トヨタ ヴィッツ

カーライフニュース - トヨタ ヴィッツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

HKSはHKSオリジナルエアロパーツの新商品として、トヨタ『GRヤリス』用「HKSボディキットタイプS」を発売する。

新商品は、HKSレーシングスタイルの趣を残し力強さを表現した車検対応エアロパーツ。空力解析を行いデザインされたエアロパーツを装着することで走行安定性能の向上を図る。

フロントスポイラーは、HKS歴代タイムアタックマシンの顔つきを受け継ぎ、力強さを表現している。車両スキャニングデータを元に設計することで高い寸法精度を実・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車とKINTOは、ユーザー一人ひとりに合わせて最新のソフトウェアを反映させていく新商品「GRヤリス“モリゾウセレクション”」の取扱いをKINTOにて開始した。

近年、トヨタはプライベーターチーム「ルーキーレーシング」と連携。マスタードライバー、レーサー、ラリースト、評価ドライバー、ジェントルマンなど、多種多様なドライバーが乗り、そのデータをフィードバックすることで、自動車開発のスピードを加速させてきた。豊田章男社長もドライバ・・・

ニュースを読む

「トムス GR86コンセプト」86/BRZファンイベントで初公開 6月6日

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年06月04日(金) 10時30分

トムスは、6月6日に富士スピードウェイで開催される86/BRZファンイベント「FUJI 86 TYLE with BRZ 2021」に出展。トムス『GR86コンセプト』を初公開する。

トムスGR86コンセプトは、トムスが描くスポーツテイストを盛込んだ1台。このほか、ラリードライバー勝田貴元選手プロデュース「トムスGRヤリス タイプTK」の初展示も予定している。

このほかブースでは、サーキットなどでしか手に入らないトムスグッズの販売も・・・

ニュースを読む

トムスは、GRヤリス用スタイリングパーツ「トムスGRヤリス」と、ラリードライバー勝田貴元選手プロデュースの「トムスGRヤリス タイプTK」を発表。6月下旬より順次、全国のトヨタディーラーおよびTOM'Sパーツ取扱店で販売を開始する。

トムスGRヤリスは、ノーマルバンパーに取り付けることで整流効果を発揮するディフューザーやカナード、リア周りにはリヤルーフウィングとリヤバンパーダクトでパフォーマンスを向上。さらに「タイプTK」では、勝田選・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は5月18日、部品供給不足により、6月に国内の完成車工場における生産稼働の調整を行なう予定であると発表した。稼働を停止するのは全14工場29ライン中、2工場の計3ラインだ。

5月18日時点での稼働停止予定は以下の通り(すべて2直稼働中)。

トヨタ自動車東日本
●岩手工場・第1ライン 6月7〜14、21〜22日の8日間
納期に影響が出る車種:C-HR
●岩手工場・第2ライン 6月9〜15日の5日間
納期に影響が出る車種:ヤ・・・

ニュースを読む

トヨタ ヤリス、全車速追従ACCなど安全・安心装備を充実

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年05月10日(月) 16時30分

トヨタ自動車は、コンパクトカー『ヤリス』を一部改良、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなど、安全・安心装備を充実させ、5月10日より販売を開始した。

今回の一部改良では、安全・安心に配慮した先進装備を充実させた。「全車速追従機能」を加えたレーダークルーズコントロールをハイブリッド車とガソリン車(1.5L・CVT)に標準装備。また、プリクラッシュセーフティに緊急時操舵支援機能を追加した。さらにインテリジェントクリアランスソナー・・・

ニュースを読む

BRIDE(ブリッド)は、車から取り外した純正シートを室内で使える「マルチキャスターPRO・ヤリス/GRヤリスタイプ」を5月10日より発売する。

新製品はトヨタ『ヤリス』および『GRヤリス』の純正シート(運転席・助手席)専用で、シート下に取り付けることでキャスターチェアにできるベースキット。車両から取り外した純正シートを、ただ置いておくのは場所をとってしまう、捨ててしまうのはもったいないという、シート交換時の悩みを解決し、室内で使うチ・・・

ニュースを読む

ブリッツ、エアクリーナーシリーズにヤリス用を追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年05月07日(金) 17時30分

ブリッツは、エアクリーナーシリーズ4製品にトヨタ『ヤリス』用を追加し、5月7日より販売を開始した。対応車種は『GRヤリスRS』『ヤリス』『ヤリスクロス』。

◆カーボンパワーエアクリーナー

カーボン製クーリングシールドとステンレスメッシュフィルターを組み合わせたハイグレードモデル。吸入面積を最大にできるM折り円錐型ボディを採用し、集塵性能と吸入効率を高次元でバランスさせた。大口径ファンネルを採用したカーボンシールドが周囲の放射熱を遮り・・・

ニュースを読む

ヤリス が N-BOX の4連覇を阻止---新車販売総合 2020年度車名別

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月07日(水) 06時45分

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は4月6日、2020年度(2020年4月〜2021年3月)の通称名別新車販売台数(速報)を発表。トヨタ『ヤリス』が20万2652台を販売し、初のトップとなった。

3年連続トップだったホンダ『N-BOX』は前年度比20.1%減の19万7900台。わずか4752台差で2位転落となった。3位は昨年同様、スズキ『スペーシア』で同9.1%減の14万5319台。以下、4位にダイハツ『タント』、5位に・・・

ニュースを読む

日本自動車販売協会連合会は4月6日、2020年度(2020年4月〜2021年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。『プリウス』以来、4年ぶりの20万台超えを達成したトヨタ『ヤリス』がトップとなった。

2位は12万0988台を販売したトヨタのコンパクトSUV『ライズ』。前年度トップのトヨタ『カローラ』は同1.4%減の11万2777台で3位にランクダウン。以下、『アルファード』『ルーミー』が続き、トップ5をトヨタが独占した。

・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針