CX-3(ディーゼル)

カーライフニュース - CX-3(ディーゼル)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

とある銀座の立体駐車場にて。「これ、入るでしょ?」係員「ちょっと待ってください」するとしばらくして、「ゆっくり入ってみてください。上のバーに当たったらダメです」と。

恐る恐る入ってみると無事にクリア。立駐の高さ制限は155cm。マツダ『CX-30』の全高は1540mmだから問題なく入るはずなのだが、何故か銀座の駐車場は厳しい高さ制限をしていて、かつて1550mmのクルマが入らなかったことがある。たった1cm、されど1cmで、マツダはう・・・

ニュースを読む

マツダ、米国販売47%増…CX-30 が倍増と貢献 2021年上半期

by 森脇稔 on 2021年07月02日(金) 17時30分

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは7月1日、2021年上半期(1〜6月)のアメリカ合衆国市場の新車販売の結果を発表した。総販売台数は18万9167台。前年同期比は46.8%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。

乗用車系では、中型セダンの『マツダ6』が1万0026台を販売した。前年同期比は24.0%増と、3年ぶりの前年超え。『マツダ3』も2万1634台を売り上げ、前年同期比は33.3%増と、プラスに転じた。

ライトトラック(・・・

ニュースを読む

マツダ『CX-30』が、昨年12月の年次改良に続き4月に一部商品改良を受けた。SKYACTIV-Xエンジンの排ガス性能と燃費を改善すると共に、フロント及びリヤダンパーの特性を見直し、乗り心地の改善も図られている。

細かなところでは、リヤソナーの数が3つから2つに変更となっている(性能は変わらず)。

◆SKYACTIV-Xのポテンシャルを感じる改良

燃費は3〜7%程度改善されているということで、試乗した「CX-30 SKYACTIV・・・

ニュースを読む

オートエクゼは、「エアロスポーツワイパーブレード」に『マツダ3』『CX-30』用を追加設定し、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売する。

エアロスポーツワイパーブレードは、アーム結合部にフィンを備えたウインドディフレクターを装備しエアロフォルム化。走行時に発生する風圧を積極的に受けとめワイパーのリフトを抑制する。また、ガラス面に対し均一にブレードラバーを密着させ、雨天高速走行時の視認性を向上。ブレード本体は撥水ガラスに対応するグラフ・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の米国部門は5月21日、『マツダ6』と『CX-3』の2車種について、2022年モデルは米国市場に導入しないと発表した。

マツダ6とCX-3の2車種については、現行の2021年モデルの在庫をもって、米国市場での販売を終了する。

マツダは100年以上にわたり、走行性能とデザイン性能を備えた車で、変化する顧客のニーズを捉えてきた。今回、顧客の嗜好が変化していることを受けて、米国市場向けの2車種の廃止を決定したという。マ・・・

ニュースを読む

オートエクゼ、ストリートブレーキローターに マツダ CX-30 用を追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年05月07日(金) 18時30分

オートエクゼは、「ストリートブレーキローター」にマツダ『CX-30』対応品を追加設定し、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売する。

ストリートブレーキローターは、量産品と同形状の1ピース構造FC鋳鉄製ながら、カーボンやシリコンなどの含有率をコントロール。加えて、綿密な熱処理加工を施すことで金属結合組織を安定化させ、熱による歪みを抑制し強度を高めている。また、ブレーキパッド発熱時に発生するフェードガスを逃がし、炭化したブレーキパッドの・・・

ニュースを読む

マツダは、コンパクトカー『マツダ3』およびクロスオーバーSUV『CX-30』を一部改良し、4月26日より販売を開始する。

今回の一部改良では、マツダ3/CX-30における新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」搭載車の環境性能を向上。ドライバーの意図に応える瞬発力を高めた自在感と走行性能はそのままに、排出ガス性能と燃費を改善した。これにより、一部機種が2030年度燃費基準における減税対象となる。対象車種はマツダ3がe-SKY・・・

ニュースを読む

マツダの中国部門は4月19日、中国で開幕した上海モーターショー2021において、『CX-30 EV』(Mazda CX-30 EV)をワールドプレミアした。

CX-30 EVはマツダの新世代SUV、『CX-30』のEVバージョンだ。マツダにとって、中国初の「NEV」(新エネルギー車。EVやプラグインハイブリッド車など)となる。

CX-30 EVは上海モーターショー2021において、デザイン参考モデルとしてワールドプレミアされた。その・・・

ニュースを読む

ワントップは、CX-30/MX-30/マツダ3用「アイドリングストップキャンセラーIV」(TPT085AS)の販売を開始した。

アイドリングストップ機能は、環境問題対応や燃費改善のため近年新型車に多く採用されている。その一方、「止まるたびエアコンが送風になり車内が不快」「右折信号待ちから発車の際出遅れた」等の理由からオフに設定しているユーザーも多い。

取り付けは純正配線に割り込ませるだけ。エンジン始動時にi-stopが自動で解除され・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の米国部門の北米マツダは4月1日、2021年第1四半期(1〜3月)のアメリカ合衆国市場の新車販売の結果を発表した。総販売台数は8万3258台。前年同期比は23%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。

最量販車となったのは、SUVの『CX-5』だ。第1四半期は、米国で4万0750台を売り上げた。前年同期比は15.7%増と、3年ぶりのプラスだ。『マツダ6』は4285台。前年同期比は4.9%減と、引き続き落ち込む。

『マ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

sam

いい車です

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:sam***** さん
総合評価:

BMWらしく、加速時にしっかりGを感じ、運転を楽しめます。 バランスが取...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算63回目)を7/18に行いました。前回の給油から497.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針