ルノー メガーヌ

カーライフニュース - ルノー メガーヌ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ルノーは7月19日、新型『メガーヌ R.S.トロフィー』(Renault Megane R.S. Trophy)を発表した。

同車は、新型「メガーヌR.S.」をベースに開発された、さらなる高性能モデル。ベースとなった新型メガーヌR.S.のエンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は先代比プラス7hpの280hp/6000rpm、最大トルクはプラス3.1kgmの39.8kgmを獲・・・

ニュースを読む

ルノー・ホットハッチの代名詞『メガーヌR.S.』の頂点に立つのが『メガーヌR.S.トロフィー』だ。先代モデルでニュルブルクリンクで市販FF車最速記録を打ち立てたのは2014年のこと。新型となったメガーヌをベースとした「トロフィー」、その市販プロトタイプをレスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。

ルノーは、2017年9月のフランクフルトモーターショーにて、新型メガーヌR.S.を発表した。ルノーの高性能車部門、ルノー・・・

ニュースを読む

とかく尖がったイメージの強い日本におけるルノーというブランドイメージ。勿論好対照の『カングー』なんていうクルマもあるし、『トゥインゴ』だって存在するが、イメージとしては個人的には尖がっているわけである。

『メガーヌ』というモデルは言うまでもなくCセグメントのハッチバックモデルであって、当然のことながらVW『ゴルフ』とか、プジョー『308』などとその市場を争うモデルである。つい最近で言うとトヨタ『カローラ・ハッチバック』なんかもこのセグ・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポン、カングーなど4モデルを4月2日より値上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月04日(日) 19時00分

ルノー・ジャポンは、日本で販売する一部ルノー車のメーカー希望小売価格を4月2日より改定すると発表した。

対象となるのは『トゥインゴ』(GT除く)、『ルーテシア』、『メガーヌ』、『カングー』の4車種。「トゥインゴ インテンス」が5万円アップの194万円、「ルーテシア インテンス」が5万円アップの234万円、「メガーヌ GT」が5万9000円アップの339万9000円、「カングー ゼン」が9000円アップの259万9000円など。

なお・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは『メガーヌR.S』 を中心に4台のスポールモデルを東京オートサロン2018に出展している。同社は2011年以降連続出展となる。

◇注目のメガーヌR.S

東京モーターショー2017に続き東京オートサロン2018にも展示されたメガーヌR.S。「東京モーターショーよりも更に嗜好性の高い来場者が見込めるイベントであり、かつ、皆さんの高い期待もあることから、このクルマは是非展示したかった」とは、ルノー・ジャポン広報グループの・・・

ニュースを読む

ルノー メガーヌ R.S. 新型、価格は3万7600ユーロから

by 森脇稔 on 2018年01月11日(木) 20時45分

ルノーは、新型『メガーヌR.S.』のベース価格を3万7600ユーロ(約502万円)に設定すると発表した。欧州では、2月から受注を開始する予定。

同車は、新型『メガーヌ』をベースに、ルノーの高性能車部門、ルノースポールが開発を手がけた新型メガーヌの最強グレード。エンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。それでも、最大出力は280hp/6000rpm、最大トルクは39.8kgmと、先代を7・・・

ニュースを読む

ルノーは12月1日、EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトに参画し、1000台の『メガーヌ』を納入すると発表した。

EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトは、「SCOOP」と呼ばれるもの。現実の運転条件の下で、将来の車車間(V2V)および車両からインフラストラクチャ(V2X)への接続ソリューションなどのテストを行っている。

ルノーはこのSCOOPプロジェクトに参画し、1000台のメガーヌを納入すると発表。専用仕様のメガー・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは11月9日より、新型『メガーヌ』を発売した。4代目となる新型メガーヌは、GT及びGTラインの2種類が日本に導入され、どちらもルノー・スポールの手が入っている。

◇ドライビングプレジャー、コンフォート、コストパフォーマンス

4代目メガーヌの開発にあたり重視したポイントは3つある。ひとつはドライビングプレジャーで、Cセグメント初の4コントロール、いわゆる四輪操舵が採用された。これにより、「これまでにない異次元の楽しみが・・・

ニュースを読む

東京モーターショー、ルノー・ジャポンのブースは、F1参戦40周年をテーマにルノー・スポールモデルが展示されている。その中の1台はフランクフルトモーターショー2017でデビューしたばかりの『メガーヌ・ルノースポール(以下メガーヌRS)』だ。

メガーヌRSはルノー・スポールのフラッグシップモデルに位置付けられ、ニュルブルクリンクのFF市販車最速ラップを2回も記録したクルマだ。日本においても「鈴鹿サーキットなど多くのサーキットで卓越した記憶・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは1977年にルノーがF1にチャレンジを開始し、40周年を迎えたたことを記念し、東京モーターショーブースのテーマをルノー・スポールとし、ルノー・スポール系モデルのみの展示とした。

1977年、ルノーはモータースポーツの最高峰であるF1に参戦。当時、自然吸気があたり前だったが、ルノーはターボエンジンを搭載したマシンでチャレンジを開始した。「最初はうまくいかなかったが、チームの強いパッションでこれを支え、1979年、3年目・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

高橋健一

高速+一般道

車種名:マツダ デミオ
投稿ユーザー:高橋***** さん
総合評価:

最近は高速+一般道でエコ運転で、リッター20kmは出ます。 以下、詳細...[ 続きを見る ]

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針