ダイムラー(Daimler)

カーライフニュース - ダイムラー(Daimler)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイムラートラック(Daimler Truck)とロールスロイスPLC(Rolls-Royce PLC、高級車のロールスロイスとは別会社)は5月26日、燃料電池の分野で提携を結ぶことで合意した、と発表した。

両社は、データセンターなどの安全性が重要な施設向けのCO2ニュートラルな非常用発電機として、定置型の燃料電池発電機を共同開発する。現在、非常用発電機の多くが、ディーゼル燃料を使用している。これを、燃料電池発電機に置き換えることを目・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は5月25日、2022年から世界中のすべての生産拠点を、CO2ニュートラルにすると発表した。

全生産拠点のCO2ニュートラル化は、ダイムラーがメルセデスベンツを含めたグループ全体の中期経営計画として発表した「アンビション2039」(Ambition2039)と密接な関係がある。

アンビション2039では、今後の20年間で、メルセデスベンツ乗用車の向かう方向性を示した。2030年までに新車・・・

ニュースを読む

アストンマーティン(Aston Martin)は5月26日、新CEOにトビアス・メールス氏が8月1日付けで就任すると発表した。アンディ・パーマー社長兼CEOは退任する。

トビアス・メールス氏は、ダイムラーで25年以上、上級職を経験した。2013年10月からは、メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGの会長兼CEOの地位にある。同氏のリーダーシップのもと、メルセデスAMGは製品ラインナップを2倍以上に増やし、販売台数を4倍に拡大・・・

ニュースを読む

ダイムラーは5月12日、次期メルセデスベンツ『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)のプロトタイプのティザーイメージを公開した。

これは、ダイムラーとメルセデスベンツの取締役会のオラ・ケレニウス会長が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により休止していたメルセデスベンツのドイツ・ジンデルフィンゲン工場の生産再開に立ち会った際の映像だ。

ジンデルフィンゲン工場では、メルセデスベンツSクラスが組み立て・・・

ニュースを読む

ダイムラー、世界販売は17%減 2020年第1四半期

by 森脇稔 on 2020年05月01日(金) 15時00分

ダイムラー(Daimler)は4月29日、2020年第1四半期(1〜3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は64万4300台。前年同期比は17%減と、2年連続で前年実績を下回った。

総販売台数64万4300台のうち、主力のメルセデスベンツ乗用車は47万0600台。前年同期比は15%減と、2年連続のマイナスだった。

第1四半期の市場別実績では、欧州が18万8963台を販売した。前年同期比は15.9%減と、2年連続のマイナスだ・・・

ニュースを読む

ダイムラー、実質利益は78%減 2020年第1四半期決算

by 森脇稔 on 2020年04月30日(木) 16時00分

ダイムラー(Daimler)は4月29日、2020年第1四半期(1〜3月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は、372億ユーロ(約4兆3130億円)。前年同期の397億ユーロに対して、6.3%減と2年連続のマイナスとなった。

また、第1四半期のEBIT(利払い・税引き前利益)は、6億1700万ユーロ(約715億円)。前年同期の27億9800万ユーロに対して、78%の減益となった・・・

ニュースを読む

ダイムラー(Daimler)は4月23日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と戦う医療従事者を支援するため、メルセデスベンツの工場からフェイスシールドの出荷を開始した、と発表した。

ダイムラーは、自動車生産の大部分が中断されている中、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるために、さまざまな方法で国際的リソースを活用している。「Daimler Help」と呼ばれる活動の最新の成果が、プラスチック製のフェイスシールドだ。

この・・・

ニュースを読む

ダイムラーの実質利益78%減 2020年第1四半期暫定決算

by 森脇稔 on 2020年04月23日(木) 15時30分

ダイムラー(Daimler)は4月22日、2020年第1四半期(1〜3月)の決算(暫定値)を発表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の第1四半期の調整後のEBIT(利払前・税引前利益)は7億1900万ユーロ(約837億円)。前年同期の23億1000万ユーロに対して、78%の減益となった。

グループ全体の7億1900万ユーロの調整後EBITのうち、主力のメルセデスベンツ(乗用車とバン)は、6億0300万ユーロ(・・・

ニュースを読む

ダイムラートラック(Daimler Truck)とボルボグループ(Volvo Group)は4月21日、燃料電池の量産に向けて合弁事業を設立することで合意した、と発表した。

両社は合弁事業を通して、大型車両やその他に適用する燃料電池システムの開発、生産と商用化を目指す。ダイムラートラックは現在の燃料電池業務をすべて、この合弁事業に集約する。ボルボグループは、この合弁に6億ユーロを出資する。

ボルボグループとダイムラーは、独立した企業・・・

ニュースを読む

「メルセデス」の名前のつく車が走り出して120年

by 高木啓 on 2020年04月20日(月) 12時30分

「メルセデス」が当時のダイムラー自動車会社によって製品名に採用されたのは1900年のこと。120年の歴史を持つこのブランド名は、実業家エミール・イェリネックの娘、メルセデス・イェリネックに因む。

自動車産業が黎明期だったその当時、自動車愛好家でビジネスマンでもあったエミール・イェリネックは、覚えやすいブランド名の重要性を認識していた。イェリネックは1900年4月、ダイムラーとの間で自動車とエンジンの供給・販売について契約し、新しく開発・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

重ちゃん

オートクルーズ

車種名:ホンダ ステップワゴン
投稿ユーザー:重ち***** さん
総合評価:

市内走行でも車間を開けて、オートクルーズを使って走らせると燃費が上がるよ...[ 続きを見る ]

mashita

4年半、8万km走行したので再レビ...

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:mas***** さん
総合評価:

ファミリーカーとしての実用性と、EyeSightの運転支援システムは、長...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針