シボレー カマロ

カーライフニュース - シボレー カマロ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

東京オートサロン2023には数々の新たなカスタム・トレンドが出現した。そのひとつが近年各社こぞって開発を進めているフェイスチェンジ(いわゆる化け系キット)。旧車や他ジャンルの車種をオマージュしてフェイスを取っ替えてイメチェンする手法が主流。

「ベース車は何?」といった正体不明感を出すことができる点や、ノーマルには無いカワイさやレトロ感などを取り入れることも自由自在なのが魅力だ。キットパーツなので完成度も高いためツルシのフェイスじゃもの・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびキャデラック『CT5』『XT4』について、2023年モデルより価格を引き上げ、12月1日より販売を開始した。値上げの理由は、昨年来の半導体不足によるサプライチェーンの逼迫、急速な為替変動の影響等。

シボレーカマロの新価格はLT RSが668万円(同589万円)、SSが848万円(同749万円)、コンバーチブルが778万円(同679万円)。

GMジャパンは2月25・・・

ニュースを読む

色鮮やか、ラピッドブルーの『カマロ』登場…日本のみ限定20台

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年09月08日(木) 16時30分

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』にスポーティなイメージを高めた限定モデル「ラピッドブルーエディション」を設定し、9月8日から発売する。

ベースモデルは軽量・高剛性ボディに2.0リットル直噴ターボエンジンを搭載する「LT RS」。鮮やかなトーンが印象的なラピッドブルーのエクステリアを、ブラックのラリーストライプが引き締め、スポーティでパワフルなイメージを際立たせた。インテリアには、限定色セラミックホワイト・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』の2023年モデルを5月26日から発売する。デリバリー開始は2022年9月の予定。

2023年モデルでは一部エクステリアカラーを変更。クーペ2モデル(LT RS、SS)の現行5色のうち、サテンスチールグレーメタリックをシャドーグレーメタリックに変更する。コンバーチブルのエクステリアカラー3色は変更なしで継続する。

また価格を引き上げ、LT RSは589万円(旧価格56・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、世界的な半導体不足による装備削減のため、シボレー『カマロ』の一部仕様を変更し、各モデルの価格を1万円引き下げると発表した。

価格はカマロ LT RSが568万円(旧価格569万円)、カマロ コンバーチブルが658万円(同659万円)、カマロ SSが728万円(同729万円)。・・・

ニュースを読む

絶滅危惧種の代表格、ガラパゴスのピンクイグアナ。最近ガラパゴス島のウォルフ山が噴火して、生態系への影響が懸念された。

絶滅危惧種といえば、自動車の世界にもそれは存在し、さしずめセダンといわれたクルマの車型はそろそろ危険水域に入ったのではないかと思われるが、それ以上に絶滅危惧種なのが、アメリカンマッスルと呼ばれるガソリンぶち撒き系のモデルだ。

絶滅危惧種のアメリカンマッスル
このアメリカンマッスル、現在日本市場に正規で導入されているの・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ LT RS』に限定モデル「ワイルドチェリーエディション」を設定し、12月7日より販売を開始した。10台限定で価格は599万円。デリバリー開始は2022年5月を予定している。

ベースモデルは2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載するLT RS。カマロのDNAを継承しながら、軽快さを併せ持つモデルだ。限定車はカマロ初導入となる深みのある特別なレッドの限定色「ワイルドチ・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは7月30日、『COPO カマロ』(Chevrolet COPO Camaro)の2022年モデルを米国で発表した。

COPO カマロは、米国を中心に人気の高いモータースポーツで、2台が0-400mの直線で加速性能を競うドラッグレースに参戦するために開発された競技専用車だ。

2022年モデルでは、最大で9.4リットル(572立方インチ)の排気量を備えたV型8気筒ガソリンエンジンが用意される。このビッグブロックV・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは2月9日、2月12〜14日に米国のデイトナインターナショナルスピードウェイで決勝レースが開催される3つの「NASCARナショナルツーリングシリーズ」レース向けに、ペースカーを発表した。

今シーズンの開幕戦となる3レースを率いるシボレーのペースカーは、『コルベット』、『カマロ』、ピックアップトラックの『シルバラード』の3台だ。3台はすべて、シボレーの6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。シボレーによると・・・

ニュースを読む

シボレー カマロ、Apple CarPlay & Android Autoを継続採用 価格は改訂

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年06月09日(火) 21時30分

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびラリーグリーンメタリックの限定モデル「カマロ・ヘリテージエディション」の一部仕様および価格を改訂し、8月下旬よりデリバリーを開始する。

今回、搭載予定だった通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」に代わり、従来通りのApple CarPlay & Android Auto対応のインフォテイメントシステムに変更した。

また、カマロのボディカラー設定は当初5色の予定・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針