クラウン

カーライフニュース - クラウン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

クラウン のコネクティッドサービスを評価…西村直人【日本カーオブザイヤー2018-19】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2018年12月10日(月) 11時15分

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」にはボルボ『XC40』が選ばれた。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の西村直人氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された西村氏のコメント。

☆☆☆

私は選考委員を拝命した当初から次の2点を選考理由としている。1:「パーソナルモビリティとしての素養があるか」、2:「30年後の自分が安心して乗れるクルマ作りがなされているか・・・

ニュースを読む

基本性能を追い求めた クラウン…木下隆之【日本カーオブザイヤー2018-19】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2018年12月10日(月) 10時15分

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の木下隆之氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された木下氏のコメント。

☆☆☆

高級セダンとしての上質な完成度はもちろんのこと、ボディ剛性を高め、低重心化や重心のセンターへの集中など、走行性能に直結する基本性能を追い求めた点を・・・

ニュースを読む

クラウン は明らかに競合他車と違う…御堀直嗣【日本カーオブザイヤー2018-19】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2018年12月09日(日) 22時00分

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年を代表する1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の御堀直嗣氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された御堀氏のコメント。

☆☆☆

走行性能を十分に高めながら、クラウンの伝統的なしなやかで快適な乗り心地を併せ持ち、競合他車と明らかに違う、国内専用車としてのクラウンらしさを味わえ・・・

ニュースを読む

あまり迷うことなく クラウン…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2018-19】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2018年12月09日(日) 11時30分

その年を象徴する何かを持ったクルマを選んできたが……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の岡本幸一郎氏はトヨタ『クラウン』に満点の10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種・・・

ニュースを読む

日本の道を知っているのは クラウン…高山正寛【日本カーオブザイヤー2018-19】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2018年12月08日(土) 19時00分

トヨタ『クラウン』新型はクラウンを再定義した……。「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。選考委員でモータージャーナリストの高山正寛氏はクラウンに10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された高山氏のコメント。

☆☆☆

クラウンに10点を投じた最大の理由は、日本の自動車産業を牽引してきた国内専用車である同モデルを「再定・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は10月10日、『クラウン』のヘッドライトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年12月13日〜2015年9月18日に製造された4654台。

ヘッドライトについて、タクシー用途等で想定を超えた長時間点灯を続けた場合、バルブからの熱と紫外線により反射板のアルミ蒸着が剥離することがある。そのため、そのまま使用を続けると、集光不足となり、光度が徐々に低下し、最悪の場合、保安・・・

ニュースを読む

生まれ変わった15代目クラウン
トヨタ『クラウン』は1955年に誕生。日本の高級車をけん引してきたモデルといって過言ではない。だが国内でレスサスブランドを展開してから、その立ち位置は微妙に変化。15代目の新型クラウンは、初代コネクティッドカーとして登場した。

最初に新型を目にしたのは、2017年の東京モーターショーだった。フロントグリルを見ると、まるで大きな口を開け、顎(あご)を突き出しているかのように見えるインパクトあるデザイン。シ・・・

ニュースを読む

トヨタ クラウン 新型のコネクティッド機能をぜんぶ解説

by 佐藤耕一 on 2018年09月10日(月) 06時30分

■コネクティッドカーって何ができるの?

「コネクティッドカー」あるいは「コネクテッドカー」という言葉が、最近よく聞かれるようになった。自動車業界内のキーワードとしてだけではなく、新聞やテレビなど、ふだん目にするマスメディアでも時おり取り上げられている。

しかし、コネクティッドカーという言葉の意味は理解していても、実際にどのようなメリットがあるのかは、あまり知られていないように思う。そんなところへ登場したコネクティッドカーが、トヨタの・・・

ニュースを読む

軽自動車にも衝突被害軽減ブレーキが標準装備される時代、いわゆるADAS(高度安全運転支援システム)は特段珍しいものではなくなった。性能も安定してきた今、積極的に使うためのコツがある。また、足りない機能はなにか。そんな視点でチェックしてみた。

チェックした車両は新型『クラウン』の「RS Advance」(2.0リットルターボ)仕様。搭載されたADAS機能は、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト(LTA)、プリクラッシ・・・

ニュースを読む

“復権”が命題だったという。現実問題として販売台数を戻し、もはや外来種ではなくなったドイツ勢に対し存在感をアピールし直すことは『クラウン』の伝統を守るために必要不可欠な姿勢、という訳だ。はたしてその成果は?

試乗車は「RSアドバンス」。シリーズの中でもスポーツ性が打ち出しのグレードで、試乗会会場に用意されていたのが2リットルターボ搭載車(ガソリン車)ということは、まずは新型の走りの素性をじっくりと確認せよ……とのメッセージだと受け取っ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

3150

初めての計測

車種名:日産 マーチ
投稿ユーザー:315***** さん
総合評価:

11.89km/Lでした。どうなのかな?平均がどのくらいかわからないから...[ 続きを見る ]

16gs aristo

The普通

車種名:トヨタ アリスト
投稿ユーザー:16g***** さん
総合評価:

良く言えばオールラウンダー。悪く言えば中途半端。特に不満はありません。と...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針