ホンダ CR-Z

カーライフニュース - ホンダ CR-Z

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダアクセスのブースで、来場者から「このクルマのベースはなに?」という声が多く聞かれたのは『Re:Z』という名の、車高が低いクルマ。ちょっとレトロなイメージも特徴となっている。

このクルマ、実は『CR-Z』の旧バージョンをリノベーションしたものだ。Re:Zの「Re」はRenovationを由来としている。車体のほとんどはCR-Zそのものであり、フロントのボンネットやフェンダーと、リアのハッチ部分を新たに作り変えている。運転席のインパ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、2018年1月12日から14日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、6台のカスタマイズモデルを出展する。

ホンダアクセスはホンダ車専用の純正アクセサリーを開発、提供する会社として、カスタマイズパーツをはじめとするさまざまな製品を提供。今回の出展では、そのノウハウをベースに、多様化するクルマユーザーのニーズに応え、チューニングだけではない幅広い方向性でクルマの面白さ、クルマのある生活の楽し・・・

ニュースを読む

ホンダは、ハイブリッドスポーツ『CR-Z』に特別仕様車「α・ファイナルレーベル」を設定し、6月10日に発売する。

CR-Zは、スポーティーな走りや優れた燃費性能、先進感のあるデザインなど、新たな価値を持ったハイブリッドカーとして2010年2月に発売。以来、累計約4万台を販売してきたが、年内での生産終了を決定している。

今回発売する特別仕様車は、そのCR-Zのファイナルエディション。「CR-Z Final label」ロゴ刺しゅう入り・・・

ニュースを読む

デビュー後、2度目となるマイナーチェンジを行った『CR-Z』は総合性能をアップ。クルマとして一歩前進した様子を見せた。

今回のマイナーチェンジでは、リヤトレッドを10mm拡大、それにともないリヤフェンダーなども変更された。

リヤトレッドの拡大はホイールやハブの変更と言った手法ではなく、サスペションの見直しから行われたもの。つまり、設計変更とも言える大幅な変更で、走りに与える影響は大きい。

CR-Zは2012年にマイナーチェンジを受・・・

ニュースを読む

6日ツインリンクもてぎで行われた「Honda Racing THANKS DAY2015」において、ハイブリッドレーシングカーの時代を築いた『CR-Z GT』のラストランが行われ、多くのファンが最後を見届けた。同じくハイブリッド車としてライバル関係にあった『プリウスGT』も、11月に引退が発表されている。

2012年シーズン途中からSUPER GT選手権に参戦してきたCR-Z GT。2013年には16号車の「MUGEN CR-Z GT・・・

ニュースを読む

【SUPER GT】ホンダ、CR-Z GTでのGT300クラス参戦を今季で終了

by 遠藤俊幸 on 2015年11月11日(水) 17時56分

ホンダは11日、SUPER GTシリーズにおける「CR-Z GT」でのGT300クラス参戦を今季で終了することを発表した。

ハイブリッドレーサーのCR-Z GTは、2012年シーズン途中からGT300クラス参戦を開始。2カーでのフル参戦となった翌13年には、ARTA CR-Z GTの高木真一&小林崇志が第3戦セパンで初優勝を飾り、武藤英紀&中山友貴を擁して戦ったチーム無限(MUGEN CR-Z GT)がドライバーズ&チームタイトルを獲・・・

ニュースを読む

今年6月にアメリカ・コロラド州で行われた過酷なヒルクライム競技、パイクスピーク・ヒルクライム2015のエキジビジョンクラスに『CR-Z』を4輪独立型ピュアEVに仕立て直したマシンで挑んだホンダ。山野哲也選手のドライビングによってタイム10分23秒829、同クラス1位、総合11位という成績を打ち立てたそのマシンのパワーセーブ版を本田技術研究所のハンドリングコースで走らせてみた。

「Electric SH-AWD with Precisi・・・

ニュースを読む

ホンダはハイブリッドカー『CR-Z』で2回目となるビッグマイナーチェンジを行い、10月19日から販売を開始すると発表した。

ホンダは電気モーターを内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッションを変速機に用いたガソリンエンジンと電気モーターの双方を動力源とするi-DCDと名付けたハイブリッドシステムを『フィット』を始めとする主力車種や新型車に順次搭載しているが、CR-Zでは現行モデルと同様に、モーターはエンジンをアシストするだけでモータ・・・

ニュースを読む

ホンダはスポーツカータイプのハイブリッドカー『CR-Z』で2回目となるビッグマイナーチェンジを行い、10月19日から販売を開始すると発表した。

今回の改良ではヘッドライトやグリルを始めとする外観デザインを変更するとともに、レバー式のサイドブレーキを廃止して電子制御パーキングブレーキ採用したことなどが特徴。

CR-Zの開発責任者を務める本田技術研究所の鳥飼輝一主任研究員は「CR-Zを最初に出した時からアームレストが欲しいというお客様が・・・

ニュースを読む

ホンダ CR-Z がマイナーチェンジ…デザイン刷新、走行安定性も向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年08月27日(木) 15時08分

ホンダは、ハイブリッドスポーツ『CR-Z』の外観デザインを刷新するとともに、ドライバビリティーの向上や装備の充実を図り、10月19日に発売する。

今回の改良では、フロントとリアおよびサイドのデザインを変更するとともに、インラインタイプのLEDヘッドライトや新デザインのアルミホイールを採用したことにより、流麗で存在感あるスタイルに仕上げている。

また、リアトレッドの10mm拡大や、サスペンションのチューニング、ブレーキ性能の強化などに・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針