オペル

カーライフニュース - オペル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

オペルの新型コンパクトSUV『フロンテラ』が登場。5人乗りと7人乗り設定で、EVも選択可能。力強いデザインと実用的な機能を備え、トランク容量は最大1600リットル。さらに、最大400kmの航続距離を誇るEVも用意される。・・・

ニュースを読む

ステランティス傘下のオペルは5月14日、新型コンパクトSUV『フロンテラ』(Opel Frontera )をワールドプレミアした。5人乗りと7人乗りが設定され、パワートレインにはEVも用意される。

フロンテラは、オペルブランドに共通するフェイスの中央に、新しいオペルの「ブリッツ」のエンブレムを配した。際立つホイールアーチとシル、そして人目を引くCピラーが、力強い個性を強調している。室内には、新デザインのステアリングホイールと2つの10・・・

ニュースを読む

ステランティスは、傘下のブランドが世界で販売する主力LCV(商用バン)と乗用ミニバンに初の大幅改良をおこなう。これにはトヨタにOEM供給する『プロエースシティ/ヴァーソ』も含まれている。2023年から2024年にかけて登場するとみられる改良モデルのプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

このモデルは、シトロエン『ジャンピー』、オペル『ヴィヴァーロ』、プジョー『エキスパート』、そしてトヨタのプロエースシ・・・

ニュースを読む

オペル(Opel)は12月14日、BセグメントSUV『モッカ』のEV『モッカ・エレクトリック』を欧州で発表した。従来の『モッカe』からの名称変更を機に、航続を引き上げている。

モッカ・エレクトリックには、最大出力156hp、最大トルク26.5kgmを発生するモーターを搭載する。新開発のバッテリーは、蓄電容量を54kWhに大容量化した。これにより、1回の充電での航続は、従来の338kmから最大で406kmに、およそ2割拡大している。

・・・

ニュースを読む

オペル アストラ 新型、ワゴンにもEV…欧州発表

by 森脇稔 on 2022年12月02日(金) 10時07分

オペルは11月30日、Cセグメントワゴンの『アストラ・スポーツツアラー』新型のEV、「アストラ・スポーツツアラー・エレクトリック」(Opel Astra Sports Tourer Electric)を欧州で発表した。

歴代アストラ初のEVには、最大出力156hp、最大トルク27.5kgmを発生するモーターを積む。同セグメントの多くのEVが、最高速を150〜160km/h に制限する中、アストラ・スポーツツアラー・エレクトリックは、最・・・

ニュースを読む

オペル アストラ に初のEV、航続416km…欧州発表

by 森脇稔 on 2022年12月01日(木) 11時45分

オペルは11月30日、Cセグメント5ドアハッチバックの『アストラ』新型のEV、「アストラ・エレクトリック」(Opel Astra Electric)を欧州で発表した。

歴代アストラ初のEVには、最大出力156hp、最大トルク27.5kgmを発生するモーターを搭載する。他の多くのEVの最高速が150〜160km/h に制限される中、アストラ・エレクトリックの最高速は170km/hとした。

走行モードは、Eco、Normal、Sport・・・

ニュースを読む

オペル、再チャレンジの本番[日本にまだないブランド]

by 井元康一郎 on 2021年11月05日(金) 19時00分

世界には日本での知名度は低いが他の市場ではメジャーというブランドが多数存在する。そんなブランドにスポットライトを当ててみる本企画の第2弾は、2022年に日本市場に登場予定のドイツブランド、オペルだ。

120年以上にわたる自動車製造の歴史を持つオペルは第二次世界大戦前にアメリカのゼネラルモーターズの100%子会社となり、GMの欧州戦略を担い続けてきたが、21世紀に入ってから業績が悪化。2017年にフランスのPSAプジョー・シトロエン(そ・・・

ニュースを読む

2年前より日本市場へのカムバックが公式に発表されていたオペル。先だって日本語の公式サイトも開かれたが、それにしてもいつから買えるのか?そしていつから乗れるのか?現在の状況についてひと回り聞いてみた。

まずオペルとは、ドイツはフランクフルト近郊、ルセルスハイムに拠点を置くメーカーだが、2016年からPSAグループに統合買収され、それまでのGMグループ傘下を離れた。つまり現在は「ステランティス」グループの一部をなす。

日本市場ではスモー・・・

ニュースを読む

オペルは8月25日、2名乗りの小型EVの『ロックスe』(Opel Rocks-e)を欧州で発表した。シトロエン『アミ』のオペル版となる。

◆シトロエンのシティコミューターEVがアミ

シトロエンはブランド誕生から100年間、大胆さと創造性をもって、誰でもアクセスできるモビリティを追求してきた。そして101年目となる2020年、ブランドの完全電動化への流れに従い、新たなモビリティとして、アミを発表した。「アミ」の車名は、1960〜197・・・

ニュースを読む

グループPSAジャパンは8月4日、2021年中に予定していた日本市場再参入を2022年上半期に延期すると発表した。

オペルは、1862年にドイツ・リュッセルハイムで創立。1931年にGMの完全子会社となり、日本ではヤナセなどが輸入販売を行っていた。GMは2001年、直営ディーラー網による販売をを開始。しかし、売れ行きは低迷し、2006年に日本市場から撤退。2017年、オペルはPSA・プジョーシトロエンに売却された。

当初、オペルの発・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針