警察庁

カーライフニュース - 警察庁

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

サポカー限定免許導入、若者だけでなく高齢者も賛同

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年01月27日(月) 13時15分

ライフプラン相談、保険相談サービスの「ほけんROOM」を運営するWizleapは、高齢者による事故を防止するためのサポカー限定の免許についての意識調査を実施。その結果を発表した。

高齢者による事故の増加を受け、2019年12月19日、高齢ドライバーの免許制度改正案について、警察庁は2022年度を目処にサポカーに限定した運転免許の創設を発表。通常国会にて審議され、可決される見込みとなっている。同制度は免許返納までの中間的な位置付けとして・・・

ニュースを読む

後席シートベルト着用率39.2%、依然として低い JAFと警察庁合同調査

by レスポンス編集部 on 2020年01月25日(土) 10時00分

日本自動車連盟(JAF)は1月24日、警察庁と合同で「シートベルト着用状況全国調査」を実施して結果を公表した。

2019年11月5〜21日に全国886カ所で調査した結果、後部座席のシートベルト着用率は、一般道路が前年比1.2ポイントアップの39.2%となり、2002年の合同調査開始以来、過去最高となったものの、依然として低い。高速道路は0.1ポイントマイナスの74.1%だった。

2008年に後席シートベルト着用が義務化され、10年以・・・

ニュースを読む

東京オリンピック関係者専用・優先道路を期間限定で設定へ

by レスポンス編集部 on 2020年01月21日(火) 08時56分

警察庁は、東京オリンピック・パラリンピック2020の円滑な運営に向けて、選手などの大会関係者専用や優先する道路を整備するため、道路標識、区画線、道路標示に関する命令の一部を改正する。

オリンピック・パラリンピック競技大会で、選手をはじめとする大会関係者を大会会場に輸送する特定の車両を対象とする専用通行帯であることを表示する規制標識と規制標示の様式を新たに規定する。

また、大会関係車両を対象とする優先通行帯であることを表示する規制標識・・・

ニュースを読む

交通事故死者数、3215人で3年連続最低記録を更新 2019年

by レスポンス編集部 on 2020年01月07日(火) 10時30分

警察庁が1月6日に発表した2019年の交通事故死者数は、前年比317人マイナスと3215人となり、1948年の統計開始以来、3年連続で最少記録を更新した。

人口10万人当たりの死者数は前年より0.25人マイナスの2.79人となった。

都道府県別の交通事故死者数では、16年連続ワースト1位だった愛知が156人でワースト2位に改善。ワースト1位は千葉で172人だった。ワースト3位は北海道。人口10万人当たりの死者数ワースト1位は徳島で5・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

金融機関の窓口や携帯電話の購入時などでも本人確認用の身分証の代わりにもなる「運転免許証」だが、12月1日からは、結婚で姓が変わったドライバーらを対象に、運転免許証への旧姓も記載できるようになるという。

警察庁が発表したもので、きょうの朝日が1面に・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

高速道路などで前方を走るクルマに急接近したり、不必要な急ブレーキをかけたりする悪質な「あおり運転」による死亡事故などが相次いでいることを受け、警察庁が道路交通法に禁止行為を定義し、違反者の運転免許を取り消す処分を検討しているという。道路交通法の改正・・・

ニュースを読む

警察庁は、台風19号の被害で運転免許証を亡失した人に対して運転免許証を再交付すると発表した。

運転免許証を亡失・滅失した場合、罹災証明書がなくても申請窓口で被災状況を伝えることで運転免許証の再交付を受けることが可能。

他県に避難された人が運転免許証の再交付を申請される場合、住民票の写しがない場合でも、避難先に同居する家族や親戚のほか、避難先の施設の責任者、ホテル支配人などによる居住証明書と、証明した人の身分証明書の写しで、再交付を受・・・

ニュースを読む

自動車安全運転シンポジウム…テーマは自動運転レベル3 11月14日開催

by レスポンス編集部 on 2019年10月02日(水) 10時45分

自動車安全運転センターは、11月14日に一橋講堂(東京都千代田区)で、「自動車安全運転シンポジウム2019」を開催する。

今回のシンポジウムのテーマは「自動運転社会の展望〜レベル3時代の到来と運転者の役割」。東京大学の須田義大教授が「自動運転の社会実装に向けた政府・企業・研究機関の取組」と題して特別講演を行う。

日本自動車工業会の横山利夫主査が「自動運転の実現に向けた日本自動車工業会の取組」、国土交通省の平澤崇裕自動車局自動運転戦略・・・

ニュースを読む

警察庁は、2019年秋の全国交通安全運動期間中(9月21〜30日)の交通事故による死者数が1954年の統計開始以来、最も少ない89人となり、前年同期と比べて5人減ったと発表した。

期間中の交通事故発生件数は同950件少ない9540件と、1万件を割り込んだ。負傷者数は1355人少ない1万1532人だった。

交通死亡事故の年齢別では、65歳以上が36人で、全体の4割を占めた。50〜59歳が12人、60〜64歳が6人だった。

状態別では・・・

ニュースを読む

秋の交通安全運動、高齢者の交通事故防止対策に重点

by レスポンス編集部 on 2019年09月16日(月) 19時00分

警察庁は、令和元年秋の全国交通安全運動の実施要綱を発表した。

秋の全国交通安全運動は9月21日から30日までの10日間実施する。全国の重点では「子供と高齢者の安全な通行の確保」「高齢運転者の交通事故防止」「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」「飲酒運転の根絶」を掲げる。

通常、10〜12月の高齢歩行者の死者数は1〜3月と比較して3割以上多く、横断中や薄暮・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hiloichi

まさに人馬一体!

車種名:マツダ ロードスターRF
投稿ユーザー:hil***** さん
総合評価:

2シーターのスポーツカーという性質上、どうしても載せられる荷物の量は限ら...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算41回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算41回目)を1/18に行いました。前回の給油から576.0km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針