ハイエース/レジアスエース

カーライフニュース - ハイエース/レジアスエース

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタモデリスタインターナショナルは、「ハイエース/レジアスエース特別仕様車 スーパーGL ダークプライムII」の発売に伴い、8月6日より各種ドレスアップアイテムを発売した。

「モデリスタ クールフェイスキット」は、ダークプライムIIの特別装備と同調するダークメッキ加飾を配し、「トヨタ セーフティ センス」に対応した「フロントグリルカバー」、「フードカバー」と「フロントスポイラー」の3点で構成する。価格はクールフェイスキット(デイライ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『ハイエース』および『レジアスエース』に特別仕様車「スーパーGL ダークプライムII」を、ハイエースに誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL 50THアニバーサリー リミテッド」を設定し、8月6日より販売を開始した。

特別仕様車ダークプライムIIは、最上級グレード「スーパーGL」をベースに、ダークメッキのフロントグリルやバックドアガーニッシュを特別装備したほか、内装には、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色・・・

ニュースを読む

トヨタモデリスタインターナショナルは、トヨタ『ハイエース/レジアスエース』の一部改良に伴い、各種カスタマイズパーツを発売した。

安全装備の「トヨタ セーフティセンスP」に対応した「フロントグリルカバー」、「フードカバー」を新規設定し、「フロントスポイラー」と3点セットの「クールフェイスキット」を設定するとともに、プライベートユース向けに「サイクルホルダー」や「ロッドホルダー」など、スタイリッシュで機能的なカーゴスペース向けアイテムをラ・・・

ニュースを読む

●「想い」で「P」を採用

11月22日に発表されたトヨタ『ハイエース/レジアスエース』の一部改良。その最大のポイントは自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を含めた衝突支援回避パッケージ「Toyota Safety Sense P」の採用、しかも全車標準搭載だ。

トヨタの衝突支援回避システムには大きくわけて「Toyota Safety Sense C」と今回搭載された「Toyota Safety Sense P」の2種類が・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

はるりく

ソリオはどこまで走る

車種名:スズキ ソリオ
投稿ユーザー:はる***** さん
総合評価:

9年間で17万 km 走りました。あと4年くらい頑張って走ってもらいたい...[ 続きを見る ]

ねばくん

冬場の通勤燃費は・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段、通勤に使用していますハスラーが ぶつけられて修理中なので ランディ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針