ネイキッド

カーライフニュース - ネイキッド

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆使い勝手も走りもいいぞ

かつてのオフロード4WD、『タフト』の名前を復活させた軽自動車SUVは、じつに使い勝手も走りもいい、そして遊び心もあふれるモデルであった。

ネーミングはタフトの復活かもしれないが、むだのないパッケージングはかつて存在した『ネイキッド』に非常に似かよっている。端的に言ってしまえば、直方体のキャビンと直方体のエンジンルームを組み合わせたボディワークを採用。四隅にタイヤを配置したようなパッケージングだ。

ただし・・・

ニュースを読む

量産市販バイクにおけるフルカウル初装備は1976年のBMW『R100RS』といわれていて、レーサーレプリカブームだった80年代では、カウル付きこそ高性能の証とされた。

しかし、「やっぱりバイクはカウルがない方がカッコイイよね」という意見も多く、その後にはネイキッドブームが起きる。そもそも70年代のバイクはみんなノンカウルだったわけで、昨今のネオクラシックブームを見てもわかる通り、エンジンを剥き出しにしたネイキッドスタイルが根強く支持さ・・・

ニュースを読む

眼光鋭いフロントマスク、筋肉質なボディなのにテールエンドはミニマムで軽快。見るからに獰猛なモンスター系バイクだが、走りもやはり怪物級だ。

エンジンは低中速から図太いトルクを発揮し、高回転も伸びやかで隆々たるパワー。レスポンスに優れるダイレクトな駆動力、アクセルの開閉だけで色めき立つ。

アルミ製デルタボックスフレームに、1000ccクロスプレーン型クランクの水冷直列4気筒エンジンを搭載。中身はヤマハ・スーパースポーツ『YZF-R1』だ・・・

ニュースを読む

カワサキモータースジャパンは、スーパーネイキッド『Z250』『Z400』のカラー&グラフィックを変更し、11月1日より販売を開始する。

Z250/Z400は、軽さと力強さを併せ持つ本格的スーパーネイキッドマシン。高出力かつ操作性に優れたエンジンを軽量でスリムなシャーシに搭載。優れた安定性と軽快で自然なハンドリング、扱い易い取り回し性能を発揮する。加えて、Zシリーズ共通の「Sugomi」デザイン要素で、一目でカワサキのスーパーネイキッド・・・

ニュースを読む

◆低回転域の太いトルクと伸びのある高回転域のパンチ力を両立

2010年にデビューしたドゥカティ『ディアベル』は、アメリカンマッスルカーをイメージしたロー&ロングな車体に、ドゥカティ伝統のL型2気筒エンジンを搭載したマシン。ハイパークルーザーやハイパフォーマンスクルーザーなどと称されていたが、じつはビッグネイキッドというカテゴリーで評価すべきバイクではないか。それが新しくなった『ディアベル1260S』の試乗を終えた時の印象だった。


・・・

ニュースを読む

スズキ、スポーツネイキッド GSX-S750 ABS のカラーリング変更へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月12日(火) 12時45分

スズキは、スポーツネイキッド『GSX-S750 ABS』のカラーリングを変更し、2月21日より販売を開始する。

GSX-S750 ABSはアグレッシブなスタイリングに、最高出力112psの749cc直列4気筒エンジンを搭載。高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現する。

2019年モデルは、青(トリトンブルーメタリック)、白(パールグレッシャーホワイト)、つや消し黒(マットブラックメタリックNo.2)の3色を設定・・・

ニュースを読む

カワサキ、スーパーネイキッド『Z400』発売へ 66万7440円

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年01月24日(木) 15時17分

カワサキモータースジャパンは、スーパーネイキッド「Zシリーズ」に新型車『Z400』を追加し、2月15日より販売を開始する。

新型Z400は、同日フルモデルチェンジする『Z250』同様、「Sugomi」デザインを採用。Zシリーズ共通のアグレッシブかつ俊敏なイメージを強調している。

パワーユニットは、高出力かつ操作性に優れる新設計398cm3水冷4ストローク並列2気筒エンジンを搭載し、最高出力48ps、最大トルク38Nmを発生。スムーズ・・・

ニュースを読む

ホンダ ミドルクラスネイキッド CB650R 発売へ 96万1200円[詳細画像]

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年01月21日(月) 16時45分

ホンダは、コンパクトでダイナミックなスタイリングのミドルクラスネイキッド『CB650R』を3月15日より発売する。

CBR650Rは、扱いやすい車体サイズに低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できる直列4気筒エンジンを搭載した『CB650F』をベースに開発。「都市のライフスタイルに興奮をMiddle Sports Roadster」を開発キーワードに、軽量化とマスの集中化を図るとともに、車体・足回り、パワーユニット・・・

ニュースを読む

ホンダからネイキッドストリートとアドベンチャー、2車種提案…EICMA 2018

by レスポンス編集部 on 2018年11月07日(水) 10時30分

ホンダは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA 2018(ミラノモーターサイクルショー)に、ヨーロッパ地域の研究開発拠点のホンダR&Dヨーロッパ(ローマ)によるデザインスタディーモデル『CB125M/CB125X』を出展した。

CB125Mは、水冷4ストローク・単気筒エンジン搭載の「CB125R」がベースのスーパーモタードを強調したネイキッドストリートモデル。ボディーはシャープなラインと最小限のサイズで構成する。シートはコンパク・・・

ニュースを読む

川崎重工(カワサキ)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、新型スーパーネイキッドモデルの『Z400』(Kawasaki Z400)をワールドプレミアした。

Z400は、従来の『Z300』の後継モデルに位置付けられる。Z400は、カワサキのスーパーネイキッドのコンセプトを受け継ぎながら、新開発エンジンとシャーシを採用した。従来モデルのZ300に比べて、より軽快なハンドリ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算53回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算53回目)を10/28に行いました。前回の給油から648.4k...[ 続きを見る ]

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針