エラントラ

カーライフニュース - エラントラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヒュンダイ、「エラントラ」ベースの新TCRマシンを極秘開発中

by Spyder7編集部 on 2020年06月21日(日) 08時00分

コロナウイルスの影響により世界的にモータースポーツは中止または延期を余儀なくされている。そんな中、ヒュンダイは『エラントラ』をベースとする新レーサーの極秘開発を進めていた。プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

エラントラは、1990年に初代が誕生。1995年に2代目、2000年に3代目と比較的短いサイクルでフルモデルチェンジを繰り返し、2006年には同社初であり韓国初のハイブリッドモデルが4代目に設定された。現行型は2020年に誕生し・・・

ニュースを読む

【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

by 森脇稔 on 2016年07月29日(金) 10時30分

米国IIHS(道路安全保険協会)は7月26日、新型ヒュンダイ『エラントラ』の衝突安全テストの結果を公表し、最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定すると発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となることが必要。また、自動ブレーキなどの前面衝突予防評価で、「ベーシッ・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力コンパクトカー、『エラントラ』。同車が米国において、約15万台のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、エラントラについてのリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、安全装備のESCの不具合によるもの。NHTSAによると、エラントラの・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、新型『エラントラ』を初公開した。

現行エラントラは2010年4月、韓国で発表。ヒュンダイのグローバル小型セダンで、同社の最量販車。米国市場では、トヨタ『カローラ』やホンダ『シビック』などと競合する。

ロサンゼルスモーターショー15で初公開されるのは、6世代目モデル。韓国では9月上旬、・・・

ニュースを読む

11月17日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー15。韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の同ショーの初公開車が判明した。

これは、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「ヒュンダイがロサンゼルスモーターショーにおいて、新型『エラントラ』を初公開する」と発表している。

現行エラントラは2010年4月、韓国で発表。ヒュンダイのグローバル小型セダンで、同社の最量販車。米国市場では、トヨタ『カロー・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は韓国において、新型『エラントラ』(韓国名:『アバンテ』)を発表した。

現行エラントラは2010年4月、韓国で発表。ヒュンダイのグローバル小型セダンで、同社の最量販車。新型は、6世代目モデル。韓国では、引き続きアバンテのネーミングで投入される。

新型エラントラには、同社のデザイン言語、「フルーデリック・スカルプチャー(流体彫刻)の最新版を導入。競争激しい世界の小型セダンセグメント・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力コンパクトカー、『エラントラ』。同車が米国において、10万台のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。同社は、「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、エラントラについてのリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、ブレーキランプの不具合によるもの。NHTSAによると、ブレーキ・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は8月19日、次期『エラントラ』のスケッチを公開した。

現行エラントラは2010年4月、韓国で発表。ヒュンダイのグローバル小型セダンで、韓国では『アバンテ』のネーミングで投入されている。

ヒュンダイは現在、次期エラントラの開発を進行中。今回、公式発表に先駆けて、次期型のスケッチを公開した。

ヒュンダイによると、次期エラントラでは、小型セダンクラスにおいて、個性的かつダイナミック・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の米国主力コンパクトカー、『エラントラ』。同車に関して、およそ20万台のリコール(回収・無償修理)が行われる。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、エラントラのリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールの内容は、パワーステアリングの不具合によるもの。NHTSAによると、エラントラの電・・・

ニュースを読む

韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月13日、米国で開催中のシカゴモーターショー15において、『エラントラGT』の2016年モデルを初公開した。

エラントラGTは2012年2月、シカゴモーターショー12で発表。同社は米国市場に、小型4ドアセダンの『エラントラ』を投入し、人気を得ている。エラントラGTは、その5ドアハッチバック版。欧州Cセグメントの主力車種、ヒュンダイ『i30』が、米国ではエラントラGTの車名で投入・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算53回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算53回目)を10/28に行いました。前回の給油から648.4k...[ 続きを見る ]

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針