ホンダ NSX

カーライフニュース - ホンダ NSX

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2022年3月4日に発売されたPlayStation5(PS5)およびPlayStation4(PS4)用ソフトウェア『グランツーリスモ7』の最新アップデートを5月30日より配信開始した。

アップデートでは、新規収録車種としてホンダが誇るVETCを搭載するホンダ『シビックSiR II』(EG、1993年)をはじめ、JGTCで活躍したホンダ「NSX GT500」(2000年)、異色のスカイラ・・・

ニュースを読む

「Modulo(モデューロ)」は、ホンダの純正アクセサリーブランドとして1994年に誕生する。当時販売されていた『ビガー』用の2ピースアルミホイール「スター」からスタート。

その後サスペンションやエアロパーツなどのエアロパーツの発売、そしてコンプリートモデルであるModuloX(モデューロX)の発売を経て、今年2024年に30周年を迎えたのだ。

長い年月を経て熟成された“実効空力” 純正クオリティ+機能をもたせた安心のチューニングパ・・・

ニュースを読む

【クルマら部】クルマ愛クイズ!「気になる車名の由来」全4問を出題!

by レスポンス編集部 on 2024年03月09日(土) 09時15分

自動車ニュースのレスポンスが贈る、クルマ好きのためのLINE公式アカウント『クルマら部』(ベータ版)! 参加型コンテンツ「クルマの車論調査」から、クルマ好きの皆さんのクルマへのLOVEを試すクイズをご紹介!今回は、「気になる車名の由来」に関する全4問を出題です。

ピックアップしたのは三菱『トライトン』、ホンダ『NSX』、スバル『WRX S4』、レクサス『LFA』、スズキ『ジムニー』の5台。知っているようで知らない「車名の由来」、ぜひト・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)の米国部門は、SUV『CR-V』新型をベースとした新型燃料電池車(FCEV)を2024年、米国市場で発売する。

この燃料電池車は、2022年夏に米国で発表された新型CR-Vをベースに開発されている。FCEVが持つ短時間で水素を充填でき長距離走行できる特長に、家庭や街中で充電できるプラグイン機能を追加したモデルになる。

ホンダは、走行時に水しか排出しないFCEVを究極の環境車と位置づけ、1980年代後半から研究開発・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)は9月26日、10月に開催される「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」の出展内容を発表した。

ホンダは、出展車両のイメージスケッチを公開した。その中の1台が、スーパーカー『NSX』の後継モデルの可能性があると話題になっている。

イメージスケッチを見ると、2ドアクーペのフォルムやスリムなヘッドライト、大きく張り出したフェンダー、大型リアスポイラーなどが特長。NSXの遺伝子を受け継ぐ次世代スーパーカー・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは8月18日、次世代EVスポーツを提案するデザインスタディモデル、『プレシジョン・ビジョン』を「モントレー・カーウィーク2023」で初公開した。

プレシジョン・ビジョンは、米国ロサンゼルスのアキュラ・デザイン・スタジオによって製作された。EV時代におけるアキュラの「プレシジョン・クラフテッド・パフォーマンス」の未来を表現している。

プレシジョン・ビジョンは、スリリングなパフォーマンスを予感させ・・・

ニュースを読む

7月29日、30日に千葉県南房総市にある、会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB」の開業を記念して「房 巛 走 巛 祭 - BO SO SAI -」を開催。スーパーカーやレーシングマシン、クラシックカーなどジャンルを超越した希少な車両が約500台集まった。

また、普段は会員および会員の同伴者のみが利用できる同施設において、一般客向けに初めて開放された今回のイベント。多くの観客が会場に足を運び、29日は走行イベ・・・

ニュースを読む

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは6月15日、『NSXタイプS』(Acura NSX Type S)をベースにした「アクティブ・エアロ・スタディ」が6月25日、米国で決勝レースが行われる「第101回パイクスピーク国際ヒルクライム」に参戦すると発表した。

これは、北米のホンダ社員で構成される「クレイジーニュー」の最新プロジェクトだ。クレイジーニューは、「HART」(ホンダ・オブ・アメリカ・レーシング・チーム)に採用される前に、ユ・・・

ニュースを読む

タカラトミーアーツは、車のエンジン音が流れて赤ちゃんの笑顔を引き出すぬいぐるみ『赤ちゃんスマイル ホンダ サウンドシッター』を10月28日に発売する。

2018年、ホンダの検証により、車のエンジン音が赤ちゃんが母親のお腹の中で聞いていた胎内音に近いということが明らかになった。ホンダは約30車種のエンジン音を調査し、最も胎内音に近い周波数特性を持つのがスポーツカー『NSX』(2代目)のエンジン音だということが判明した。タカラトミーアーツ・・・

ニュースを読む

ARTA MECHANICS初の旗艦店『ARTA MECHANICS&INSPIRATIONS』が5月12日、東京・新木場にオープンした。

ARTAの正式名称は『AUTOBACS RACING TEAM AGURI』。元レーシングドライバーの鈴木亜久里氏とオートバックスが1997年に設立したモータースポーツプロジェクトだが、現在では『レース』と『スポーツ』を軸にしたレーシングスポーツブランドとしても展開している。

そんな中、TOUG・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2023-2024
e燃費アプリ

車レビュー

えんちゃんとーちゃん

燃費計算するにあたり

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:えん***** さん
総合評価:

プラグインハイブリッドの場合、フル充電で「80km」は走行できるので、私...[ 続きを見る ]

2024ponchan

昨年初度登録の車です。

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:202***** さん
総合評価:

燃費がいいですね。というのも、丸山モリブデンのプレミアムをエンジンオイル...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針