3シリーズ (ステーションワゴン ディーゼル)

カーライフニュース - 3シリーズ (ステーションワゴン ディーゼル)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMW『3シリーズ』次期型プロトタイプを、偽装の軽い状態でキャッチした。またその室内を激写することに成功した。

捉えたコックピットは、『5シリーズ』新型を彷彿させるフルデジタル・インストルメントクラスタが見て取れる。これはBMWグループが「デジタルデイ2018」で発表したばかりの、次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」と思われる。目的地に近づくとパーキングマップに切り替えるなど、カスタマイズ可能なオプショ・・・

ニュースを読む

9月発表か?BMW 3シリーズ 次期型、ここまで見えた新デザイン

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年03月05日(月) 08時00分

BMWの主力4ドアセダン『3シリーズ』次期型プロトタイプを、これまでで最も擬装の軽い状態でキャッチした。しかも、ベースモデルと「Mスポーツ」のダブルスクープだ。

キャッチした最新の開発車両からは、最新のLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトのアウトラインが見える。現行のようにグリルに向かって絞られるのではなく、グリルを包むようなデザインで下部には切れ込みが確認できる。

キドニー・グリルはワイドな楕円形になり、テールライ・・・

ニュースを読む

BMW 3シリーズ も電動化が加速、次期型にはマイルドハイブリッド&EV

by 子俣有司@Spyder7 on 2018年02月14日(水) 17時00分

コードネーム「G20」と呼ばれる、BMWの主力セダン『3シリーズ』次世代型プロトタイプが、寒冷気候テストのため豪雪のスカンジナビアに現れた。カモフラージュは厳重だが、フロントバンパーのエアダクト、ルーフラインは『5シリーズ』に酷似している印象だ。

さらにヘッドライト形状やLEDデイタイムランニングライトのグラフィックも、5シリーズに近いデザインと思われる。次世代型プラットフォーム「CLAR」を採用することにより100kg程度の軽量化を・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、8月に発売した『3シリーズMスポーツ』の限定モデル「エディションシャドー」を通常のカタログモデルとして継続販売すると発表した。

エディションシャドーは「318i」「320i」「320i xDrive」「320d」の各Mスポーツグレードをベースに、スポーティ感を際立たせた限定モデルだ。エクステリアではブラックキドニーグリル、専用ダーク色のフロントLEDヘッドライトとLEDテールライト、専用19・・・

ニュースを読む

新型『4シリーズ』は、2ドアのクーペと同カブリオレ、4ドアハッチのグランクーペの3つのボディタイプを設定。プラットフォームの一部は『3シリーズ』をベースにしているが、ボディなどは4シリーズ専用となっている。

3シリーズと比べるとかなりボリューム感があり、低く構えた姿はプレミアムクーペらしい存在感がある。実際ボディ幅は1825mmもあり、3シリーズより25mmワイド化されている。全高は1375mmと3シリーズよりも55mmも低くなってい・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は『3シリーズ』に限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」を設定し、8月28日より1300台限定で受注受付を開始した。

エディションシャドーは「318i」「320i」「320i xDrive」「320d」の各Mスポーツグレードをベースに、スポーティ感を際立たせた限定モデルだ。新色サンセットオレンジを専用ボディカラーとして設定するとともに、ブラックキドニーグリル、専用ダーク色のフロントLED・・・

ニュースを読む

BMW 3シリーズ 次期型をスクープ…ライバルはテスラ!? 初のEVは航続500km

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年08月15日(火) 12時30分

BMWの主力4ドアセダン『3シリーズ』次期型の姿をスクープ。初めてプロダクション・ヘッドライトを装着した状態で捉えることに成功した。

その表情からは、今後BMWのデザイントレンドとなる鋭く釣り上がるヘッドライト、より角ばったイカリング、LEDデイタイムランニングライトバーなどが確認出来る。ワイドになったキドニーグリルはその存在感を増している。ただし奇妙にカッティングされたボンネットフードはカモフラージュで、最終デザインはまだ隠されてい・・・

ニュースを読む

BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューは6月30日、『3シリーズ』のディーゼル車、「320d」に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、燃料装置の燃料供給ホースの不具合が原因。ディーゼルエンジンの燃料装置において、燃料供給ホースの製造が不適切なため、ホースの厚みが均一でないものがある。

そのため、燃料の圧力の変動よって、燃料供給ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。なお、不具合・・・

ニュースを読む

BMWはもともと、『3シリーズ』があまりにもよくできている。品質も、サイズも。世界的な市場からみて、販売台数がそれほど多くないはずの日本だというのに、しっかりと日本の使い勝手を研究して、ちょいちょい細かな調整すらしてくれるのも、ファンを増やしている理由だ。

そんななかにあって、ひとまわり大きな『5シリーズ』を、日本の駐車場事情のなかでどうとらえるかは微妙なところだろう。

けれど、乗ったとたんに、ああ広い…と、じんわりと口元に浮かぶ余・・・

ニュースを読む

BMW 3シリーズ グランツーリスモ、クリーンディーゼルモデルを追加

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年05月10日(水) 20時45分

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『3シリーズ』に新世代クリーンディーゼルエンジン搭載の「320dグランツーリスモ」と「320dグランツーリスモ xDrive」を追加し、5月10日より販売を開始した。

今回追加する2モデルには、アルミニウム合金製クランクケースを採用した2リットル直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載。最新のコモンレールダイレクトインジェクションシステムと可変ジオメトリーターボチャージャーの組み合わせによ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ASOKA

燃費

車種名:トヨタ セルシオ
投稿ユーザー:ASO***** さん
総合評価:

高速ならリッター12キロは行きますが市街地は大体リッター6.5~7キロ…...[ 続きを見る ]

maki

本日、リコール整備後の初のDPFが作動しました。約280kmで作動しまし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針