キアモーターズ

カーライフニュース - キアモーターズ (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

韓国のキアモーターズが開発を進める次世代ゼロエミッションSUV、『ニロEV』市販型を初めてカメラが捉えた。1月のCESでは、エキゾチックなマスクのコンセプトモデルを発表したが、市販型でどのように進化するが注目される。

捉えた開発車両には、エキゾーストパイプは見当たらない。フロントはマスクで覆われているが、少量の空気で冷却可能なため、グリルはないはずだ。コンセプトでは代わりにメッセージを発信出来るワイドディスプレイが装備されていたが、市・・・

ニュースを読む

韓国のキアモーターズ(起亜自動車、以下、キア)は2月20日、最上級サルーン、『K900』の新型のティザーイメージを公開した。

現行K900は初代モデルで2013年秋、ロサンゼルスモーターショー2013でワールドプレミア。K900は、キアにとって、初の後輪駆動車。パワートレーンは、親会社のヒュンダイの高級サルーン、『ジェネシス』と共用する。競合車には、BMW『5シリーズ』やメルセデスベンツ『Eクラス」を想定する。

キアにとって、初のV・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する新型『シード』に、キア初のレベル2の自動運転システムを設定すると発表した。

『シード』は、キアモーターズの欧州市場における主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月15日、新型『シード』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、初公開される。

『シード』は、キアモーターズの欧州市場における主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入され、販売面で成功を収めた。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベ・・・

ニュースを読む

公開直前キアの主力モデル「シード」、初のクロスオーバーも投入か

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年02月10日(土) 17時00分

韓国キアのCセグメント・ハッチバック『シード』次期型プロトタイプをスカンジナビア、及びドイツ市街地でスクープに成功した。市街地で捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌードだった。

既に公開されているティザースケッチの通り、フロントマスクはキアの象徴「タイガー・ノーズ」を持つが、ヘッドライトはスケッチほど鋭くなく、落ち着いたデザインに。フロントバンパーには大型化された台形エアダクトを装着、テールライトは薄型になり、全く新しいグラフィックを光ら・・・

ニュースを読む

キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月7日、インドで開幕したデリーモーターショー2018(オートエキスポ2018)において、『SPコンセプト』を初公開した。

SPコンセプトは、インド市場で人気が拡大しているSUVを提案した1台。キアが近い将来、インド市場へ投入する小型SUVを示唆したコンセプトカーとなる。キアによると、市販モデルのデザインは、SPコンセプトに非常に近いものになるという。

SPコンセプトの外観では、フロントマス・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月6日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、新型『シード』を初公開すると発表した。

『シード』は、キアモーターズの欧州向け主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー2012で発表された現行型は、2世代目モデル。激戦区の欧州Cセグメントに投入された。親会社のヒュンダイ『i30』のプラットホームをベースに、開発されたのがシードとなる。

ジュネー・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、新型『リオGTライン』を初公開すると発表した。

『リオ』は、キアの最量販車であり、グローバル主力コンパクトカー。現行型は4世代目モデルで2016年秋、パリモーターショー2016でデビューした。

前衛的な内外装デザインを採用。外装は、キアのドイツと米国のデザイン部門が共同で設計。キア車のアイデンティティの「タイガーノーズ」・・・

ニュースを読む

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『フォルテ』を初公開した。

フォルテは、キアの小型4ドアセダン。韓国では、『K3』のネーミングで販売されている。デトロイトモーターショー2018では、フォルテが5年ぶりにフルモデルチェンジ。3世代目モデルが登場している。

新型フォルテには、キアの最新デザイン言語を導入。キアのアイデンティティの「タイガーノーズ」をはじめ、上級ス・・・

ニュースを読む

韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018の同社のブースにおいて、新型『スティンガー』に「4Dバーチャルテストドライブ」を導入した。

新型スティンガーは、キアの最新スポーツセダン。トップグレードの場合、0〜96km/h加速4.7秒、最高速およそ270km/hの性能を備えている。

キアはこの新型スティンガーのパフォーマンスをデトロイトモーターショー2018の来場者に体験してもらう目・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

そっとじ

10万㎞

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

前回の給油で無事10万㎞を突破しました 購入から3年、よくもまあ元気に走...[ 続きを見る ]

DD Tailhappy

初投稿

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:DD ***** さん
総合評価:

現在イギリスに駐在していて、20年11月26日に引取りました。まだ300...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針