VW ティグアン

カーライフニュース - VW ティグアン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、コンパクトSUV『ティグアン』の特別仕様車「R-ライン・ブラックスタイル」に「ディナウディオ・パッケージ」搭載モデルを追加し、8月7日より販売を開始した。

R-ライン・ブラックスタイルは、クロームパーツや、ブラックペイントされたアルミホイールによりエクステリアをドレスアップした特別仕様車。追加モデルは同モデルをベースに、レザーシートや乗り心地の調整が可能なアダプティブシャシーコントロール・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは7月3日、改良新型『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)の予約受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、2万8205ユーロ(約343万円)と発表されている。

◆ガソリンターボは最大出力130psと150psの2種類

改良新型の欧州仕様車には、4種類のエンジンが用意される。ガソリンエンジンは直噴1.5 リットル直列4気筒ターボ「TSI」で、最大出力は130psと150psの2種類が設定される。・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)の改良新型に、プラグインハイブリッド車(PHV)の「eハイブリッド」を欧州で設定すると発表した。

◆PHVシステムは1.4リットル直4エンジン+モーター

フォルクスワーゲンの最新の電動化技術が導入される。ティグアンにPHVが用意されるのは、今回が初めてだ。

PHVパワートレインは、エンジンが直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」で、最大出力15・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは7月1日、改良新型『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)に、高性能グレードの「R」を設定すると発表した。

◆シリーズのトップグレード

ティグアンにはこれまで、「Rライン」が用意されていた。その上に位置する高性能グレードの「R」が、ティグアンに設定されるのは、今回が初めてだ。『ティグアンR』は、シリーズのトップグレードに位置付けられる。

フォルクスワーゲンRは2002年、「フォルクスワーゲン・インデ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは6月30日、『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)の改良新型をデジタルワールドプレミアした。

◆VWのベストセラーモデルがデビュー4年を経て大幅改良

現行ティグアンは2世代目モデルで2016年4月、欧州市場で発売された。「モジュラー・トランスバース・ツールキット(MQB)」をベースに開発。技術プラットフォームは刷新され、躍動感あるプロポーションにより、さらに本格的でダイナミックなSUVモデルとして磨・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、SUVシリーズ『ティグアン』に、過去に好評だった限定モデルの専用装備を復刻させた特別仕様車「R-ライン・ディナウディオ」「R-ライン・ブラックスタイル」を5月26日より発売する。

R-ライン・ディナウディオは、デンマークの高級オーディオメーカー、ディナウディオ社と共同開発したプレミアムサウンドシステムを搭載。フォルクスワーゲンの堅牢なボディ構造と優れた遮音性との相乗効果により、臨場感・・・

ニュースを読む

『ゴルフ』を抜いて2019年のVWの世界最量販車となったことで話題の『ティグアン』。現在VWは改良モデルを開発しているが、新たに設定されるハイパフォーマンスモデル『ティグアンR』の市販型プロトタイプをニュルブルクリンクでカメラが捉えた。

ティグアンは2008年に初代がデビュー、2016年に現行モデルとなる2代目にバトンタッチされている。これまで最強モデル「R」は設定されておらず、これが初の設定となるとともに、弟分『T-Roc R』に続・・・

ニュースを読む

VWの世界最量販車は ティグアン---ゴルフを抜く 2019年

by 森脇稔 on 2020年04月21日(火) 14時30分

フォルクスワーゲングループは、SUVの『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)が2019年、フォルクスワーゲングループおよびフォルクスワーゲンブランドの世界最量販車になった、と発表した。

ティグアンは世界的なベストセラーとなっており、新たな記録を樹立した。2020年春、ティグアンは累計生産台数600万台を突破した。2007年秋にドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2007における初代のデビューから、およそ13年で・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは4月17日、『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)の改良新型を間もなく、初公開すると発表した。

初代ティグアンは2007年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2007でワールドプレミアされた。このコンパクトSUVは、世界中の顧客から支持を集め、販売面で成功を収めてきた。

現行の2代目ティグアンは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2016において、ワールドプレ・・・

ニュースを読む

VW ティグアン が大幅改良へ…「R-Line」プロトタイプをスクープ!

by Spyder7編集部 on 2020年04月11日(土) 06時00分

VWは、現在コンパクト・クロスオーバーSUV『ティグアン』改良新型を開発しているが、そのスポーティモデル『ティグアンR-Line』と思しきプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

ティグアン現行型は、2016年に欧州、翌2017年から日本で発売されおり、初の大幅改良が施される。これまでで最もカモフラージュが軽い状態で捉えた今回の車両は、『ゴルフ8』からインスパイアされたLEDヘッドライトとLEDマトリクスデイタイムランニングライトを装備し・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算52回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算52回目)を9/30に行いました。前回の給油から595.7km...[ 続きを見る ]

にゃおたん

1年乗ってみて

車種名:スバル ジャスティ
投稿ユーザー:にゃ***** さん
総合評価:

1年乗ってみて 大きさは丁度いいですね 燃費はエアコンを使わない時期はい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針