GL

カーライフニュース - GL

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツは1月20日、新型EVの『EQA』(Mercedes-Benz EQA)をデジタルワールドプレミアした。

EQAは、「メルセデスEQ」ブランドの新型EVで、ベース車両はメルセデスベンツ『GLA』新型となる。EQAはGLA新型の優れた機能をすべて取り入れたうえで、高効率の電動パワートレインを組み合わせているという。

◆メルセデスEQブランド車らしいエクステリア

EQAのエクステリアには、メルセデスEQ車に共通するブラ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ『EQA』、GLA 新型ベースのEV 1月20日発表

by 森脇稔 on 2021年01月19日(火) 12時45分

メルセデスベンツは1月15日、新型EVの『EQA』(Mercedes-Benz EQA)を1月20日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

EQAは、「メルセデスEQ」ブランドの新型EVで、ベース車両はメルセデスベンツ『GLA』新型となる。EQAはGLA新型の優れた機能をすべて取り入れたうえで、高効率の電動パワートレインを組み合わせる。

最初に登場する「EQA250」グレードには、最大出力190hpを発生するモーターを搭載する。・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは現在、同ブランド最小のフルEVクロスオーバーSUVとなる『EQA』を開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

EQA市販型は、「MAF II」プラットフォームを採用。コンセプトモデルでは3ドアハッチバックだったが、約100mm全高をアップ、5ドアの『GLA』EVバージョンとして発売される。

ドイツ市街地でキャッチした車両は、フロント&リアに最小限のカモフラージュのみとなり、ほぼフルヌード状態だ。パワートレ・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUV『GLBクラス』に高性能モデル「メルセデスAMG GLB35 4マチック」を追加し、1月12日より予約注文の受付を開始した。

GLB35は、「メルセデスAMG 35シリーズ」6番目のモデル。前輪駆動アーキテクチャーモデルに高出力エンジン、四輪駆動システム、シャシーの補強やサスペンションのセッティングなど、高次元のドライビングパフォーマンスと快適性を両立している。

パワートレインは、最高出力3・・・

ニュースを読む

メルセデス GLC、PHEVモデルを追加…EV航続距離は46.8km、価格は899万円

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年01月08日(金) 10時30分

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、ミドルサイズSUV『GLC』に、EQパワー(プラグインハイブリッド)の四輪駆動モデル「GLC350e 4マチック」を追加し、1月7日より予約注文の受付を開始した。納車は4月以降を予定している。

今回追加したGLC350e 4マチックは、最高出力211ps、最大トルク350Nmを発生する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを採用。リチウムイオンバッテリーの・・・

ニュースを読む

不動産とモビリティを融合するMaaS---MaaS Globalが日本で実証実験を実施へ

by レスポンス編集部 on 2020年12月21日(月) 14時00分

フィンランドのMaaS Globalは12月18日、三井不動産とともに、モビリティサービスと不動産を融合する実証実験を日本で実施すると発表した。

プロジェクトは、移動ニーズに対して、使い勝手の良いモビリティをサブスクリプション(定額制)の形での提供する。不動産と交通サービスを組み合わせることで生じる大きな事業機会の実現を視野に入れる。

MaaS GlobalのMaaS(モビリティアズアサービス)アプリ「Whim(ウィム)」は、ひとつ・・・

ニュースを読む

『Cクラス』と同等のプレミアムミドルサイズSUV……というのが『GLC』の位置づけだ。さらに『GLCクーペ』は、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立させたモデルである。

試乗車は「GLC43 4MATIC クーペ」だった。性格にはメルセデスAMGのラインに属する『GLC』であり、その証として『300SL』をモチーフにした専用のフロントグリルが付く。標準のグリルも存在感はなかなかのものだが、こちらはその上をい・・・

ニュースを読む

◆メルセデスベンツ最大のラグジュアリーSUV

メルセデスベンツ最大のラグジュアリーSUV……そんな謳い文句で登場した最新の『GLS』。『GL』と呼称されていた世代から数えて3代目に当たるが「すべての進化の度合いが凄すぎる」が試乗した印象だった。

試乗車は「400d 4MATIC」。全長5210mm×全幅1955mm×全高1825mmのボディはさすがに大きく、地面に対して垂直のフロントグリル(資料には8角形と説明されている)には、ロゴ・・・

ニュースを読む

メルセデスAMG GLE 63S など、高性能SUV 3モデルを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年12月15日(火) 17時00分

メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG GLE 63S 4マチック+』『メルセデスAMG GLE 63S クーペ』『メルセデスAMG GLS 63 4マチック+』を発表し、12月15日より販売を開始した。

◆AMG 63モデルとして48V電気システムとISGを初搭載

エンジンは、メルセデスAMG社が完全自社開発した、最高出力612ps、最大トルク850Nmを発揮するAMG 4.0リットルV型8気筒直噴ツインターボ「M177」を・・・

ニュースを読む

全長5210×全幅1955×全高1825mm。さすがに都内をこいつで徘徊するのは少し気が引ける。と言って、不都合を感じるかといえば、それはもっぱら駐車スペースなどで隣に配慮しなくてはいけないことだけ。

現実的にいざ走ってしまうと別に苦労はない。もっともこのクルマ、ターゲットとした市場はもっぱら北米である。勿論生産もアメリカだから、まあこのくらいのサイズにしとこうかといった具合で作られたモデルのような気がしてならない。本当ならもう少し大・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Gutronger

指名買い

車種名:ホンダ エディックス
投稿ユーザー:Gut***** さん
総合評価:

前後席独立三座は唯一無二 状況に応じて車内容積を最大効率で活用出来る エ...[ 続きを見る ]

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針