パリモーターショー

カーライフニュース - パリモーターショー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フランスではEVは当たり前でFCVは裕福層のためのプレミアムカーとして位置づけられているのかもしれない。新興ブランドであるNAMXとHOPIUMがそれぞれの超高級FCV(燃料電池電気自動車)をパリモーターショー2022に展示していた。

◆SUVタイプのNamX HUV
NamXのFCVはより実用的なデザインと雰囲気を持つSUVタイプのFCVだ。同社ではNamX『HUV』と呼んでいる。航続距離800km、最高出力550HP、最高速度は1・・・

ニュースを読む

SILENCEはスペインの電動バイクメーカーだ。創業9年とすでに中堅どころに属する企業。パリモーターショー2022での展示は主力の電動バイクと小型EV。同社の特徴は専用の交換式バッテリー方式を採用しているところ。

◆個人向け電動バイクのベストセラー
2輪スクータータイプの『S01』は、モーター出力7kW。バッテリーは5.6kWhのパックをひとつ搭載する。航続距離は約133Kmという。このパックは脱着や移動をしやすいように、バッテリー本・・・

ニュースを読む

ルノーはEV専業の新会社を作ることを発表しているが、それとは別にモビリティブランドも立ち上げた。「MOBILIZE」はルノーの車両をベースにゼロエミッションモビリティの提案を行っていた。

●タクシー向けLIMO
MOBILIZE『LIMO』は、タクシーを想定したセダンタイプのEVだ。セダンといってもスポーツクーペ風のシャープな外観をしている。後席の空間は確保されている。LIMOはモビリティビジネス向けのため市販はされていない。パリとマ・・・

ニュースを読む

ルノー 5ターボEV はチュリニ峠を走らせたい!

by 中尾真二 on 2022年10月23日(日) 12時30分

パリモーターショー2022は近年の各国モーターショーの例にならい、外国勢の参加が減っている。しかし、その分国内メーカーの発表は逆に力が入っている。ルノーはプレスカンファレンスで7つものワールドプレミアを発表した。

どれもEV・PHEV・FCVに絡むものだが、情報が多すぎて整理しきれない。プレスカンファレンスでも力を入れていた『5ターボE3』と『4EVERトロフィー』について紹介する。

◆EVホットモデル、5ターボE3
ルノー5ターボ・・・

ニュースを読む

フランスのマイクロカーメーカーである「シャトネ」の車両は、45km/h以下、出力6kWに制限されており、フランスの法規では14歳以上なら免許なしで公道を走ることができる。パリモーターショー2022ではその改造車を発見したのだが、なんと小型の燃料電池を搭載していた。

免許なしで乗れるマイクロカーについては、ボディの安全性や子供が運転できるといった理由で危険という議論もあるようだが、カスタムカーの素材としても人気のようだ。まず最初に発見し・・・

ニュースを読む

ルノー(Renault)は10月17日、フランスで開幕したパリモーターショー2022において、コンパクトミニバン『カングー』新型のEV「E-TECHエレクトリック」を初公開した。

◆1回の充電での航続は最大285km
新型カングー・シリーズのEVに関しては、商用モデルの『カングーバン』新型ベースのEVが、欧州で先行発表済み。パリモーターショー2022では、乗用モデルのカングー新型ベースのEVが初公開された。

新型『カングー E-TE・・・

ニュースを読む

アルピーヌ(Alpine)は10月17日、フランスで開幕したパリモーターショー2022に、2ドア2シータークーペ『A110』をベースにしたEVプロトタイプ『A110 E-TERNITE』を出展した。

◆A110後継EVの開発における象徴的な存在
A110 E-TERNITEは、パワートレインを電動化する次期アルピーヌA110の開発における象徴的な存在になる。すでにアルピーヌは、英国のロータスカーズとの間で、次世代EVスポーツカーの共同・・・

ニュースを読む

ジープは10月17日、フランスで開幕したパリモーターショー2022において、5ドアハッチバックボディのSUVで、ブランド初のEV『アベンジャー』(Jeep Avenger)を初公開した。イタリアとスペインでは、内燃エンジン車も設定する。

アベンジャーは、ジープブランド初のフルエレクトリックSUVだ。EVパワートレインのモーターは、最大出力156hp、最大トルク26.5kgmを発生する。リチウムイオンバッテリーは蓄電容量が54kWh。1・・・

ニュースを読む

ルノー傘下のダチアがパリモーターショー2022で発表したコンセプトカー『MANIFESTO』は、近未来のサンドバギーのようなヘビーデューティな外観を持つ。しかし、その開発コンセプトは単なるアウトドア向けの新型ではなく、次世代車両に向けた技術の実証実験車だ。

ウインドシールドやドアがなくアグレッシブなレジャービークルのように見えるが、いくつかの新しい技術を取り込んでいる。チーフデザイナーによれば、ロバスト性の他に環境性能などSDGsへの・・・

ニュースを読む

ジープは10月17日、フランスで開幕したパリモーターショー2022において、5ドアハッチバックボディのSUVで、ブランド初のEV『アベンジャー』(Jeep Avenger)の欧州発売記念モデル、「ファーストエディション」を初公開した。

ジープ『アベンジャー・ファーストエディション』は、充実した装備が特長だ。プライバシーガラス、18インチアルミホイール、フルLEDテールライトを標準装備した。ブラインドスポットシステム、オートハイビーム、・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針