NHTSA 米国運輸省道路交通安全局

カーライフニュース - NHTSA 米国運輸省道路交通安全局

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合によるおよそ23万台の追加リコール(回収・無償修理)を、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に届け出た。

今回のリコールは、タカタが米国NHTSAに、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応。スバルの場合、2009〜2013年モデルが、新たにリコールの対象となる。

追加リコールに該当するのは、2009〜2・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国法人、北米日産は、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に届け出たと発表した。

今回のリコールは、タカタが米国NHTSAに、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応。日産の場合、2009〜2012年モデルが、新たにリコールの対象に加えられた。

追加リコールに該当するのは、2009〜2012年モデルの『ヴァー・・・

ニュースを読む

マツダの米国部門は、タカタ製エアバッグのインフレータの不具合による追加リコール(回収・無償修理)を、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に届け出た。

今回のリコールは、タカタが米国NHTSAに、同社製エアバッグのインフレータの新たな不具合を届け出たことを受けての対応。マツダの場合、2009〜2010年モデルと2013年モデルが対象になる。

リコールに該当するのは、2009〜2010年モデルが『RX-8』、『マツダ6』(日本名:『ア・・・

ニュースを読む

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は1月5日、タカタからおよそ330万台の追加リコール(回収・無償修理)の届け出を受けた、と発表した。

追加リコール330万台の内訳は、2009年モデルがおよそ80万台、2010年モデルがおよそ150万台、2013年モデルがおよそ100万台。

2009年モデルはミシガン州、ニューヨーク州、ワシントン州など21州、2010年モデルはアリゾナ州、ケンタッキー州、ネバダ州など21州、2013年モデルはカ・・・

ニュースを読む

アウディ Q5 新型、NHTSAの衝突テストで最高の5つ星評価

by 森脇稔 on 2017年12月20日(水) 18時30分

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は12月19日、新型アウディ『Q5』の衝突安全テストの結果を公表し、最高評価の5つ星と認定した。

NHTSAの衝突安全テストは、前面フルラップ56km/h、側面62km/h、横転テストの3種類で実施。そして、それぞれのテスト結果を星の数で5段階評価し、総合評価を判定する。

またNHTSAは新しい衝突安全テストを導入。例えば、従来は運転席側のみに男性サイズのダミー人形を載せていたが、助手席側にも女・・・

ニュースを読む

マツダの米国法人、北米マツダは7月21日、タカタ製エアバッグの追加リコール(回収・無償修理)に関して、米国NHTSAに不服申立て請願書を提出する意向を示したフォードモーターに同調すると発表した。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は7月11日、タカタ製エアバッグについて、270万個の追加リコールを行うと発表。今回の追加リコールは、NHTSAが新たに検査を行ったところ、タカタ製の特定のエアバッグインフレーター(膨張装置)が、湿度の高・・・

ニュースを読む

タカタ製エアバッグ、270万個を追加リコール…米運輸省

by 森脇稔 on 2017年07月12日(水) 17時00分

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は7月11日、タカタ製エアバッグについて、270万個の追加リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回の追加リコールは、NHTSAが新たに検査を行ったところ、タカタ製の特定のエアバッグインフレーター(膨張装置)が、湿度の高い状況に長時間置かれた場合、劣化して破裂する可能性があると判断されたことを受けて、行われるもの。

追加リコールに該当するのは、硫酸カルシウムを乾燥剤として使用している「P・・・

ニュースを読む

テスラ モデルX、NHTSA安全評価試験で全カテゴリー5つ星…SUV史上初

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年06月15日(木) 15時38分

テスラは6月13日、米道路交通安全局(NHTSA)が独自行った安全評価試験で、『モデルX』がすべてのカテゴリーおよびサブカテゴリーで安全性5つ星評価を獲得したと発表した。全カテゴリーで5つ星評価を獲得したSUVは、モデルXが初めてとなる。

NHTSAのデータによると、モデルXはこれまで試験されたSUVの中で、乗員に傷害をおよぼす事故が発生する可能性が最も低い車両となった。なお、NHTSAがこれまでに試験した全車両の中で最も低い車は『モ・・・

ニュースを読む

米運輸省前長官、自動運転ベンチャー企業の重役に転身

by 森脇稔 on 2017年04月06日(木) 18時29分

米国の運輸省道路交通安全局(NHTSA)の前の長官が、自動運転のベンチャー企業に、重役として迎え入れられたことが分かった。

これは4月4日、消費者監視団体の「Consumer Watchdog」が明らかにしたもの。「NHTSAのマーク・ローズカインド前長官が、Zooxの重役に就任した」と公表している。

Zooxは2013年、米国シリコンバレーに設立されたベンチャー企業。自動運転車および、そのテクノロジーの開発を手がけている。

Co・・・

ニュースを読む

スズキが2月9日、『エスクード』に不具合があるとして、国土交通省に届け出たリコール(回収・無償修理)。このリコールが米国に拡大した。

今回のリコールは、シフトレバーの不具合によるもの。MT仕様車において、ギアシフトリアシャフトの強度が不足しているものがある。そのため、シフト操作を繰り返すと、ギアシフトリアシャフトに亀裂が入る可能性がある。

そのまま使用を続けると、ギアシフトリアシャフトが折れて、最悪の場合、変速操作ができなくなり、走・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

horiuchi518

レンタカーとして乗りました。

車種名:トヨタ シエンタ
投稿ユーザー:hor***** さん
総合評価:

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、 ちょこちょこネットで見る...[ 続きを見る ]

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針