オペル ヴィータ、コルサ

カーライフニュース - オペル ヴィータ、コルサ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

オペルは、新型『コルサ』のEV、『コルサe』(Opel Corsa-e)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、2万9900ユーロ(約352万円)と発表されている。

オペルは2020年2月、日本市場に再参入すると発表した。2021年に予定される再参入時には、コルサ、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を投入する。コルサのEV、コルサeも日本市場に導入される計画だ。

◆航続は最大337km

第6世代のコルサをベ・・・

ニュースを読む

オペルは2月18日、日本市場に再参入することを発表した。2021年に予定される再参入時には『コルサ』、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を導入する。オペルの電動化戦略も同時に推進し、コルサではフルEV、グランドランドXではPHEVも導入される。

◆コルサ

5ドア・ハッチバックのコンパクトカー、コルサは、ドイツでは2019年11月にモデルチェンジされたばかりの新型。ドイツでの価格は付加価値税込み(以下同様)1万3990ユー・・・

ニュースを読む

オペルは、2021年に日本市場に再参入、『コルサ』など3モデルを導入すると発表した。

オペルは、1862年にドイツ・ルッセルハイムで創立。1931年にGMの完全子会社となり、日本ではヤナセなどが輸入販売を行っていた。GMは2001年、直営ディーラー網による販売をを開始。しかし、売れ行きは低迷し、2006年に日本市場から撤退。2017年、オペルはPSA・プジョーシトロエンに売却された。

15年ぶりの日本市場参入となる2021年、オペル・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GM の欧州部門のオペルグループは5月11日、4月の欧州販売の結果を公表した。オペルとボクスホールを合わせた総販売台数は、およそ9万2700台。前年同月比は4%増だった。

信用不安を抜け出した欧州では、オペルの市場シェアが拡大。4月の欧州での市場シェアは5.64%と、前年同月に対して、0.1ポイント上昇している。

市場シェア拡大の要因は、小型車の好調。新型『コルサ』が、前年同月比20%増と好調。累計受注は20万台・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、新型『コルサOPC』を初公開した。

新型コルサOPCは、オペルの主力コンパクトカー、『コルサ』の新型をベースに開発された高性能グレード。OPCとは、「オペル・パフォーマンス・センター」の意味。オペル『アストラ』など、一部オペル車の高性能グレードとして、設定されてきた。

新型コルサのOPCでは、パワートレインに1.6リットル直列・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは2月4日、新型『コルサOPC』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー15で初公開される。

新型コルサOPCは、オペルの主力コンパクトカー、『コルサ』の新型をベースに開発された高性能グレード。OPCとは、「オペル・パフォーマンス・センター」の意味。オペル『アストラ』など、一部オペル車の高性能グレードとして、用意されてきた。

オペルはジュネーブモーターショ・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルの主力コンパクトカー、『コルサ』。同車の新型に、高性能モデルが設定されることが判明した。

これは1月29日、オペルが公式ブログを通じて、明らかにしたもの。『コルサOPC』の開発プロトタイプ車の姿を公開している。

OPCとは、「オペル・パフォーマンス・センター」の意味。オペル『アストラ』など、一部オペル車の高性能グレードとして、用意されてきた。

今回、オペルは公式ブログにおいて、新型コルサに・・・

ニュースを読む

ユーロNCAPコンソーシアムは12月3日、新型オペル『コルサ』の衝突安全テストの結果を公表した。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセットが64km/h、側面が50km/h、ポール衝突が29km/h、歩行者衝突が40km/hで実施。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で行う衝突テストとして知られる。

ユーロNCAPは、2009年2月から新評価システムを導入。評価の割合に応じたポイント配分システムを採用した。最重要視さ・・・

ニュースを読む

オペル コルサ 新型、欧州予約受注が3万台突破

by 森脇稔 on 2014年10月29日(水) 15時30分

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは10月21日、新型『コルサ』の欧州予約受注が累計3万台を超えた、と発表した。

新型コルサは2014年10月上旬、パリモーターショー14で初公開。5世代目となる新型コルサでは、欧州Bセグメントの新基準となる動力性能、快適性、機能性を備えることを目指して開発。ボディサイズは全長が4020mmと、現行型をほぼ継承。それでいて、全ての乗員に快適な室内空間が追求された。運転席周りは、操作性を重視した設・・・

ニュースを読む

米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14において、新型『コルサ』を初公開した。

現行コルサは2006年に発表。コルサとしては、4世代目モデルにあたる。欧州ではBセグメントに属し、フォルクスワーゲン『ポロ』、プジョー『208』、ルノー『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)などと競合。2代目、3代目モデルは日本市場にも導入され、『ヴィータ』として販売された過去がある。

5世代目となる・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針