チェロキー

カーライフニュース - チェロキー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ジープ グランドチェロキー、主要モデルの価格を5%引き上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月04日(水) 18時45分

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップSUV『グランドチェロキー』のうち、主要5モデルの価格を見直し、12月2日以降販売分より新価格を適用した。

新価格は「ラレード3.6L」が524万円(旧価格499万円)、「アルティテュード3.6L」が566万円(同539万円)、「リミテッド3.6L」が659万円(同622万円)、「サミット3.6」が734万円(同699万円)、「SRT8」が885万円(同843万円)。約5%(25万円から42万円・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、ジープ『グランドチェロキー』の高性能モデル「トラックホーク」を一部改良し、5月16日より販売を開始した。

トラックホークは、卓越したオフロード性能に加え、レーシングトラックにおいても圧倒的なパフォーマンスを発揮する高性能SUV。最高出力710psを発生する6.2リットルV8スーパーチャージャーエンジンを搭載し、0-96km/h加速が3.5秒、最高速度290km/hという圧倒的なパフォーマンスを発揮する。日本市場には2・・・

ニュースを読む

ジープブランドは5月7日、『グランドチェロキー』の高性能グレード、「トラックホーク」(Jeep Grand Cherokee Trackhawk)がロシア・バイカル湖において、氷上でのSUV最速記録となる280km/hを達成したと発表した。

『グランドチェロキー トラックホーク』は、オフロード性能だけでなく、レーシングトラックとしての走行性能も追求したジープ史上最強の高性能モデル。6.2リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーは・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップモデル『グランドチェロキー』に特別仕様車「トレイルホーク」を設定し、5月18日より100台限定で発売する。

トレイルホークは、オフロード性能を強化した限定モデル。リアアクスルに電子制御式LSDを搭載した「クォドラドライブII 4×4システム」を搭載し、滑りやすい路面でも優れたトラクションを発揮する。また、急勾配路を一定の低速で安定して走行できるセレクスピードコントロールを装備。慎重なアクセル・ブ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、ジープのフラッグシップSUV『グランドチェロキー』に限定車「アルティテュード」を設定し、4月13日より販売を開始する。

グランドチェロキー・アルティテュードは、エントリーグレードの「ラレード」をベースに、精悍さを演出するエクステリアパーツや、上級グレード譲りの豪華装備を付与した限定車。エクステリアでは、ボディ同色バンパー/サイドシルのほか、ブラックグリル、ブラックベルトモール、ブラックルーフモールディング、グロスブラ・・・

ニュースを読む

ご存知ないかもしれないが、ジープというブランドは今や全世界で年間100万台を販売するメガブランドである。日本でも年間販売台数は1万1000台を超え、輸入元のFCAジャパンの年間販売におけるほぼ半数をジープが占める。

それだけではない。各セグメントにおいてもほぼすべてのモデルがトップ6に入る健闘を見せているのだ。実は唯一『チェロキー』の台数が、調べてもらった時は出ていなかった。それは2018年10月にビッグマイナーチェンジをして現在に至・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、マイナーチェンジしたジープのミッドサイズSUV『チェロキー』(Jeep Cherokee)に、ベースグレードの「ロンジチュード」と高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」の2モデルを追加し、3月9日から発売する。

2018年10月のマイナーチェンジでは、フロント周りを中心とした大幅なデザイン変更やライト類のLED化により、フラッグシップモデル「グランドチェロキー」に通ずる精悍な外観へと刷新。さらに、装備の充実を図る・・・

ニュースを読む

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)傘下のジープブランドは2月25日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、改良新型『チェロキー』の「トレイルホーク」(Jeep Cherokee Trailhawk)を初公開すると発表した。

トレイルホークは、ジープブランドの高性能オフロード車に冠されるネーミングだ。すでに、『グランドチェロキー』『コンパス』『レネゲード』などに設定されている。改良新型チェロ・・・

ニュースを読む

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2月26日、ジープブランドの電動化の推進などを目的に、米国ミシガン州の複数の工場に総額45億ドル(約4975億円)を投資すると発表した。

ジープブランドは、2022年までの5か年の中期経営計画において、電動化の推進を重視。すでに、ジープは新型『ラングラー』にブランド初のマイルドハイブリッドを設定する。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力270hp、最大トルク40・・・

ニュースを読む

ジープを輸入するFCAジャパンが、北海道で雪上試乗会を開催した。持ち込んだクルマは『レネゲード』を除くジープ全モデルと、アルファロメオのSUV『ステルヴィオ』。改めて雪上におけるジープの強さとある衝撃の事実を知ることになった。

◆実はセグメントでダントツのベストセラー


ある衝撃の事実とは、『グランドチェロキー』のことである。現行グランドチェロキーは、コードネームWK2と呼ばれる第4世代のモデル。投入されたのは実に2011年だから、・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぶひお

七年経過

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:ぶひ***** さん
総合評価:

いろいろ修理代がかかっています。ターボ冷却系交換、エンジン冷却系の液漏れ...[ 続きを見る ]

なついち

スバル・サンバー~本田バモス。今年の8月にバモスが車検で10万以上の見積...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針