警察庁

カーライフニュース - 警察庁

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

「交通違反切符への押印は義務ではない」警察庁が通達

by レスポンス編集部 on 2022年11月24日(木) 10時30分

警察庁は、交通反則切符への押印・指印が違反者の義務と誤解される言動をしないよう全国の警察に通達した(11月10日付け)。

交通反則切符は、違反者の供述書にあたるもので、違反者が任意に作成する書類。作成する場合、署名とともに求めている押印または指印は、違反者本人が作成したことを確認できることを目的に、違反者が任意で行われることとなっている。

警察庁では、押印を拒否したことによって刑事手続きでの証拠能力が否定されるものでないことから、押・・・

ニュースを読む

チャイルドシート使用率は過去最高、74.5%…正しく取りつけてる?

by レスポンス編集部 on 2022年10月17日(月) 09時45分

警察庁と日本自動車連盟(JAF)が共同で実施したチャイルドシート使用状況の全国調査によると使用率は前回調査から4.0ポイントアップの74.5%で過去最高を更新した。

調査は2022年4月22日から6月30日の間、全国99か所で、6歳未満の乳幼児1万3110人を対象に実施した。2020、2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で調査しなかった。

チャイルドシートの使用以外では、車両シートにそのまま着座が10.9%、大人用シートベル・・・

ニュースを読む

秋の交通安全運動、交通事故死者数が7年ぶりに増加 警察庁

by レスポンス編集部 on 2022年10月11日(火) 09時45分

2022年秋の全国交通安全運動期間中(9月21〜30日)の交通事故死者数は83人で、前年同期と比べて20人増加した。警察庁が発表した。

期間中の交通事故発生件数は8468件で、前年同期より321件増加した。負傷者数は276人多い1万0036人だった。新型コロナ禍に伴う外出規制などが実施されておらず、交通量が回復していることなどもあって交通事故発生件数、死者数、負傷者数が増加した。秋の交通安全運動期間中の交通事故死者数が増加したのは7年・・・

ニュースを読む

「110番映像通報システム」の試行開始---事件・事故の映像や画像を送信

by レスポンス編集部 on 2022年10月03日(月) 11時45分

警察庁は、「110番」通報の通報者がスマートフォン、タブレット端末を用いて、事件・事故の映像や画像を送信することができる「110番映像通報システム」の試行運用を10月1日に開始した。

システムは警察官が現場に到着する前に、視覚的な情報を受け取ることで、110番通報に迅速、的確に対応するのに役立てる。

試行運用では、110番通報を受理した通信指令室担当者が通報内容に応じ、通報者に対し映像の送信が可能かどうかを確認する。通報者が同意した・・・

ニュースを読む

電動キックボードは、どこをどのように走ったらいいのか、わけがわからないことになっている。

しかも、2022年4月の改正道路交通法で決まった「16歳以上なら免許なしでOK!」という文言だけが独り歩きしているものだから(施行は決定後2年以内なのでまだ)、まさにカオスである。

電動キックボードのルールをおさらい
整理しよう。電動キックボードは、原動機付自転車だ。ゆえに、ナンバープレートが装着されている。

・必要なのは、原付免許(普通自動・・・

ニュースを読む

暴走族人数が一転増加…124人増の5838人、グループは減少 2021年

by レスポンス編集部 on 2022年09月21日(水) 09時12分

警察庁がまとめた2021年中の「少年の補導及び保護の概況」によると、暴走族人員は5838人で、前年から124人増えた(9月16日発表)。

暴走族の人員は減少傾向が続いていたがここにきて増加した。グループ加入者は69人増えて954人、未加入者が55人増の4884人だった。グループ数は7グループ減って124グループだった。グループで組織化するのではなく、SNSなどを活用して緩やかにつながるケースが増えていると見られる。

暴走族のうち、少・・・

ニュースを読む

「ゾーン30プラス」、1年間で33地区の整備計画を策定

by レスポンス編集部 on 2022年08月29日(月) 10時53分

国土交通省は8月26日、警察庁と連携して進めている生活道路の交通安全施策「ゾーン30プラス」の施策開始から1年が経過したことから取り組み状況をまとめた。

昨年8月から警察と道路管理者が連携し、最高速度30km/hの区域規制とハンプ、狭さくなどの物理的デバイスの適切な組合せによる交通安全の向上を図る区域を「ゾーン30プラス」として設定している。生活道路における人優先の安全・安心な通行空間の整備を推進するのが目的。

「ゾーン30プラス」・・・

ニュースを読む

警察庁が発表した「2022年上半期(1〜6月)の犯罪統計」によると自動車盗の認知件数は2869件で、前年同期比19.4%増と大幅に増えた。コロナ禍に伴う入国制限により海外に輸出する窃盗団が減少していたが、入国制限が緩和されたことも大きな要因と考えられている。

同統計によれば、オートバイ盗や車上狙いの認知件数は減少しており、自動車盗だけが増えている。警察庁は「自動車盗を重要窃盗犯のひとつと位置付け、各都道府県警察が、 捜査本部を設置した・・・

ニュースを読む

交通事故の死者数が過去最少、40人減の1158人

by レスポンス編集部 on 2022年08月06日(土) 16時30分

警察庁が発表した2022年上半期(1〜6月)の交通死者数は前年同期と比べて40人マイナスの1158人だった。9年連続で減少し、統計を公表した1948年以降、最少記録を更新した。

上半期の交通事故件数は前年同期比1.9%減の14万2987件だった。コロナ禍による外出制限が緩和され交通量も回復しているものの、先進運転支援システムの普及が進んでいることもあって交通事故発生件数の減少が続いている。

交通死亡事故件数は同38件マイナスの113・・・

ニュースを読む

自動車盗難件数がプラスに転じる、入国規制緩和が影響?

by レスポンス編集部 on 2022年08月06日(土) 16時00分

警察庁が発表した2022年上半期(1〜6月)の犯罪統計によると自動車盗の認知件数は2869件で、前年同期比19.4%増と大幅に増えた。

自動車盗難件数は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴う入国制限などで、海外に盗難車を輸出する窃盗団が減少、大幅マイナスが続いていた。増加に転じたのは入国制限が緩和されたことが影響した可能性がある。

自動車盗の検挙人数は1053件、同25.7%減となった。検挙率は36.7%で、前年同・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

otou

納車1か月たちました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:oto***** さん
総合評価:

走行距離が2000キロ超過してきました 車載燃費計では25~26キロ/リ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針