ロールスロイス コンセプトカー

カーライフニュース - ロールスロイス コンセプトカー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロールスロイスは27日、復活したコーチビルド部門の手による『ボート・テイル』を発表した。

◆コーチビルド部門復活

「歴史的にも、コーチビルドはロールスロイスのなかで重要な位置を占めており、それは現代においてもビスポークの哲学を伝えるとともに、ロールスロイス・ブランドのルーツをたどるものだ。これは、選ばれた人たちが、将来にわたり歴史的な意義を持つ、全く独自でプライベートな依頼による制作に参加する機会であることを意味している」とコメント・・・

ニュースを読む

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は10月12日、16歳までの意欲的なデザイナーに、将来の夢のロールスロイスを設計してもらう「世界ヤングデザイナーコンペティション」の結果を発表した。

今回のコンペティションは、世界的な新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の中、学校に行けない子ども達に楽しんでもらう機会を提供するのが狙い。未来のデザイナーに、自宅に居ながらにして、想像力と創造性を・・・

ニュースを読む

ロールスロイスが提案するラグジュアリーカーの未来形[写真蔵]

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年06月22日(水) 19時30分

ロールスロイスが未来のラグジュアリーカーとして、「103EX」のコードネームで開発を進めてきた初のコンセプトモデル『ビジョン・ネクスト 100』の公式写真を入手した。

ビジョン・ネクスト 100はEVモーターを搭載し、車格は全長5.9メートル、全高1.6メートルと、現在のファントム・エクステンデッド・ホイールベースとほぼ同サイズ。しかし、そのデザインは斬新そのもの。ホイールを隠してクールさを演出するなど、未来のラグジュアリーカーにふさ・・・

ニュースを読む

米国の通信技術開発企業クアルコムは現地時間1月9日、ラスベガスで開催されているコンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES13)において、ロールスロイス『ファントム』をベースに開発したEVコンセプトカー『102EX』を展示、同社のワイヤレス給電技術をアピールした。

ロールスロイス『102EX』は、ロールスロイス『ファントム』をベースに開発したEVコンセプトカー。ファントムのアルミスペースフレーム構造に、2基のモーターを搭載。その最大・・・

ニュースを読む

英国の高級車メーカー、ロールスロイスは9月19日、フランスで9月27日に開幕するパリモーターショー12において、「アートカー」を初公開すると発表した。

このアートカーは、市販のロールスロイス車をベースに、芸術作品に仕上げたモデル。正式名称は、「インスパイアードby ART DECO」だ。

現時点では、このアートカーの詳細は未公表。ロールスロイスは3枚の予告ポスターを公開しており、パリモーターショーのロールスロイスのブースで、実車が・・・

ニュースを読む

ロールス・ロイス・モーター・カーズは日本で『ゴースト・エクステンディットホイールベース』を発表した際、『ファントム』をベースとした電気自動車『102EX』を同時公開した。

102EXはあくまでもエクスペリメンタルモデルであると話すのはロールス・ロイス・モーター・カーズチーフプロジェクトエンジニアのアンドリュー・マーティン氏。位置づけは、ロールスロイスの将来の代替ドライブトレインの可能性を探るためとし、生産化の予定はないという。

10・・・

ニュースを読む

ロールス・ロイス・モーター・カーズは30日、『ゴースト』をベースにホイールベースを延長した『ゴースト・エクステンディットホイールベース(EWB)』を日本でも発表した。

発表会場において、ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア・パシフィック担当リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏は、日本市場について、「ロールスロイスのグローバルセールスの中でナンバーワンの位置を誇るアジアパシフィック地域。そのアジアパシフィック地域の中で日本・・・

ニュースを読む

ロールスロイス ファントムEV の発売計画は白紙?!

by 森脇稔 on 2011年06月06日(月) 20時36分

ロールスロイスが、2011年3月のジュネーブモーターショーに出品した『ファントム』ベースのEVスタディモデル、『102EX』。同車が市販に移される可能性は低くなった。

これは5日、自動車メディアの『autoevolution』が報じたもの。同メディアの取材に応じたロールスロイスのトルステン・ミュラー・エトベシュCEOは、ファントムのEVを市販しない意向を示したという。

102EXは、ファントムをベースに開発したEVスタディモデル。2・・・

ニュースを読む

ロールスロイスが、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーでワールドプレミアする『102EX』。その詳細が明らかになった。

102EXは、『ファントム』をベースに開発したEVコンセプトカー。ロールスロイスは1919年以降、コンセプトモデルに「EX」の車名を冠しており、102EXにもその伝統が受け継がれた。

今回、明らかになったのは、EVパワートレインの詳細だ。ファントムのアルミスペースフレーム構造に、2基のモーターを搭載。その最大・・・

ニュースを読む

英国のロールスロイスモーターカーズは20日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、EVコンセプトカーの『102EX』を出品すると発表した。

102EXは、『ファントム』をベースに開発された。モーターやバッテリーなど、EVパワートレインの詳細は明らかにされていないが、ロールスロイスは2011年、この102EXで実証実験をスタートし、近い将来の市販に備える計画だ。

同社のトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは、「我々は超高級・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

TAROやん

初ベンツ

車種名:メルセデスベンツ Cクラス (ステーションワゴン)
投稿ユーザー:TAR***** さん
総合評価:

前車からの乗り換えで、約1年半かけて探し続け、ようやくたどり着きました。...[ 続きを見る ]

yama

燃料

車種名:三菱自動車 eKワゴン
投稿ユーザー:yam***** さん
総合評価:

初めての燃料計測です。燃料18.65 古い車の3ATにして燃料まずまず。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針