JFE

カーライフニュース - JFE (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

JFEエンジニアリングと川崎市は、廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集の実証試験を、川崎市浮島処理センター(川崎市川崎区)で開始した。

廃棄物発電を活用した「ゼロ・エミッションシステム」によるごみ収集実証実験は、ごみ焼却発電施設で発電する電力を活用し、電池交換型EVごみ収集車を使う日本初の実証試験となる。

廃棄物発電を活用し、走行中のCO2排出量・排出ガスがゼロで、オール電動化によって静音な運行・作業が可・・・

ニュースを読む

JFEスチールは1月12日、インドネシア子会社の自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備を稼動開始したと発表した、

JFEスチールは、インドネシア子会社を通じ、同国初の自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備の建設工事を首都ジャカルタから南東約30kmの西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地内で進めてきたが、今回、当初計画を2か月前倒して、同設備を稼動させた。年間生産能力は40万トン。今後は試験生産、顧客の承認を経て、本格的に営業生産を開始する予定だ。

イ・・・

ニュースを読む

JFEスチールは、自動車材料向けに優れた伸び特性と穴広げ性を両立する引っ張り強度980MPa級高張力冷延鋼板を開発した。

従来の同社汎用型980MPa級冷延ハイテンと比較し、伸び値は2割向上、穴広げ率も2倍高くなる。複雑な形状の部品を高強度化することで、車体衝突性能の向上と、軽量化による燃費向上に貢献する。

自動車用の骨格部品には、耐衝突特性の向上と車体軽量化による燃費改善を両立するため、超ハイテンの適用が拡大している。しかし、超ハ・・・

ニュースを読む

JFEスチール、自動車向け難加工部品用の成形技術を開発

by レスポンス編集部 on 2015年12月11日(金) 15時30分

JFEスチールは、自動車用部品などのプレス加工が難しかった難加工部品に適用できる、新しい成形技術を開発した。

開発した技術は、通常2段階でのプレス加工のうち、1工程目の形状を最適形状に設計することで、難形状部の加工を可能にする。軟鋼から超ハイテン材まで、素材の強度にかかわらず適用できるため、部品の性能やデザイン性の向上、軽量化にも貢献する。

従来、2段階でプレス加工が行われていたが、1工程目の形状設計は人の経験や勘に頼っており、難し・・・

ニュースを読む

減少傾向をたどっているとは言え、まだまだ多い放置自転車。そんな放置自転車の解消にもってこいなのが、JFEエンジニアリングの機械式立体駐輪場「サイクルツリー」だろう。2010年頃から需要が増え、問い合わせが相次いでいるそうだ。

同社は2001年から機械式立体駐車場を販売しているが、その特徴は入出庫が至って簡単なこと。自転車を入庫口にセットすると、ICタグ読み取り機が自転車につけたICタグを読み取り、機械が自動で入庫作業を開始し、わずか5・・・

ニュースを読む

JFEスチールは、世界最高圧となる100MPaの高圧水素ガス透過試験装置を開発したと発表した。

高圧水素ガス環境下、水素が鋼材内へ侵入・拡散する速度の計測、鋼材内を透過する水素量の検出が可能となる。

トヨタ自動車の燃料電池自動車を市販開始や、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの選手村の「水素タウン構想」など、次世代クリーンエネルギーとして水素が注目されている。その中で、燃料電池自動車に使用される鋼材は、燃料タンクや水素ステ・・・

ニュースを読む

JFE商事、メキシコで自動車向け引抜鋼管を合弁で生産へ

by 編集部 on 2015年02月18日(水) 14時45分

JFE商事とサンキンは、メキシコの鋼管メーカー・PRODUCTOS LAMINADOS DE MONTERREYと、メキシコで自動車向け引抜鋼管を合弁で製造する新会社の設立を検討することで基本合意した。

メキシコは、米国との自由貿易協定や安価な労働力を背景に、欧米や日系の自動車メーカー、サプライヤーが数多く進出している。自動車部品メーカーで現地調達化のニーズが高まっており、より高級な引抜鋼管の需要が増大している。

3社は、これらのニ・・・

ニュースを読む

JFEエンジニアリングと川崎市は、廃棄物発電を活用した「エネルギー循環型ごみ収集システムの実証実験」の検討を開始すると発表した。ごみ焼却施設で発電された電力を活用し、EVのごみ収集車の運行を計画する。

「エネルギー循環型ごみ収集システム」は、廃棄物発電を活用して複数の電池を随時充電・備蓄し、スピーディな交換を実現することで、ごみ収集が可能となる。またEVごみ収集車用の交換式電池は、自治体の災害対策拠点などの非常用電源としても活用できる・・・

ニュースを読む

JFEスチールは、引張強度980MPa級高張力熱延鋼板「JFE-HA980SB」が、三菱ふそうトラック・バスの大型トラック『スーパーグレートV』のフロントアンダーランプロテクションに採用されたと発表した。

980MPa級の高張力熱延鋼板がトラック車体の量産部品に採用されたのは世界で初めて。高張力熱延鋼板は強度が高いことから板厚を薄くでき、軽量化できる。

自動車の衝突安全部品の素材は、高強度で厚肉の鋼板を使用している。特にトラックの場・・・

ニュースを読む

JFEスチールは、自動車の骨格部品用に、伸び特性に加えて伸びフランジ成形性にも優れた590〜980MPa級の高伸び-伸びフランジ型高張力合金化溶融亜鉛めっき(ハイテンGA)鋼板の開発に世界で初めて成功した。

骨格部品には、複雑な形状を持ち、伸びだけでなく高い伸びフランジ成形性を必要とするため、高強度鋼板の適用が進展しにくい部品がある。

強度と伸び特性を両立させるため、硬度差のある複数の金属組織を鋼板の中に共存させる方法が採用されてき・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

初ベンツ

車種名:メルセデスベンツ Cクラス (ステーションワゴン)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

前車からの乗り換えで、約1年半かけて探し続け、ようやくたどり着きました。...[ 続きを見る ]

yama

燃料

車種名:三菱自動車 eKワゴン
投稿ユーザー:yam***** さん
総合評価:

初めての燃料計測です。燃料18.65 古い車の3ATにして燃料まずまず。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針