X1

カーライフニュース - X1

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アプリリア RX125/SX125、新グラフィック追加 8月20日発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年08月12日(水) 10時30分

ピアッジオグループジャパンは、原付二種オフロードモデル『RX125』と、そのモタードバージョン『SX125』に新たなグラフィックバージョンを追加し、8月20日より販売を開始する。

両モデルは本格的なオフロードデザインを追求し、フルサイズホイールをはじめとし、高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載。125ccセグメントの中で貴重なモデルとなっている。

RX125は、既存の「レッドレースウェイ」に加え、クールな印象を与える新グラ・・・

ニュースを読む

BMW X1 と 5シリーズ 次期型、EV設定が決定

by 森脇稔 on 2020年08月05日(水) 10時00分

BMWグループ(BMW Group)は、BMW『X1』と『5シリーズ』の次期型に、EVを設定すると発表した。

◆2030年までに700万台の電動車を販売する戦略の一環

今回の発表は、BMWグループの電動化戦略の一環だ。BMWグループは2030年までに、700万台以上の電動パワートレイン車(EVやプラグインハイブリッド車など)を販売することを目指している。700万台のうち、およそ3分の2にあたる約470万台を、フルEVにする計画だ。
・・・

ニュースを読む

バイクに乗っているときの後方視界は、バックミラーで確認するしかない。そんな常識を打ち破るヘルメットを日本のベンチャー企業が開発し、新発売する。それがヘッドアップディスプレイ(HUD)とリヤカメラを搭載した『クロスヘルメット X1』だ。

帽体の後ろに170度を捉える超広角カメラを埋め込み、その映像をシールド内側に設けたHUDで見る。さらにスマートフォンとワイヤレス接続し、アプリの起動によって音楽やラジオが聴け、ナビゲーション、サウンドコ・・・

ニュースを読む

BMWが開発を進めるエントリー・クロスオーバーSUV(BMWいわくSAV)『X1』次期型のプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

X1は初代「E84型」が2009年に誕生、6年間生産された。現行「F48型」は2015年に登場。BMWがこだわり続けたFRからFFへ変更され話題となった。2017年にはトランスミッションが6速ATから7速DCTに変更されるなど改良を重ね、いよいよ第3世代へバトンタッチされる・・・

ニュースを読む

BMWジャパン、X1 新型など23台を大会車両に提供へ 東京マラソン2020

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年02月27日(木) 14時30分

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、3月1日に開催される「東京マラソン2020」をオフィシャルスポンサーとして協賛すると発表した。東京マラソンへの協賛は10年連続。

BMWジャパンは、先導車両として、クリーンディーゼルエンジンを搭載した新型『X1 xDrive18d』、審判長車両としてプラグインハイブリッドモデルの新型『X5 xDrive45e』など、合計23台を大会車両として提供する。

さらに、レースディレクター用バイクと・・・

ニュースを読む

ホンダ PCX/PCX150、マットカラーの受注期間限定モデルを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年02月14日(金) 14時00分

ホンダは、原付2種スクーター『PCX』と軽二輪スクーター『PCX150』に受注期間限定のマットカラーモデル「マットイオンブルーメタリック」と「マットギャラクシーブラックメタリック」を設定し、2月28日に発売する。

PCXとPCX150は、環境性能に優れながらも力強い出力特性のグローバルエンジン「eSP」を搭載するスクーター。PCX150は、フロントブレーキにABSをタイプ設定している。装備面では、先進的な「ホンダ スマートキー システ・・・

ニュースを読む

BMW X1 に初のPHV、EVモードは後続57km…欧州発売へ

by 森脇稔 on 2020年01月14日(火) 11時00分

BMWは、『X1』(BMW X1)初のプラグインハイブリッド車(PHV)、「X1 xDrive25e」グレードを、欧州市場で発売すると発表した。

◆燃費52.6km/リットル

X1 xDrive25eは、改良新型X1をベースにしたPHVだ。フロントに積まれるのは、BMW「i」ブランドのPHVスポーツスポーツカー、『i8』用がベースの1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンで、最大出力125hp、最大トルク22.4kgmを引き出・・・

ニュースを読む

アプリリア RX125/SX125、2020年モデル発売…グラフィック変更

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月13日(金) 17時30分

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアのフルサイズ125ccオフロード『RX125』およびそのモタードバージョン『SX125』の2020年モデルを発売する。

両モデルは、本格的なオフロードデザインを追求し、フルサイズホイールをはじめとし、高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載した、125ccセグメントの中において貴重なモデルとなっている。

2020年モデルは、グラフィックを新たにして、ともにイタリアンブランドを強調するアグ・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は11月26日、原付2種スクーター『NMAX125』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2015年9月21日〜2017年1月13日に製造された1万0480台。

対象車両はカムチェーンテンショナー内部のスプリングの強度が不足しているため、カムチェーンの振れによりスプリングが破損するものがある。そのため、異音が発生し、最悪の場合、カムチェーンが外れてエンジンが停止して、再始動できなくな・・・

ニュースを読む

アクティブは、自社ブランド「アクティブ」から発売中のSTFレバーのラインアップを追加、 カタナ用スクリーン&取り付けステーセットを発売。「ゲイルスピード」からはZ900/RSフットコントロールキット エラボレートの販売を開始した。

◆アクティブ カタナ用スクリーン&取り付けステーセット

今年5月、待望の新型『カタナ』が発売された。新型も斬新なデザインでカッコいいけど、やっぱりハンス・ムートデザインの「GSX1100S」が懐かしいとい・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

ハスラーにハイオクを入れてみました

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード G・5MT(H27式) 今年春までレギュラーガソリンを使...[ 続きを見る ]

大車

カッコいいだけじゃなくて、静かな走り出しから加速、安定した走りもバランス...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針