住友金属工業

カーライフニュース - 住友金属工業

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新日鐵住金(しんにってつすみきん)は、11月2日に一般社団法人素形材センターより第34回素形材産業技術賞 素形材センター会長賞を受賞したと発表した。

受賞した「量産二輪車向けチタン製燃料タンクの成形技術の開発」は、二輪車燃料タンクの軽量化に資する技術。この技術によって生産されたチタン製タンクは、ホンダの量産二輪車(2017年モデル『CRF450R』、同シリーズの『CRF250R』、そして『CRF450L』、『CBR1000RR SP』・・・

ニュースを読む

古河スカイと住友軽金属工業は8月29日、2013年10月1日付けで経営統合することで基本合意したと発表した。古河スカイの岡田満社長は、経営統合で「世界的な競争力を持つアルミニウムメジャー会社」を目指すと述べた。

古河スカイはアルミ板の生産能力が年間41万2000トンで、国内トップ、住友軽金属の生産能力は年間33万8000トンで国内2位で、国内の1位と2位のアルミメーカーが合併することになる。ただ、国内のアルミメーカーは規模が小さく、古・・・

ニュースを読む

新日鉄と住金の合併承認、世界2位の鉄鋼メーカーが誕生

by 編集部 on 2012年06月27日(水) 11時00分

新日本製鐵と住友金属工業は6月26日、それぞれの定時株主総会で、10月1日付けでの経営統合が承認され、合併することが正式に決定した。

両社は4月27日に株式交換契約、合併契約を締結しており、それぞれの定時株主総会で承認された。当初の予定通り10月1日付けで両社は経営を統合し「新日鐵住金」が発足する。粗鋼生産規模でアルセロールミタルに次ぐ世界2位の鉄鋼メーカーとなる。

両社は今後、経営統合に向けた準備を加速して総力を結集して統合会社の・・・

ニュースを読む

住友金属など3社、自動車を軽量化する量産加工技術を完成

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年04月23日(月) 08時00分

住友金属工業、住友鋼管、住友金属プラントの3社は20日、自動車軽量化の画期的技術、3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)を開発、量産加工技術を完成したと発表した。

3DQ技術は、様々な形状の鋼管(丸管、角管、各種異形鋼管等)を、局部的に加熱して曲げ加工し、直後に水で急冷して焼入れを行う連続プロセス。金型を用いずに、複雑な形状の超ハイテン鋼管部材を製造できるという特長があり、従来加工法では達成できなかった1470MPa以上の強度の鋼管部材の製造・・・

ニュースを読む

新日鉄住金のトップ人事を内定、社内融和を優先

by 編集部 on 2012年03月05日(月) 10時45分

新日本製鐵と住友金属工業は、今年10月に合併して発足する「新日鉄住金」のトップ人事を発表した。

合併新会社の会長には宗岡正二(新日鉄社長)が、社長には友野宏住友金属社長がそれぞれ就任する。会長がCEO(最高経営責任者)、社長がCOO(最高執行責任者)を兼任し、取締役会や株主総会の議長は会長兼CEOが担当する。

新日鉄と住友金属は今年10月に「対等な精神」での合併で合意したが企業規模から見て、事実上、新日鉄による住友金属の吸収合併だ。・・・

ニュースを読む

新日鉄、住金の株価下落で投資有価証券評価損846億円

by 編集部 on 2012年01月06日(金) 15時43分

新日本製鐵は、2011年10〜12月期(第3四半期)の連結決算で、投資有価証券評価損846億円を計上すると発表した。

同社が保有する有価証券のうち、時価が大幅に下落したものを減損処理による投資有価証券評価損とし、846億円の特別損失を計上する見込みになったと、している。同社が保有する住友金属工業の株価が大幅に下落したため。

同社の前期(2011年3月期)連結決算の最終利益は931億円で、今期の投資有価証券評価損だけでこのうちの9割が・・・

ニュースを読む

日本鉄鋼連盟の林田英治会長は12月20日開催した記者会見で、公正取引委員会が新日鉄と住友金属の合併を基本的に認定したことについて「競争実態を理解し、早めに結論を出したことに敬意を表したい」と歓迎する意向を示した。

国内トップの新日鉄と3位の住金の合併は、公取が世界シェアを考慮して合併を認定するのか、その判断が注目されていた。公取は審査の締め切り前に一部条件付きながら合併を認定すると発表した。

林田会長は「今回の審査はスムーズで他産業・・・

ニュースを読む

新日本製鐵と住友金属工業は、公正取引委員会が両社の合併を基本的に承認したことについて「短期間のうちに精力的に審査を進めて頂き、各取引分野の競争実態を十分に踏まえた審査を行って頂いたものと受け止めている」と歓迎するコメントを発表した。

両社は今年2月に経営統合に向けた検討開始で合意し、5月31日に公取に届け出た。公取は2次審査の審査期限前のスピード審査で両社の合併を認めた。

両社は今回の公取の承認を受けて具体的な統合準備を加速させる意・・・

ニュースを読む

公正取引委員会、新日鉄と住金の合併認める

by 編集部 on 2011年12月14日(水) 15時56分

公正取引委員会は12月14日、新日本製鐵と住友金属工業の合併を認めると発表した。両社は合併して粗鋼生産量世界2位の鉄鋼メーカーとなる。

新日鉄と住金は合併することで合意し、今年5月31日に公取委に申請していた。

国内鉄鋼メーカートップの新日鉄と3位の住金の合併を公取委が認めるのか判断が注目されていたが、公取委は「当事会社(新日鉄と住金)が申し出た問題解消措置を前提とすれば一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならない」・・・

ニュースを読む

マツダ CX-5、世界最高強度の自動車用高張力鋼板を採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2011年10月04日(火) 16時28分

マツダは4日、住友金属工業、アイシン高丘と共同で、世界最高の強度をもつ1800MPa級高張力鋼板を用いた自動車用部材の開発に成功したと発表した。

新開発したのは、フロントおよびリアバンパーの内側に設置し、衝突時に車体が受けるダメージを低減させるバンパービーム。従来の部材に比べ約20%の強度アップを実現しながら、約4.8kgの軽量化を達成している。

マツダは、このバンパービームを取り入れた軽量高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY(・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ukwagon

カッコイイ良いクルマ

車種名:トヨタ ハリアー
投稿ユーザー:ukw***** さん
総合評価:

SUVは投影面積が大きいので、余り燃費に期待していませんでしたが、先進の...[ 続きを見る ]

NISMO:NE

e-power NISMO スポリ...

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:NI***** さん
総合評価:

スポーツリセッティングを行って1年使用しました。給油回数は、変わらず 今...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針