日産 エクストレイル

カーライフニュース - 日産 エクストレイル (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産が創立90周年、電動7車種にアニバーサリー仕様を設定

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年12月14日(木) 12時30分

日産自動車は、電動車両7モデルに創立90周年記念車「90th アニバーサリー」を設定し、12月14日より順次販売を開始する。

対象となるのは電気自動車(EV)『サクラ』と『リーフ』に、e-POWERを搭載するコンパクトカー『ノート』『ノート オーラ』、ミニバン『セレナ』、SUV『エクストレイル』『キックス』を加えた7車種。

「ジャパンモビリティショー2023」(10月28日から11月5日開催)にて先行展示した90周年記念車は、電動車・・・

ニュースを読む

日産自動車(Nissan)の米国部門は10月27日、SUV『ローグ』(日本名:『エクストレイル』)に相当)改良新型のカスタマイズモデル「プロジェクト・ラギッド・ローグ」を10月31日、米国ラスベガスで開幕するSEMAショー2023で初公開すると発表した。

ローグは日産の米国市場における主力SUVだ。日本のエクストレイルに相当する。プロジェクト・ラギッド・ローグは、冒険好きファミリーのためのクロスオーバーSUVを提案する1台で、オフロー・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は10月16日、SUVの『ローグ』(Nissan Rogue)の改良新型を発表した。ローグは日産の米国市場における主力SUVで、日本市場向けの『エクストレイル』に相当する。


◆新デザインの「Vモーショングリル」
改良新型ローグは、フロントマスクを一新した。新デザインの「Vモーショングリル」を装備した。ヘッドライトやフロントバンパーも新デザインだ。リアはテールランプの内部のパターンやバンパーが新しい。サテン仕上げの・・・

ニュースを読む

ブリッツが車高調キット「DAMPER ZZ-R」に追加---プリウスなど4車種

by Mycar-life編集部 on 2023年07月27日(木) 07時00分

チューニングパーツメーカーのBLITZ(ブリッツ)が、車高調キット製品「DAMPER ZZ-R SpecDSC Plus」「DAMPER ZZ-R」に、日産『エクストレイル』X-TRAIL用、トヨタ『プリウス』(60系)用、日産『アリア』用、トヨタ『シエンタ』用の対応ラインナップを追加した。

「DAMPER ZZ-R SpecDSC Plus」は車室内から簡単に減衰力の調整を可能にする、全長調整式サスペンション「DAMPER ZZ-R・・・

ニュースを読む

近年、世界的に人気を集めているSUV。今回は国産SUV3台をピックアップして徹底比較し、その魅力を探っていく。紹介するのはトヨタ『RAV4』、日産『エクストレイル』、スバル『フォレスター』の3台だ。

◆比較する車種のプロフィール
RAV4、エクストレイル、フォレスターの3車は、前輪駆動ベースのシティ派SUVだ。しかし外観やクルマの性格は、後輪駆動をベースにした悪路向けのSUVに近い。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は、・・・

ニュースを読む

2020年にフルモデルチェンジを受けた現行のトヨタ『ハリアー』、発売1か月後には目標販売台数の約15倍の受注を獲得したという大ヒットモデルである。現在も安定した人気を継続しているハリアーとライバルモデルの比較を行った。

第2弾は2022年に上市したばかりの日産『エクストレイル』との比較をお届けする。なお、エクストレイルにはエクストリーマーXとオーテックの2つのラインも存在するが、今回は標準モデルのみ扱う。

◆ボディ外寸比較
・ハリア・・・

ニュースを読む

日産自動車の中国部門は5月23日、SUV『エクストレイル』(Nissan X-Trail)新型の「e-POWER」を中国市場で発売した。

中国向けの新型エクストレイルには、日本仕様にも採用されているe-POWERを搭載する。中国仕様では、フロントのモーターが最大出力204hp、最大トルク33.6kgm、リアのモーターが最大出力136hp、最大トルク19.9kgmを引き出す。いずれもクラス最強という。

また、中国向けの新型エクストレイ・・・

ニュースを読む

日産自動車は5月24日から26日までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2023」に出展し、電動化、知能化技術などを幅広く紹介する。

電動化技術では、フラッグシップ電気自動車(EV)『アリア』のEV専用プラットフォームおよびe-パワートレイン、電動駆動四輪制御技術「e-4ORCE」を紹介。また、新型『セレナ』のe-POWER専用エンジン、新型『エクストレイル』のVCターボ e-POWERに加え、次世代E・・・

ニュースを読む

日産『エクストレイル』は、これまでのタフさ、道具感だけでなく、より上質さを織り込みデザインされた。そこに大きく貢献しているのがCMF(カラーマテリアルフィニッシュ)だ。そこで担当デザイナーにその特徴などについて話を聞いた。

◆プレミアムさを強調したカラー
---:これまでエクストレイはタフさを推してきたクルマでした。しかしこの新型ではかなり上質さに重きを置いており、特にCMFがキーになるように感じます。そこでまずはボディーカラーの考え・・・

ニュースを読む

日産のSUVの基幹車種である『エクストレイル』。そのデザインはこれまでのタフさとともに上質さが加わり、より多くのユーザーに向けたものとなった。特にインテリアはその傾向が強い。そこでインテリアデザイナーに話を聞いた。

◆タフさとプレミアムさの両立
エクストレイルのインテリアデザインを担当した日産グローバルデザイン本部第二プロダクトデザイン部デザインマネージャーの能代洋平さん(以下敬称略)は、現行『ノート』や『ノートオーラ』、欧州の『キャ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

cap

燃費

車種名:ルノー キャプチャー(ハイブリッド)
投稿ユーザー:cap***** さん
総合評価:

20〜23km/L 冬と夏は燃費が下がるが予想よりは良かった 街なかで見...[ 続きを見る ]

運転できないバカ

ガソリン代が・・・ない

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

金がない為、節約してます。助手席に誰も乗りません。 クルマ売ろうかなって...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針