e-up!

カーライフニュース - e-up!

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

VW up!のEV『e-up!』に改良新型、航続2倍に…欧州発売

by 森脇稔 on 2020年02月03日(月) 17時30分

フォルクスワーゲンは、改良新型『e-up!』(Volkswagen e-up!)を欧州で発売した。

e-up!は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー『up!』のEVバージョンだ。2013年秋のフランクフルトモーターショー2013のデビューから6年を経て、欧州では大幅改良を受けた改良新型が発表されている。

◆バッテリーの蓄電容量は7割以上大容量化

改良新型のハイライトは、EVパワートレインの進化にある。床下にレイアウトされるリ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは9月26日、改良新型『e-up!』(Volkswagen e-up!)が、イタリアで9月27〜29日に開催される「ミッレミリア・グリーン」に出走すると発表した。

「ミッレミリア」は、1927年に始まったイタリアの伝統的公道レースだ。北部のブレシアを起点にローマへ南下し、再び北上して、ブレシアでゴールする。総走行距離が1000マイル(約1600km)であることから、ミッレミリアと呼ばれる。

ミッレミリアは1957年・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、改良新型『e-up!』(Volkswagen e-up!)を初公開した。

e-up!は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』のEVバージョンだ。2013年秋のフランクフルトモーターショー2013のデビューから6年を経て、フランクフルトモーターショー2019では大幅改良を受けた改良新型がワールドプレミアされてい・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、ドイツで9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、改良新型『e-up!』(Volkswagen e-up!)を初公開すると発表した。

e-up!は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』のEVバージョンだ。2013年秋のフランクフルトモーターショー2013のデビューから6年を経て、大幅改良を受けた改良新型が登場する。

改良新型のハ・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は1月12日、「フォルクスワーゲンの安全に対する考え方の訴求」「パワートレインの新方針」「ライフスタイルに合わせたモデルバリエーションの拡充」の3つを軸にした、今後のプロダクト戦略を発表した。

VGJでは従来、安全思想や先進安全技術などについては、車種ごとに訴求を展開してきた。今後はVWの先進安全技術による包括的な安全対策により、運転者、同乗者、さらには周囲の車や歩行者を事故被害から保護・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンから電気自動車の『e-up!』が日本市場に投入された。フォルクスワーゲンの方針は電気自動車を特別のものにせず、普通のクルマと同じように扱い、だれにでも乗れるクルマにするというものだ。このため既存のup!をベースに電気自動車のe-up!を作っている。

専用の電気自動車を作るより、開発コストが少なくてすむし、そもそもフォルクスワーゲンはMQBによってガソリン車だけでなくハイブリッド車や電気自動車も前提にしたプラットホーム・・・

ニュースを読む

起動がボタンではなく昔ながらのキーを捻る仕組みとは! 続けてセレクターを“D”にすれば発進可能。EVなのにあえて素朴にそうしている風なところが、まず気に入った。

デモカーにつき試乗車にはドアに大きなロゴが貼られたいたことを除けば、ガソリン車との外観の差はごく小さい。前後バンパーに加えられた細いリフレクターのデザインはセンスがいい。ルーフアンテナは基部がシャークフィンタイプで全高の数値が違うのはこのため。アルミホイールは専用デザインで、・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲングループジャパンが神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で展開する期間限定スペース「e-mobilitystation@湘南T-SITE」。その初日の12月10日、脳波測定システムを活用した史上初のEV試乗“e-driving”を体験してみた。

フォルクスワーゲングループジャパンとカルチュア・コンビニエンス・クラブのコラボによって実現したe-mobilitystation@湘南T-SITE・・・

ニュースを読む

今年は話題のEVが続々登場! なかでもBMW『i3』とVW『e-up!』は対照的で面白い! 両メーカーの考え方の違いや、逆に相通じる部分などがはっきりわかります。

まずは、先に日本で登場したのはi3。すべて新設計で、新素材を使ったり、さらには「i」というサブブランドまで作っちゃったという気合の入れよう。なので見た目、乗った感じで「あっ」と驚く演出がてんこ盛り。

そのなかでも「ワンペダルフィーリング」といって、アクセルを離した瞬間に、・・・

ニュースを読む

正直言っちゃうと、電気の方がダンゼン乗りやすいんじゃないの〜? という印象でした。なんたってクルマとしてのベースがしっかりしているから、走り味がイイ。これぞVWの底力なんですよねぇ。やっぱりエントリーモデルをきちんと作っているメーカーは、信頼できるといったところでしょう。

ガソリン車の『up!』もキライじゃない、というかむしろ好きな方なんですが、やっぱりASGにクセがあるのは否めないじゃないですか。『e-up!』の場合は、モーター内に・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

giri

116km達成

車種名:三菱自動車 アウトランダーPHEV
投稿ユーザー:gir***** さん
総合評価:

燃費が初の116kmになりました。 充電をもっと上手く使えればもっと燃費...[ 続きを見る ]

みこすり半蔵

5MTの燃費。

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:みこ***** さん
総合評価:

マニアックな5MTの燃費ですが、エアコンONでの片道700㌔のドライブの...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針