トヨタ ヴィッツ

カーライフニュース - トヨタ ヴィッツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタのコンパクトハッチバック『ヤリス』(日本名:ヴィッツ)次期型に設定される、高性能バージョンと思わる開発車両をカメラが捉えた。

『スープラ』同様のカモフラージュが施された開発車両は4月にも捉えているが、今回捉えた車両は、ゴールドの大径ホイール、フロントスポイラー、大型ルーフスポイラーが装備されており、以前とは異なる試作車のようだ。


カメラマンによると、「GR SPORT」か「GRMN」の可能性があるという。「GR」ブランドは、・・・

ニュースを読む

トヨタのコンパクトハッチバック『ヤリス』(日本仕様の現行名はヴィッツ)の新型プロトタイプが、ニュルブルクリンクに出現した。

トヨタは4月のニューヨークモーターショー2019にて、北米向けヤリスを公開したが、欧州及び日本仕様は異なるデザインが予想されており、これが初のスパイショットだ。

北米仕様のヤリスは、マツダ『デミオ』のOEMとして開発、マツダ製1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載している。しかし、日本仕様はOEMとはな・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は6月26日、『アクア』など6車種について、ハイブリッドシステム停止により走行不能となるおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『アクア』『カローラアクシオ』『カローラフィールダー』『シエンタ』『ヴィッツ』『ジャパンタクシー』の6車種で、2018年2月6日〜11月15日に製造された1万9618台。

不具合の要因は、電圧変換装置(DC-DCコンバータ)制御基板の半田付けが不十・・・

ニュースを読む

トヨタ ヴィッツ、リアガラスが保安基準満たさず 全車交換へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年05月30日(木) 10時46分

トヨタ自動車は5月29日、『ヴィッツ』の助手席側後席ドアガラスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2019年1月22日〜2月7日に製造された2169台。

助手席側後席ドアガラスにおいて、生産設備のプログラムが不適切なため、冷却不良となり、ガラスの破砕要件を満たしていないものがある。そのため、ガラスが損傷した場合、破片が粉々にならず、保安基準第29条(窓ガラスの基準)に抵触するおそれがあ・・・

ニュースを読む

トヨタ『ヤリス』(ヴィッツ)のハイパフォーマンスモデルと思われる開発車両を、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。注目は、『GRスープラ』のプロトタイプで見られた迷彩をまとっている点だ。これは『GRヤリス』として設定される可能性があることを示している証拠だろう。

「GR」ブランドは、トヨタGAZOO Racingにより、モータースポーツから継承するノウハウを注入したスポーツカーシリーズだ。ハイエンドに「GRMN」、高性能・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は4月1日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、新型『ヤリスハッチバック』(Toyota Yaris Hatchback)を初公開すると発表した。マツダ『デミオ』ベースのOEM車となる。

◆米国向けヤリスはセダンに続いてハッチバックもマツダデミオのOEMに

トヨタは3年前のニューヨークモーターショー2016において、『ヤリス iA』を発表した。同車は、米国におけるトヨタの『ヤリ・・・

ニュースを読む

モースポフェス鈴鹿では様々なパフォーマンスが行われたが、トヨタ「ヤリスWRC」はこんなに飛ぶのか、というほどの大ジャンプを見せ、観客の度肝を抜いた。

モースポフェスでは、WRCに参戦しているヤリスと、レジェンドラリーカーのSUBARU(スバル)「インプレッサWRC ‘98」が、WRCストレートパフォーマンスと称して、鈴鹿サーキットのホームストレートをところ狭しと走り回り、特にヤリスは特設ジャンプ台からの大ジャンプを見せ、観客の度肝を抜・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門は1月16日、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』に相当)の2019年モデルに、「GR SPORT」(Toyota Yaris GR SPORT)を設定すると発表した。

「GR」は、もっといいクルマづくりを目指すGAZOO Racingが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどのモータースポーツ活動を通じて車と人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズだ。エンジン内部にもチューニング・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、ヴィッツ誕生20周年を記念した特別仕様車「F セーフティエディションIII」、「ハイブリッドF セーフティエディションIII」を設定し、2019年1月7日より販売を開始する。

特別仕様車は「F」および「ハイブリッドF」をベースに、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」やインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」などの安全機能を特別装備。さらに、Bi-Beam LEDヘッドランプやL・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の「GR SPORT」を初公開した。

「GR」は、もっといいクルマづくりを目指すGAZOO Racingが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどのモータースポーツ活動を通じて車と人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズ。エンジン内部にもチューニングを・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針