アストンマーチン V12 ヴァンテージ

カーライフニュース - アストンマーチン V12 ヴァンテージ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

イギリスはシルバーストーンサーキットにおいて現地時間2月12日にお披露目された新型アストンマーティン 『ヴァンテージ』が13日、日本でも公開された。価格は2690万円で、日本でのデリバリーは今年第2四半期以降を予定している。

◆真のドライバーのために設計されたスポーツカー
このクルマのキャッチフレーズは、“For Real Drivers Only”。「ヴァンテージは限界の限界まで走りを楽しみたい真のドライバーのために設計されたスポー・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは2月12日、2シータースポーツカー『ヴァンテージ』(Aston Martin Vantage)の改良新型を欧州で発表した。


◆従来モデルに比べてパワーは155ps向上
ヴァンテージは1951年、初代モデルの『DB2ヴァンテージ』が登場した。以来、70年以上にわたって、モデルチェンジを実施しながらも、優れたパフォーマンスを保ってきたアストンマーティンの高性能モデルだ。

現行ヴァンテージは、2018年に発表された。・・・

ニュースを読む

2024年1月に千葉県の幕張メッセで開催された、日本最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」。そこで国内数々のカーショーでアワードを多数攫ってきたMOONTECHが、BMW『M3』をベースにターボ化とした『Project LTO E36』など計5台を出展。ハイセンスなマシンメイクと圧巻のオリジナリティを発揮する車両に仕上げられていた。

◆TRUSTコラボでE36 M3をターボ化!世界的なカーデザイナーKYZAの手掛ける・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は1月29日、ワールドプレミアを2月12日に行う予定の新型車の車名を、『ヴァンテージ』と発表した。ティザー写真も公開している。

ヴァンテージは1951年、初代モデルの『DB2ヴァンテージ』が登場した。以来、70年以上にわたって、モデルチェンジを実施しながらも、優れたパフォーマンスを保ってきたアストンマーティンの高性能モデルだ。

現行ヴァンテージは、2018年に発表された。パートナーのメル・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は1月15日、新型スポーツカーを2月12日に初公開すると発表した。『ヴァンテージ』の後継モデルの可能性がある。

ヴァンテージは1951年、初代モデルの『DB2ヴァンテージ』がデビューした。以来、70年の間、世代交代を繰り返しながらも、優れたパフォーマンスを維持してきたアストンマーティンの高性能モデルだ。

現行ヴァンテージは、2018年に発表された。ダウンサイズの直噴4.0リットルV型8気・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは2024年第1四半期(1〜3月)に次世代スポーツカーを発表する。『ヴァンテージ』の後継モデルになる可能性がある。

ヴァンテージは1951年、初代モデルの『DB2ヴァンテージ』がデビューした。以来、70年の間、世代交代を繰り返しながらも、優れたパフォーマンスを維持してきたアストンマーティンの高性能モデルだ。

現行ヴァンテージは、2018年に発表された。ダウンサイズの直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエ・・・

ニュースを読む

アストンマーティンの2ドアスポーツカー『ヴァンテージ』に続き、そのロードスター版となる『ヴァンテージ ヴォランテ』のプロトタイプをカメラが初めて捉えた。当初このプロトタイプは後継モデルと噂されていたが、次世代型へ繋ぐ最後の大幅改良モデルとなることがわかった。

初代ヴァンテージは1977年に登場した歴史あるモデルで、当時フェラーリ『デイトナ』を凌駕する加速、最高速度を持ち「英国初のスーパーカー」と称された。第4世代となる現行型は2018・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは2022年3月、世界限定333台の『V12ヴァンテージ』と、249台の『V12ヴァンテージ ロードスター』を導入しあっという間に完売したことがニュースとなったが、新たにマニュアルトランスミッション搭載モデルが登場することがわかった。

V12がデビューした時、同ブランドではこれを「象徴的な血統の壮観なフィナーレ」であり、「5.2リッターツインターボV12がヴァンテージに搭載される最後の時間」と呼んだが、さらなる進化が・・・

ニュースを読む

アストンマーティンは現在、2ドアスポーツカー『ヴァンテージ』後継モデルの開発に着手しているが、その市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代ヴァンテージは1977年に登場、当時フェラーリ『デイトナ』を凌駕する加速、最高速度を持ち、「英国初のスーパーカー」と称された。2005年の第3世代からはローエンドモデルとして位置づけられ「ベイビーアストン」の愛称で親しまれている。第4世代となる現行型は201・・・

ニュースを読む

ボート免許取得者の増加や、ボートシェアリングの需要増など、業界の取り組みによってマリンレジャーの敷居は徐々に低くなってきている。とはいえボートやクルーザーを“購入する”となれば別の話。趣味の買い物としてはトップクラスに敷居が高い(=値段が高い)のも事実だ。

23日に開幕した「ジャパンインターナショナルボートショー2023」は、誰もがマリンレジャーに触れて楽しめるイベントであると同時に、富裕層にとっては購入のための内覧会的な意味合いもあ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2023-2024
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

一部区間バイパス走るも給油は

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告が今回は走行可能距離40kmで点灯。WLTC‐L13.3kmに対...[ 続きを見る ]

しもつけ6437

新たな相棒

車種名:スズキ スペーシア (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:しも***** さん
総合評価:

2024年7月13日に前車ラフェスタJOYX4WD(NB30、13856...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針