環境省

カーライフニュース - 環境省

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車は9月14日、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結した。自動車関連企業が環境省と本パートナーシップを締結するのは初めてとなる。

国立公園オフィシャルパートナーシップは、環境省と企業・団体が相互に協力し、国立公園の魅力を発信するとともに、国立公園利用者の拡大を図ることで、人々の環境保全への理解を深めるとともに、地域の活性化につなげる取り組み。日産自動車は、電気自動車(EV)を活用した国立公園の利用促進を図る。・・・

ニュースを読む

EVの駐車料金が無料…国立公園10カ所と国民公園2カ所

by レスポンス編集部 on 2021年03月31日(水) 06時15分

環境省は3月23日、2021年4月1日から国立公園10カ所と国民公園2カ所の有料駐車場で、電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の駐車料金を順次、無料化すると発表した。

環境省では、運輸部門の脱炭素化に向けてEVやFCVの普及を促進するため、自然公園財団、国民公園協会、関係地方公共団体などの協力を得て、国立公園、国民公園の有料駐車場で、EV、FCVの駐車料金を無料化していく。

無料化するのは十和田八幡平国立公園、磐梯朝日国立公・・・

ニュースを読む

補助金80万円…EV購入と100%再エネ充電セット購入で 申請受付開始

by レスポンス編集部 on 2021年03月29日(月) 09時17分

経済産業省と環境省は3月26日、2020年度第3次補正予算の「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の申請受付を同日に開始したと発表した。

経済産業省では「電気自動車(EV)・燃料電池自動車(FCV)」と、「充放電設備/外部給電器」をセットで導入する個人を支援する。また、環境省では、「再生可能エネルギー100%電力を調達」することを前提に、「電気自動車・燃料電池自動車等」を購入する個人、民間事業者(中小企業)、・・・

ニュースを読む

EVと充放電設備のセット購入で補助金80万円 12月21日から対象

by レスポンス編集部 on 2020年12月23日(水) 09時26分

経済産業省と環境省は12月22日、2020年度第3次補正予算案に「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」が盛り込まれたと発表した。

電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車と充放電設備、外部給電器を同時に購入する個人を補助する。

12月15日に閣議決定された2020年度第3次補正予算案に、電気自動車、燃料電池自動車と充放電設備/外部給電器をセットで支援する補助金が盛り込また。環境省は再生可能エネル・・・

ニュースを読む

「エコドライブ10のすすめ」 8年ぶりに見直し

by レスポンス編集部 on 2020年01月28日(火) 11時15分

経済産業省、国土交通省、環境省、警察庁で構成するエコドライブ普及連絡会は、エコドライブの普及・推進で統一的に用いている「エコドライブ10のすすめ」を見直した。

エコドライブ普及連絡会はこれまで、エコドライブとして推奨すべき「エコドライブ10のすすめ」を2003年に策定し、2006年と2012年に一部を見直した。前回の見直しから一定期間経過していることから、10のすすめの項目の見直しの必要性について、関係団体と点検した。

この結果、エ・・・

ニュースを読む

環境省の小泉進次郎大臣が24日、東京モーターショーを視察した。会場ではメーカーの展示を見学し、また、環境省の展示スペースを訪れ、出品物の開発担当者から解説を受けた。小泉大臣によると、環境省が作った車が東京モーターショーに出展されるのは初めてだという。

環境省は「ミライのクルマ」を謳う2台のコンセプトカー、『AGV』と『NCV』を展示した。AGVはミライの車のあるべき姿で、NCVは木から作る自然な車だという。

AGVは「All GaN・・・

ニュースを読む

せっかく鈴鹿の国際サーキットを走れるっつーのに、思いっきり踏めないなんて……。最初はそう思っていた。でもトライしてみたら、これがまたすっごい楽しい。アドレナリンが湧き出てきて、気づいたら大汗かいてて、競技車から降りたら身体がガクガクブルブル!

ここは鈴鹿サーキット国際レーシングコース。生まれて初めて、全日本エコドライブチャンピオンシップ(ECO DRIVE CHAMPIONSHIP 2018)に挑戦してみて、そう感じた。主催は全日本学・・・

ニュースを読む

燃料蒸発ガス回収機能を備えた給油所を認定 制度を創設

by レスポンス編集部 on 2018年07月19日(木) 10時15分

資源エネルギー庁と環境省は、燃料蒸発ガス回収機能を持つ計量機を設置した給油所を「大気環境配慮型SS」(愛称=イーアス)として認定する制度を創設した。

ガソリン給油時に発生する燃料蒸発ガスは、揮発性有機化合物(VOC)の一種で、光化学オキシダントやPM2.5の原因物質の一つとなる。

資源エネルギー庁と環境省は、燃料蒸発ガスを回収する機能のある計量機を設置した給油所を「大気環境配慮型SS」として認定し、広く公表することで、計量機の普及を・・・

ニュースを読む

国産メーカーのブースが集結する福岡モーターショー会場マリンメッセ福岡で、正面玄関に陣取ったのは、トヨタでも日産でもなく、環境省。なぜ、モーターショーに日本の行政機関で唯一、環境省が出展しているのか?

「地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(=賢い選択)」を立ち上げ、こうしたモーターショーなどでエコカーを選ぶことや、エコドライブの推進などを展開している」と話すのは、環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 国民生活対策室の・・・

ニュースを読む

国で推進している「エコドライブ10のすすめ」の最初に掲げられている ふんわりアクセル「eスタート」。その中身は「最初の5秒間で、20km/h」が目安である。○か? ×か?

環境省は、2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成(パリ協定)へ向け、「賢い選択」を啓発させる「COOL CHOICE」を展開。ブースでは10項目のエコドライブ作法を来場者に解説し、10月28日のステージでは、「チョイス!エコ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

のび

新車で購入16年4ヶ月、15万km...

車種名:ホンダ モビリオ
投稿ユーザー:のび***** さん
総合評価:

まだまだエンジン元気でシュンシュン回って燃費もよかったんですが、私もエア...[ 続きを見る ]

cmsc.kanchi

購入してから一年がたち27000キロ走った燃費の状況。 ・納車からの通算...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針