ルノー メガーヌ

カーライフニュース - ルノー メガーヌ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆メガーヌR.S.をさらに高性能化

ルノーはフランスで開幕したパリモーターショー2018において、新型『メガーヌR.S.トロフィー』(Renault Megane R.S.Trophy)をワールドプレミアした。同車は、新型『メガーヌR.S.』をベースに開発された、さらなる高性能モデル。

ベースとなった新型メガーヌR.S.のエンジンは直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。新型メガーヌR.S.トロフィーでは、ターボチャージャーや排・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、新型『メガーヌ R.S.』オーナーを対象とした「ドライビングアカデミー」を11月17日、富士スピードウェイ駐車場内特設コースで開催する。

新型メガーヌ R.S.は、モータースポーツへの挑戦で培ったノウハウと先進の技術を投入した、ルノーのフラッグシップスポーツモデル。パワートレーンは、最高出力279ps、最大トルク390Nmを発生する1.8リットル直噴ターボエンジンと、電子制御6速AT(6EDC)の組み合わせ。また、・・・

ニュースを読む

日本で走ることも想定して開発された
前後サスペンション、マクファーソン/トーションビーム。字面だけ捉えたら、何だ、大したことないじゃん?ってことになるのだが、この大したことない足を大したことあるものにするのが、ルノースポールのマジックである。

正直言って、骨格は『メガーヌGT』と何ら変わりの無いもの。ボディだけは幅が広がって、かなり厳つい雰囲気を醸し出す。勿論パフォーマンスもGTとは大違いなのだが、驚いたことにこのエンジン、基本的にあ・・・

ニュースを読む

今や絶対的に少数派の3ドアのMTのみという設定ながら……。いや、それだからこそという面もあったのだろう、熱狂的なファンに支えられてきたルノー『メガーヌR.S.』が生まれ変わった。しかもボディは久々に登場の5ドアに一本化され、トランスミッションは2ペダルのDCTになっての登場である。

実際に走らせてみても、まずは乗り心地の良さに驚かされることになる。4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(4HCC)と呼ばれるセカンダリーダン・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、F1をはじめとモータースポーツで培ったノウハウと先進の技術により、高いレベルのパフォーマンスを獲得した新型『メガーヌ・ルノー・スポール』(メガーヌR.S.。Renault Megane Renault Sport)を、8月30日から全国のルノー正規販売店で発売した。

4輪を操舵させることでワインディングでは俊敏に、高速コーナーでは安定性を高める「4コントロール」、ダンパーに内蔵されたセカンダリーダンパーの働きでリバ・・・

ニュースを読む

ルノーは7月19日、新型『メガーヌ R.S.トロフィー』(Renault Megane R.S. Trophy)を発表した。

同車は、新型「メガーヌR.S.」をベースに開発された、さらなる高性能モデル。ベースとなった新型メガーヌR.S.のエンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は先代比プラス7hpの280hp/6000rpm、最大トルクはプラス3.1kgmの39.8kgmを獲・・・

ニュースを読む

ルノー・ホットハッチの代名詞『メガーヌR.S.』の頂点に立つのが『メガーヌR.S.トロフィー』だ。先代モデルでニュルブルクリンクで市販FF車最速記録を打ち立てたのは2014年のこと。新型となったメガーヌをベースとした「トロフィー」、その市販プロトタイプをレスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。

ルノーは、2017年9月のフランクフルトモーターショーにて、新型メガーヌR.S.を発表した。ルノーの高性能車部門、ルノー・・・

ニュースを読む

とかく尖がったイメージの強い日本におけるルノーというブランドイメージ。勿論好対照の『カングー』なんていうクルマもあるし、『トゥインゴ』だって存在するが、イメージとしては個人的には尖がっているわけである。

『メガーヌ』というモデルは言うまでもなくCセグメントのハッチバックモデルであって、当然のことながらVW『ゴルフ』とか、プジョー『308』などとその市場を争うモデルである。つい最近で言うとトヨタ『カローラ・ハッチバック』なんかもこのセグ・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポン、カングーなど4モデルを4月2日より値上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月04日(日) 19時00分

ルノー・ジャポンは、日本で販売する一部ルノー車のメーカー希望小売価格を4月2日より改定すると発表した。

対象となるのは『トゥインゴ』(GT除く)、『ルーテシア』、『メガーヌ』、『カングー』の4車種。「トゥインゴ インテンス」が5万円アップの194万円、「ルーテシア インテンス」が5万円アップの234万円、「メガーヌ GT」が5万9000円アップの339万9000円、「カングー ゼン」が9000円アップの259万9000円など。

なお・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは『メガーヌR.S』 を中心に4台のスポールモデルを東京オートサロン2018に出展している。同社は2011年以降連続出展となる。

◇注目のメガーヌR.S

東京モーターショー2017に続き東京オートサロン2018にも展示されたメガーヌR.S。「東京モーターショーよりも更に嗜好性の高い来場者が見込めるイベントであり、かつ、皆さんの高い期待もあることから、このクルマは是非展示したかった」とは、ルノー・ジャポン広報グループの・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ときわ公園

実燃費29.1km/l

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

新車購入後1ヶ月弱で1500km走ってます。通勤は往復65kmで40km...[ 続きを見る ]

idcard

衝撃ニュース

車種名:スバル フォレスター
投稿ユーザー:idc***** さん
総合評価:

こんにちは!スバルについてのウェブサイトが今日ローンチされたようです。す...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針