500e

カーライフニュース - 500e

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フィアットは、コンパクトEVの『500e』(Fiat 500e)が2023年、欧州のA+B EVセグメントで市場シェア14.7%を獲得し、販売台数で首位に立った、と発表した。

イタリア、ドイツ、スペイン、ベルギー、オーストリアの5カ国では、EVシティカー部門で販売第1位に輝いている。

2020年の発売以来、フィアット500eは欧州で最も売れた電動シティカーであり、ステランティスグループの電動車の中で最も売れたモデルでもある。2023・・・

ニュースを読む

アバルトはかつてはフィアット車用のチューニングパーツやコンプリートマシンを製造していた会社。現在はステランティスブランドのひとつとなっている。

アバルト『500e』はフィアット500eをベースとしたバッテリーEV。フィアット500e同様にクローズド2ドアとオープン2ドアの2タイプのボディを持つ。フィアット500eではクローズドをアイコン、オープンをオープンのグレード名としているが、アバルト500eではそれぞれがハッチバック、カブリオレ・・・

ニュースを読む

イタリアのレーシングドライバーにしてエンジニアだったカルロ・アバルトが興した会社がアバルトである。

まあ、こんなことは釈迦に説法だし、そもそも彼はイタリア人じゃない!と突っ込まれるかもしれない。確かに彼はオーストリア人であるがその半生はイタリアで過ごし、ビジネスはイタリアで行っていた。アバルトのマーク、サソリは彼がさそり座生まれだったことに由来し、アバルトを有名にしたアバルト・マフラーは今も健在である。

そんなアバルトは1971年に・・・

ニュースを読む

レクサスが、ブランド初のEV専用車『RZ』(Lexus RZ)に高性能グレードを追加する可能性が出てきた。米国特許商標庁(USPTO)の公式サイトに、トヨタ自動車が「RZ500e」、「RZ550e」の名称の商標登録を申請したことが記されている。

米国向けのレクサスRZは現在、「RZ450e」の1グレードのみを設定する、モーター、トランスアクスル、インバーターを一体設計した新開発の「eAxle」を搭載する。eAxleのEV専用の永久磁石・・・

ニュースを読む

EVの楽しさはこれだ! アバルト500e…松田秀士【日本カーオブザイヤー2023-2024】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2023年12月09日(土) 18時00分

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」は12月7日に、トヨタ『プリウス』に決定した。いっぽう選考委員の松田秀士氏は、満点の10点をアバルト『500e』に投票した。以下、マセラティ『グレカーレ』に4点、フォルクスワーゲン『ID.4』に2点を与えた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式ウェブサイトに掲載された松田氏のコメントだ。

☆☆☆

EVという魂を注入されて生まれ変わるとこうなるのか! と感動する。それはこのモデルが持・・・

ニュースを読む

らしさあふれるEVのアバルト『500e』は10月28日発売

by 大矢根洋 on 2023年10月15日(日) 13時00分

10月28日より、アバルト『500e』と、そのローンチの記念の限定モデルアバルト「500e スコーピオニッシマ」が発売される。アバルト500eはコンパクトなEVにアバルトらしい刺激的なアイデアを詰め込んだ、同ブランドEV戦略の中核モデルだ。

◆エアロ、大型ホイールで力強さを、アクセサリーはアバルトらしさを強調
500eのデザインを見ると、ブランドを象徴するサソリのイメージが随所に付されていることが分かる。サイドに置かれたエンブレムを始・・・

ニュースを読む

電気サソリにしびれる?! アバルト初のEV『500e』

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年10月12日(木) 07時30分

ステランティスジャパンは、アバルト初の電気自動車(EV)『500e』を10月28日より発売する。500eはアバルトの電動化戦略の中核を担うモデルだ。これまでのブランドDNAを継承しながらも、次世代のアバルトを象徴するモデルとして、日本市場に投入する。

エクステリアでは、アバルトとして初めて、随所にブランドアイデンティティであるサソリの意匠を採用。フロントグリルのブランドロゴには、ダークチタングレーのアバルトレタリングを初採用した。さら・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンはアバルトブランド初となる電気自動車(EV)アバルト『500e』の販売を10月28日から開始すると発表した。EVでありながらガソリン車の音を再現する「サウンドジェネレーター」を備えているのが特徴で、価格は615万円から。

ステランティスジャパンの打越晋社長は10月11日のオンライン発表会で「アバルトはパフォーマンスを軸とした商品づくりをしてきたが、従来のガソリンエンジンに加え、新たに電気自動車をラインアップするこ・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは、アバルト初の電気自動車(EV)『500e』を10月28日より発売する。価格はハッチバックが615万円、カブリオレが645万円。

また導入記念のローンチエディション『500e スコーピオニッシマ』を限定発売。ハッチバックが150台限定で630万円、カブリオレが50台限定で660万円となる。

500eはアバルトの電動化戦略の中核を担うモデル。これまでのブランドDNAを継承しながらも、次世代のアバルトを象徴するモ・・・

ニュースを読む

フィアット(Fiat)は7月4日、Bセグメントに属する新型コンパクト電動SUVの『600e』を欧州で発表した。


◆市街地では1回の充電で最大600km以上の航続
フィアット600eは、『500e』に続くフィアットの新世代EVだ。ファミリームーバーとして人気を集めた1950年代のベストセラー、フィアット『600』の名前を受け継ぎ、600eは急成長中のBセグメントに投入される。600eは全長4170mmのボディに、5人乗りの快適な室内空・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

たか

我慢してたけれど、我慢できずに乗り換えちゃいました笑 ekクロススペース...[ 続きを見る ]

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針