三菱 eKワゴン/eKカスタム

カーライフニュース - 三菱 eKワゴン/eKカスタム

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱自動車は、軽EV『eKクロスEV』の利便性や安全性を向上するなど一部改良を施し、5月16日より全国の系列販売会社で販売を開始した。

令和5年度補正予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」の対象であり、55万円の補助金を受けた場合の実質的な購入額は約200万円からとなる。さらに地域によっては自治体からの補助金も活用可能である。

主な変更点として、利便性向上のために定額で車内Wi-Fiのインターネット接続が可能となり、データ通・・・

ニュースを読む

三菱自動車と日産の軽EV、生産10万台を突破---eKクロスEV & サクラ

by レスポンス編集部 on 2024年03月22日(金) 14時00分

三菱自動車工業は3月21日、同社の水島製作所で生産している軽乗用EV『eKクロスEV』と日産『サクラ』の生産累計台数が、生産開始から約1年10カ月で10万台に達したと発表した。

eKクロスEVとサクラは、日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが企画・開発を担当し、2022年5月の生産開始以来、約1年で5万台、そして2年未満で10万台の生産を達成した。これらの車種は、EVのパイオニアである日産と三菱自動車の技術と知見が結集されたもので、数々・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』の安全装備や機能装備を追加するなど一部改良を施し、11月24日から販売を開始する。価格は138万9300円から202万7520円。

安全装備ではリヤカメラおよびリヤビューモニター付ルームミラー(自動防眩機能付)を全車標準装備とし、車両後方の視認性を向上させた。また、ドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する運転席SRSニーエアバッグと、リヤシートベルトのプリテンショナー機構を全車標・・・

ニュースを読む

2023年7月22日、23日の2日間、長野県白馬村にて開催された「第10回ジャパンEVラリー白馬2023」に三菱の軽EV『ekクロスEV』で参加した。東京から白馬までは片道およそ250km。往復で500kmの行程だ。航続距離180kmの軽EVでいかにして長距離移動をおこなったか。

eKクロスEVの性能、そして身をもって体感した一般道と高速道路の充電事情についてレポートする。

◆最初の充電から早くも予想外の事態に?
筆者は昨年のEVラ・・・

ニュースを読む

複数台のクルマを所有してきたクルマ好きである来山さん。移動用に買った三菱『eKワゴン』が気に入って本格的なオーディオインストールを実践。広島県のサウンドステーション アミューズで満足度の高いスピーカー&DSPアンプの取り付けを実施した。

◆エージングが進むとサウンド一気に変化
狙い通りの高音質化を聴く醍醐味を味わう
数多くのクルマを乗り継ぎ、所有してきた来山さんだったが、最近手に入れたeKクロスを気に入って“長く乗ることなる”と感じて・・・

ニュースを読む

これまで数多くのクルマを乗り継いできたクルマ好きの来山さん。しかもクルマを乗り換えるたびに各車にはオーディオを組んできた。そんな中、新たに導入した三菱『eKクロス』には広島県のサウンドステーション アミューズで本格的なシステムアップを開始した。

◆クルマ好きでこれまでも複数の車種を乗り継ぎ
そのたびにオーディオのシステムアップを実施
若い頃からクルマ好きでオーディオ好きだった来山さん。そもそもオーディオ好きになったきっかけは当時乗り始・・・

ニュースを読む

もう10年以上前の昔のことだが、当時EV(電気自動車)開発には消極的だった大手自動車メーカーの首脳が「クルマも白物家電のように秋葉原(家電量販店)で売る時代が来るかもしれない」と、危機感を抱きながら将来を予測していたことを思い出す。

◆2023年秋までに11店舗
その家電量販店チェーン最大手のヤマダホールディングス(HD)が、7月から三菱自動車のEVを販売するという。きょうの日経が1面トップ記事で「ヤマダ、三菱自EV販売」とのタイトル・・・

ニュースを読む

日産サクラ/三菱eKクロスEV、生産開始1年で累計5万台達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年05月31日(水) 16時00分

日産自動車、三菱自動車とNMKVは5月31日、軽電気自動車(軽EV)日産『サクラ』と三菱『eKクロスEV』を合算した生産累計台数が、生産開始から約1年で5万台に達したことを発表した。

サクラおよびeKクロスEVは、日産と三菱自動車の合弁会社NMKVの企画・開発マネジメントのもと、両社の得意とする電動化技術を融合した新世代の軽EVだ。両モデルは「2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、数多くの賞典を受賞。軽自動車+バッテ・・・

ニュースを読む

◆比較する車種のプロフィール
ダイハツ『ムーヴ』は全高を1630mmに設定した軽自動車のハイトワゴンだ。スライドドアなどは装着されないが、4名が快適に乗車できて、価格は割安に抑えられている。荷物も積みやすく、実用性を高めた。

今回取り上げるムーヴのライバル車は、日産『デイズ』と三菱『eKワゴン』&『eKクロス』の姉妹車だ。両車3仕様とも基本部分は共通化している。日産版のデイズには、標準ボディとエアロパーツを装着した「ハイウェイスター」・・・

ニュースを読む

日本で最も安全なクルマ---自動車アセスメント表彰式 5月23日に発表

by レスポンス編集部 on 2023年04月30日(日) 09時00分

国土交通省は、2022年度の自動車アセスメントで優れた成績を収めた車種を賞する「自動車アセスメント表彰式」を5月23日に開催し、ファイブスター賞の中で最も優れた成績を収めた「ファイブスター大賞」1車種を発表して表彰する。

国土交通省と自動車事故対策機構(ナスバ)は、より安全な自動車をユーザーが選択するのを促すとともに、自動車メーカーにより安全な自動車開発を促進するため、毎年、販売台数の多い車両を中心に自動車の安全性能に関して試験して、・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2023-2024
e燃費アプリ

車レビュー

2024ponchan

昨年初度登録の車です。

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:202***** さん
総合評価:

燃費がいいですね。というのも、丸山モリブデンのプレミアムをエンジンオイル...[ 続きを見る ]

運転志

一部区間バイパス走るも給油は

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告が今回は走行可能距離40kmで点灯。WLTC‐L13.3kmに対...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針