三菱 eKワゴン/eKカスタム

カーライフニュース - 三菱 eKワゴン/eKカスタム

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆ライバル不在の“超”個性派モデル

三菱自動車は『アウトランダー PHEV』や『デリカD:5』など、ほかにない魅力、機能溢れるクルマをそろえている。そんな三菱がおよそ6年ぶりに刷新した軽自動車、まるで新型デリカD:5をスケールダウンしたような顔つきを持つ『eKクロス』もまた、ライバル不在の超個性派モデルと言っていい。



eKシリーズは、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画し、三菱自動車の水島工場で生産される軽自動車であり、日産版は『・・・

ニュースを読む

三菱自動車は6月1日と2日の2日間、3月に発売した軽ハイトワゴン『eKクロス』の全国キャラバン走行イベントの一環として、名古屋の繁華街にて計11台のeKクロスによるキャラバン走行を実施した。

キャラバン走行したeKクロスは、ボディカラー全11パターンをそろえた11台で、一部車両はeKクロスのTVCMにも出演している俳優の竹内涼真さんのラッピングが施されたもの。

初日の1日は、3組に分かれたeKクロスのキャラバン隊が、名古屋市内の三菱・・・

ニュースを読む

◆SUVテイストに魅力

三菱『eK』シリーズは、日産『デイズ』と共同開発された軽自動車で、エンジンや足まわりなどの基本的な造りは同じだ。

ただし『eKクロス』のフロントマスクは、今の三菱車に共通する「ダイナミックシールド」のデザインで、『デリカD:5』に似ている。開発者は「日産のデザインしたボディに、三菱のフロントマスクを組み合わせるのに苦労した」という。

デイズとほぼ同じ外観の『eKワゴン』もあるが、魅力があるのはSUV風のeK・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、3月に発売した軽ハイトワゴン『eKクロス』新型の全国キャラバンを開始、9月まで全国10か所で実施する。

全国キャラバンでは、ボディカラー全11色のeKクロスを用意し、一部車両にはTV-CMに出演した竹内涼真のラッピングを施した。キャラバンは、5月25・26日に開催したキャンプイベント「スターキャンプ2019 in 朝霧高原」からスタート。6月1日・2日の「中京テレビまつり2019」では展示及び名古屋の街をキャラバン走行す・・・

ニュースを読む

日産自動車グループの部品メーカー、ジヤトコは自慢のCVT群を人とくるまのテクノロジー2019に展示した。その中で同社関係者が今回の目玉製品と示したのが、軽自動車専用CVT「Jatco CVT-S」で、世界初出展だという。

最大の特徴は小型、軽量で軽自動車に最適な変速比幅を持つ低燃費トランスミッションということ。従来の同クラスCVTに比べて約8%のフリクション低減と、約4.2kgの軽量化を実現した。「開発には非常に苦労し、3年ぐらいかか・・・

ニュースを読む

横浜ゴムは、三菱自動車が3月28日より発売した新型軽自動車『eKワゴン』『eKクロス』の新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-FE AE30」の納入を開始したと5月21日に発表した。装着サイズは155/65R14 75S。

BluEarth-FE AE30は、「環境性能のさらなる向上+人に社会にやさしい」をテーマとしたグローバルタイヤブランド「BluEarth」の低燃費スタンダードタイヤ。優れた低燃費性能を発揮するとともに・・・

ニュースを読む

かつて、三菱オリジナルだった初代『eK』シリーズには『eKアクティブ』と呼ばれるクロスオーバーSUVモデルが存在していたが、日産との共作となった先代では廃止、それがこの4代目にして復活したと言える『eKクロス』。日産『デイズ』には存在しないクロスカントリーやオフロード、そしてアウトドアを大きく意識したモデルだ。

◆街乗りなら自然吸気で十分


eKクロスはFFと4WDの2つの駆動方式が用意されるが、試乗できたのは4WDのみ。パワーユニ・・・

ニュースを読む

◆コンパクトカーに取って代わることのできる性能

三菱『eKワゴン』に試乗してまず感じたのは、本気でコンパクトカーの水準でクルマ造りをしていることだ。

いまや国内の販売台数の5割以上を軽自動車が占めており、ユーザーのニーズは軽自動車でありながらコンパクトカーに取って代わることのできる性能、そう合点して手加減なしに作った軽自動車ではないか。

企画・開発マネージメントは、三菱と日産の軽自動車開発のための合弁会社NMKV。プラットフォーム・・・

ニュースを読む

◆SUV的タフネスムードを漂わせる「クロス」


三菱『eKクロス(X)』は見るからに『デリカ D:5』の系譜、SUVのタフネスなムードを漂わせたモデルだ。

その一方、クルマの作りは使いやすさを徹底的に突き詰めており、姉妹車の『eKワゴン』同様、細部に至るまで徹底的な作り込が施されている。またアシスト系の装備の充実も特徴の一つ。運転支援系装備の三菱e-アシストや、オプション設定の運転支援システムであるMI-パイロットなど、軽自動車なの・・・

ニュースを読む

NMKVによって企画され、日産によって開発が進められた、三菱製『eKワゴン』。こう書くと話がかなりややこしい。

つまり三菱eKワゴンは、NMKVによって企画され、日産が開発し、三菱が生産する日産と三菱の兄弟車というわけ。特にeKワゴンの場合、日産『デイズ』と比較して、異なっているのは実にグリルだけなのである。だから試乗会を開催しても、同じクルマを2度乗ることになるわけで、さすがにそれじゃまずいということか、日産、三菱両社は、試乗会に持・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

しゅうちゃん

最高燃費は36キロ

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しゅ***** さん
総合評価:

買って最初の年に50キロの市街地走行(郊外?会社の行き帰りで)出ました。...[ 続きを見る ]

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針