RAV4

カーライフニュース - RAV4

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車の米国部門は10月10日、新型『RAV4』(Toyota RAV4)のプラグインハイブリッド(PHV)を11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー2019(Los Angeles Motor Show)で初公開すると発表した。

新型RAV4には、すでにハイブリッドを設定している。米国仕様の場合、直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジン(最大出力176hp、最大トルク22.5kgm)にフロント・・・

ニュースを読む

単なる流行りではなく一つの時代の流れを作っているSUV。その多機能性や実用性は確かに他の車種と比べて一線を画している。しかし、単なる流れに乗って選んでしまっては、あまりにも味気ないもの。そこで、ガソリン・ハイブリッド・ディーゼルと動力別に個性豊かなSUVを比較してみた。

◆個性にあったSUV選び

ますます勢いを強めている昨今のSUVブーム。いや、これが一過性のブームでないことはもはや明らかだ。SUVは着座位置が高いので運転席からの見・・・

ニュースを読む

2019年のワークスチューニング合同試乗会にトヨタ系のTRDが持ち込んだモデルは、当然のことながら今年最高の注目モデル『GRスープラ』であった。

人気のモデルであることもあり、デリバリーは遅れているスープラ。チューニングパーツの開発を進めようにも実車が手に入らないショップも多く、思うようにならないところも多いだろう。そうしたなか、ワークスであるTRDは早期より開発を進めることが可能で、今回の試乗会にも試乗車を持ち込むことができている。・・・

ニュースを読む

◆クロスオーバーSUVの元祖「RAV4」

今、世界的にブレークしているクロスオーバーSUVの元祖こそ、1994年に初代がデビューしたトヨタ『RAV4』新型である。以来、RAV4は世界的人気を博し、トヨタのドル箱となり、北米市場でのクロスオーバーSUV販売台数の半数を占めるほどに成長している。

この新型RAV4は、トヨタが満を持して平成の最後に登場させた5代目。ただし、これまでのクロスオーバー路線から脱却。TV CFやカタログを見ても・・・

ニュースを読む

アルパインは、高音質とハイグレードなインテリアを実現するリフトアップ3ウェイスピーカーにトヨタ『RAV4』専用モデルを追加し、10月中旬より発売する。

新製品は、イグニッションオンでダッシュボードに装着されたアクティブトップカバーとツィーターが自動で昇降する独自機構を採用。RAV4の車室内にプレミアムなサウンドとインテリアのビジュアル的なインパクトを両立する。

アクティブトップカバーで反射させることで、ツィーターの高音域をダッシュボ・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは、車種別専用スピーカーパッケージ「ソニックプラス」シリーズの新製品として、トヨタ『RAV4』専用リミテッドモデル「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」を9月13日から12月末までの期間限定で発売する。

ソニックプラスシリーズは、車両の資産価値や操作性を犠牲にすることなくカーオーディオの音質を改善する車種別専用スピーカーパッケージだ。ボルトオン&カプラーオンで簡単・確実に装着できることを目指して設計。音質を大き・・・

ニュースを読む

【トヨタ RAV4 新型】まとめ…どこでも行ける気になる

by 滑川寛 on 2019年08月23日(金) 06時30分

3年ぶりの国内市場での復活となった5代目トヨタ『RAV4』。悪路での走破性を追求しただけでなく、オンロードでの走行性にも優れたオールラウンダー。新開発の4輪駆動システムを搭載し、発売1カ月で月販目標の8倍を達成するなど、勢いに乗るRAV4のこれまでの情報をまとめる。

目次【トヨタ RAV4 新型】約3年ぶりに国内市場復活 260万8200円から【トヨタ RAV4 新型】Adventure はオフロードイメージを象徴[詳細画像]【トヨタ・・・

ニュースを読む

◆4WDってどういう仕組み?

4輪車の駆動方式は大きく2WDと4WDに分けられます。2WDのうち前輪を駆動するものを前輪駆動、後輪を駆動するものを後輪駆動と呼びます。これらの駆動方式はエンジンがどこにあるかによってさらに細分化され、エンジンがフロント部分にある前輪駆動はフロントエンジン・フロントドライブとしてFF、後輪駆動はフロントエンジン・リヤドライブのFR、ミッドシップならばMR、エンジンをリヤに積むならRRといった呼び方となりま・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは7月10日、2019年上半期(1〜6月)の欧州市場におけるトヨタブランドのハイブリッド車の販売結果を発表した。総販売台数は過去最高の27万5300台。前年同期比は18%増と大きく伸びた。

車種別の販売実績では、クロスオーバー車の『C-HR』のハイブリッドが上半期、7万0284台を売り上げ、トヨタの最量販ハイブリッド車に。前年同期比は34.2%増と伸びる。C-HRの全販売・・・

ニュースを読む

大きい。『RAV4』ってこんなんだったっけ? 華奢だった美少年が、しばらく会わないうちにすっかりおっさんになっていて落胆……したときと同じ気分になるのは、私だけではないだろう。

ただ、大きくなったRAV4は、包容力を身に着けていた。2リットルガソリンエンジンを搭載した「アドベンチャー」は、SUVらしいふんわりゆったりとした乗り心地。ハンドル操作に対する反応のよさと、包み込むようなやわらかい乗り心地のバランスが絶妙で、体も心もゆだねたく・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針