帝人 テイジン

カーライフニュース - 帝人 テイジン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

帝人グループは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、「部品の軽量化 DAKE JA NAI+α(新たな価値)」をテーマに、次世代の車づくりに貢献する技術や製品を紹介する。

帝人グループは、EVなどに適したマルチマテリアルによるコンポジット製バッテリーボックスを紹介。複合材料(FRP)と金属材料を最適条件で組み合わせ、一体成形することで、軽量・高強度で、安全性や耐久性、コスト効率な・・・

ニュースを読む

帝人は3月30日、豪Applied EV社と共同でLS-EV(低速EV)の軽量化に向けたプロトタイプを開発したと発表した。

両社は将来のEVに求められる技術基盤を獲得・整備するため、2019年よりLS-EVの共同開発を開始。今回、「Well to Wheelゼロエミッション」というテーマを具現化したLS-EVのプロトタイプを共同開発した。

4名乗車可能なプロトタイプは、帝人の軽量・高強度素材、加工に関する最先端技術や成形ノウハウと、・・・

ニュースを読む

帝人グループは8月20日、米国コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス社(CSP社)のGF-SMC部材が、フォードの新型『エクスプローラー』に採用されたと発表した。

GF-SMC(Glass Fiber-Sheet Molding Compound)は、熱硬化性樹脂をガラス繊維に含浸させ、シート状にした成形材料。フォードとCSP社は、NVH(騒音・振動・ハーシュネス)の大幅な改善を目的として、このGF-SMC部材を使用すること・・・

ニュースを読む

オーストラリア最北の街ダーウィンから南端の州都アデレードへ。その距離3000km。豪州の公道を5日間かけて無燃料で駆けるレースがことしもやってくる。世界最高峰のソーラーカーレース「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」(BWSC)だ。

途中、砂漠地帯などでキャンプしながら5日間でオーストラリアを縦断するという過酷なレースに2009年から参戦しているのが、工学院大学。同大学ソーラーチームは6月27日、この2019ブリヂストンワールドソ・・・

ニュースを読む

帝人グループは、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に、帝人の高機能素材を搭載した豪AEV社の低速EVを国内初公開する。

AEV社が開発を進める低速EVは、駆動部とその上に搭載する交換可能なボディにより構成。ボディを交換することで、多様な車両として活用できる。今回の展示では、このコンセプトカーにPC樹脂グレージングなどを搭載し、乗車する人の開放感や、滑らかで美しいデザインを・・・

ニュースを読む

熱可塑性炭素繊維 CFRTP を量産車の構造部材に採用 帝人のセリーボ

by レスポンス編集部 on 2019年05月08日(水) 10時26分

帝人は5月7日、熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRTP)製品『セリーボ』がゼネラルモーターズ(GM)のピックアップトラック2車種に採用されたと発表した。CFRTPが量産自動車の構造部材に使用されるのは世界で初めて。

セリーボは、世界で初めて製造タクトタイムを約1分にまで短縮したことで、自動車部品の量産部品を可能にしたCFRTP。GMが今夏から市場投入するGMCブランドのピックアップトラック『シエラ』の、「シエラ・デナリ1500』と「シエ・・・

ニュースを読む

素材技術でつながる日独産学連携…NRW州セミナー

by 中尾真二 on 2019年04月05日(金) 09時00分

4日、都内にて、ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW州)の素材・材料技術、生産技術に関するセミナーが開催された。NRW州はドイツ有数の工業・産業都市。アーヘン工科大学を筆頭に産学連携の盛んな地域。また、多くの日本企業も進出し、ジョイントベンチャーや革新技術の交換、投資も広がっている。

セミナーの主催は、ドイツNRW州投資公社とその日本法人(NRWジャパン)。後援は日本貿易振興機構(JETRO)とドイツ科学・イノベーション・・・

ニュースを読む

樹脂製フロントウインドウ搭載の トミーカイラZZ、2019年春に発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年09月13日(木) 12時30分

GLMは、世界初となる樹脂製フロントウインドウ搭載のスポーツEV「トミーカイラZZ 特別仕様」を2019年春に発売すると発表した。

GLMと帝人は、スポーツEV『トミーカイラZZ』への採用を念頭に樹脂製フロントウインドウを共同開発していた。軽量かつガラスの200倍の耐衝撃性を持つポリカーボネート樹脂(PC樹脂)の表面を帝人が開発したコーティング剤で特殊加工。傷つきやすいPC樹脂の耐摩耗性を強化ガラス並に高めることで車に適用できるように・・・

ニュースを読む

帝人、欧州で自動車軽量化部材を製造するTier1サプライヤーを買収

by レスポンス編集部 on 2018年08月22日(水) 15時15分

帝人は自動車部品事業を強化する一環として、ポルトガルの自動車向け複合材料成形メーカーであるイナパル・プラスティコを買収すると発表した。

イナパルは、熱硬化性樹脂をガラス繊維に含浸させシート状にした成形材料を使った自動車部品を提供しているTier1(一次部品メーカー)で、炭素繊維を使用した軽量部品の技術を数多く持つ。自動車業界で「クラスA」と呼ばれる美麗な外観を持つ外板部品を製造する能力があり、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMW、ジ・・・

ニュースを読む

帝人フロンティアは、自動車向け内装材事業をてがけるドイツのジーグラーを、1億2500万ユーロで買収すると発表した。帝人グループとして欧州に自動車向け内装材の生産・販売拠点を確保、欧州をはじめとする同事業のグローバル展開を加速する。

ジーグラーは、長年培ってきた不織布の生産・加工技術を応用、高い静音性能を持つ吸音材製品を市場投入しており、欧州で高いシェアを持つ。欧州自動車市場では、シートワディング材のリーディングメーカーとなっている。
・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

ノロマなカメ

BMW 218i アクティブツアラ...

車種名:BMW 2シリーズ (ミニバン)
投稿ユーザー:ノロ***** さん
総合評価:

通勤で往復250km(内高速200km)を走っていますが、毎回20km/...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針