ステルヴィオ

カーライフニュース - ステルヴィオ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アルファロメオ『ステルヴィオ』にディーゼルエンジンが搭載されて日本に導入されたのは2019年のことだった。そして同じディーゼルは今往年のアルファロメオの名車と同じ「Ti」の名で販売される。

このTiが日本に導入されたのは2022年の3月。エンジンは従来のディーゼルと同じ2.2リットル直4ターボディーゼルである。ステランティス傘下のVMモトーリが生産するこのエンジンは、ステランティス系の多くのモデルで使われるエンジンではあるが、流石はア・・・

ニュースを読む

アルファロメオは10月27日、SUV『ステルヴィオ』(Alfa Romeo Stelvio)の改良新型を欧州で発表した。2016年のデビューからおよそ6年を経て、初の本格改良を受けている。

改良新型のフロントは、ヘッドライトが新デザインだ。新型コンパクトクロスオーバー車の『トナーレ』と同じく、3連のLEDを組み込んだフルLEDアダプティブマトリックスヘッドライトを装備した。リアは、LEDテールライトの内部デザインが新しい。

インテリ・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは、アルファロメオ『ステルヴィオ』に上質感を高めた特別仕様車「エディツィオーネ ルッソ」を設定し、10月8日より50台限定で発売する。価格は766万8000円。

エディツィオーネ ルッソは、スポーティさと上質感を兼ね備えたステルヴィオの個性をさらに引き立てた限定車。「LUSSO(ルッソ)」とは、“豪華な、贅沢な"を意味するLUXURYのイタリア語。その名が示す通り、限定車専用のカラーコーディネイトや、ベ・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは7月12日、アルファロメオのスポーツサルーン『ジュリア』およびSUV『ステルヴィオ』にデザイン性とスポーツ性を高めた限定車「ESTREMA(エストレマ)」を設定し、販売を開始した。価格はジュリア(70台)が690万円、ステルヴィオ(80台)は823万円。

「ESTREMA」は、英語のEXTREME(エクストリーム)に相当する“極限、極致"を意味するイタリア語。スポーツ性を際立たせた特別なモデルとして、・・・

ニュースを読む

アルファロメオ(Alfa Romeo)は6月20日、『ジュリア』と『ステルヴィオ』の「エストレーマ」を6月23日(日本時間同日17時)、英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に出展すると発表した。

◆「エストレーマ」は究極を意味
エストレーマ(ESTREMA=究極)は、F1のノウハウを最大限に活用し、スポーティなドライビングのために開発された仕様だ。両車の公式デビューが、アルファロメオF1チームのファクトリーで・・・

ニュースを読む

色気むんむんの『ステルヴィオ』×武骨なディーゼル
かろやかにうねるラインで構成されつつも、重厚な塊を感じさせるボディ。ユニークな顔つきも、横から放たれる華やかさも、ゴージャスな存在感も、もはやこれは血筋としか言いようがない。これぞアルファロメオ。これこそイタリアなのだ。

それをさらに実感するのは、運転席に座ったとき。シフトレバーの手元に燦然と輝くのは、イタリア国旗をあしらった三色のマーク。以前、イタリアに住んでいた私は、この三色旗を見・・・

ニュースを読む

アルファロメオ(Alfa Romeo)は3月28日、新しいグローバル特別モデルシリーズの「エストレーマ」を発表した。まずは、『ジュリア』と『ステルヴィオ』に設定され、4月に欧州市場で発売される予定だ。

◆頂点「クアドリフォリオ」の下に位置するモデルに
エストレーマ(ESTREMA=究極)は、F1のノウハウを最大限に活用し、スポーティなドライビングのために開発された仕様だ。両車の公式デビューは、アルファロメオF1チームのファクトリーで行・・・

ニュースを読む

アルファロメオ(Alfa Romeo)は3月28日、新しいグローバル特別モデルシリーズの「エストレーマ」を発表した。まずは、『ジュリア』と『ステルヴィオ』に設定される。

エストレーマ(ESTREMA=究極)は、F1のノウハウを最大限に活用し、スポーティなドライビングのために開発された仕様。ジュリアとステルヴィオの場合、アクティブサスペンションとLSDを標準装備した。カーボンファイバーを広く使用することで、軽量化を図っている。

ジュリ・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは、アルファロメオのSUV『ステルヴィオ』を仕様変更するとともに新モデル「Ti」を追加し、4月16日より販売を開始する。

「Ti(Turismo Internazionale)」は、アルファロメオの高性能車に与えられてきた伝統の呼称。ステルヴィオ Tiもそのモデル名通り、元来備わるスポーツ性能と上質さを併せ持つグランドツアラーとしての性格が特長だ。

エクステリアでは、ボディ同色のミラーハウジングや新意匠の5ホー・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、アルファロメオのスポーツサルーン『ジュリア』およびSUV『ステルヴィオ』に限定車「GTジュニア」を設定し、1月5日より販売を開始した。

GTジュニアは、1960-70年代に人気を博したアルファロメオ『GT1300ジュニア』に着想を得て、デザイン性とスポーツ性を高めた限定車。価格と販売台数はジュリアが680万円(99台)、ステルヴィオが792万円(40台)。

GT1300ジュニアが登場した1965年は社会が復興し、経・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針