上海モーターショー

カーライフニュース - 上海モーターショー (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルグワーナー(BorgWarner)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、新開発の「OBC」(オンボード・バッテリー・チャージャー。電動パワートレイン車向けの車載充電器)を初公開した。

ボルグワーナーの新開発OBCは、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)のどちらにでも使用できる。出力は7.4kwと11kwの2種類が用意されている。

ボルグワーナーの新開発OBCの特長は、三相電源入力により、強力で効率的、スピーデ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、フォルクスワーゲン『SMVコンセプト』(Volkswagen SMV Concept)を初公開した。

SMVコンセプトは、フォルクスワーゲングループと第一汽車の中国合弁、一汽フォルクスワーゲンの歴史において、最もプレステージ性の高い自動車を提案するコンセプトカーだ。車名の「SMV」のMは、マルチパーパスを意味している。

高いプレステージ性が表現された部分・・・

ニュースを読む

ルノーは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、ルノー『シティK-ZE』(Renault City K-ZE)を初公開した。

ルノーは2018年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2018において、EVコンセプトカーの『K-ZE』(Renault K-ZE)を発表した。同車は、AセグメントサイズのコンパクトSUVのEVを提案したコンセプトカー。上海モーターショー2019で初公開されたシティK-ZEは、コンセプトカーの・・・

ニュースを読む

カルマオートモーティブは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、ピニンファリーナ(Pininfarina)と共同開発した電動コンセプトカー、『カルマ・ピニンファリーナGTクーペ』(Karma Pininfarina GT Coupe)を初公開した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動パワートレイン車向けの新開発エンジンマウントを発表した。

コンチネンタルのエンジンマウントは、電気モーターの要件を満たすように特別に設計されている。アルミや繊維強化の高性能ポリアミド製の軽量構造部品を、エンジンマウントに組み込んでいるのが特長だ。

また、全ての部品は、互いに協調するように調整されている。そのため、騒音や振動を最小限に抑え・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、フォルクスワーゲン『SUVクーペコンセプト』を初公開した。

SUVクーペコンセプトは、フォルクスワーゲングループと第一汽車の中国合弁、一汽フォルクスワーゲン初のクーペスタイルのSUVを提案するコンセプトカーになる。

SUVクーペは、プレミアムブランドが相次いで参入している成長分野だ。BMWがSUVの『X5』からクーペの・・・

ニュースを読む

カルマオートモーティブは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『レヴェーロGT』(Karma Automotive Revero GT)の2020年モデルを初公開した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『カルマ・レヴェーロ』・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動パワートレイン部品の中国での生産能力を大幅に引き上げると発表した。

中国では、政府が主導する形で、「NEV」(新エネルギー車。EVやプラグインハイブリッド車など)の販売台数が増加している。2018年は、過去最高の124万台を販売し、前年比は63%増と伸びた。これを受けてコンチネンタルは、電動パワートレイン部品の中国での現地生産能力を大幅に・・・

ニュースを読む

ボルグワーナー(BorgWarner)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動パワートレイン車向けの完全統合型ドライブモジュール、「eAxle iDM」を初公開した。

ボルグワーナーの「iDM」は、新開発のモジュラー式電動パワートレインだ。iDMには3つの仕様として、「iDM XS」、「iDM S」、「iDM M」を用意する。乗用車や商用車のフロントアクスル、リアアクスルに簡単に組み込めるのが特徴だ。iDMは、パッケ・・・

ニュースを読む

現在、中国では「新エネルギー車(NEV=New Energy Vehicle)」と呼ばれるEV、PHVおよびFCVの普及政策が採られている。そのため上海モーターショー2019では、日系自動車部品サプライヤーの多くが電動化に関する製品・技術展示に力を入れていた。

一方で世界の「メガサプライヤー」と呼ばれるドイツ勢は、中国においても安全、高効率および自動運転/ADASといった「メガトレンド」全てに対応可能な「統合システムサプライヤー」とし・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

としくん

納車1週間

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

定年後日産フーガから乗り換えです。 ☆納車1週間のインプレ。 納車まで8...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針