビとした走りと気持ちの良・・・

ニュースを読む

レクサス CT 改良新型、フロントマスク刷新…先進安全機能も強化

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年08月24日(木) 18時15分

レクサスは、コンパクトハイブリッド『CT200h』をマイナーチェンジし、8月24日より販売を開始した。

新型CTでは、スピンドル形状の造形が縦方向に少しずつ変化する新意匠のグリルメッシュを採用しスポーティさを演出。ヘッドランプは、アローヘッド形状のクリアランスランプを上部に配置し、ボディサイドのキャラクターラインと連続性を持たせることで伸びやかな印象を与えるとともに、U字のターンランプと組み合わせ、精悍なフロントマスクとしている。

・・・

ニュースを読む

レクサスは8月22日、ドイツで9月に開催されるフランクフルトモーターショー2017において、改良新型『CT』の欧州仕様車を初公開すると発表した。

『CT200h』は、レクサスの欧州市場における主力乗用車。2017年上半期(1〜6月)は4395台を販売。レクサスの欧州販売では、SUVの『NX』と『RX』に続く3番手につけている。

CT200hの改良新型モデルでは、新デザインのメッシュパターンを持つスピンドルグリルを採用。ヘッドランプ上・・・

ニュースを読む

レクサスは6月15日、マイナーチェンジした新型コンパクトハッチバック『CT』のデザインを世界初公開した。

エクステリアでは、スピンドルグリルに上質かつアグレッシブな印象を与える新規造形のメッシュを採用したほか、ヘッドランプ上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置。精悍な表情が際立つフロントフェイスを実現している。

インテリアは、シート表皮にオーナメントパネルとの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用したほか、ナビゲーションデ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針