ステップワゴン

カーライフニュース - ステップワゴン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

カナック企画は、ホンダ『ステップワゴン』『ステップワゴンスパーダ』に市販9インチカーナビを取付けできるインストレーションセット「TBX-H008」を12月12日より発売する。

ステップワゴン/ステップワゴン スパーダに新製品を使用することで、アルパイン/クラリオン/ケンウッド/パイオニア製の市販9インチサイズのカーナビゲーションを取付けることが可能。また、純正品のようなフィット感も実現している。

新製品はパネルおよびブラケット、コネ・・・

ニュースを読む

カレコ・カーシェアリング、ステップワゴン スパーダを86台導入へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月08日(月) 06時30分

三井不動産リアルティは、同社が運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」において、ホンダ「ステップワゴン スパーダ ホンダセンシング」を7月9日から順次86台導入すると発表した。

今回導入するステップワゴン スパーダは、スパーダ専用のフロントグリルやタイヤのアルミホイールなどを装備。また、車体のステップ高が低く、子どもや高齢者でも乗り降りしやすいよう設計されているほか、テールゲートには縦にも横にも開く「わくわくゲート」が採用されており・・・

ニュースを読む

◆ハイブリッドのモデューロX

ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが開発するのが「モデューロ」シリーズ。特に「モデューロX」は、専用サスや専用エクステリアなどでドレスアップされたコンプリートカーとして人気が高い。

ミドルクラスミニバンとして人気が高い『ステップワゴン』にもモデューロXは設定されていて、最新モデルはスポーツハイブリッドi-MMDを搭載するハイブリッド仕様。従来もモデューロXは設定されていたが、ガソリンタ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスが手がける「Modulo」ブランドはそもそも、エアロやホイール、そしてサスペンションなど、チューニング&カスタマイズパーツを販売していたが、2013年、初のコンプリートカーとなる「Modulo X」を『N-BOX』と『N-ONE』でリリースした。匠の技により、走りの上質感を求めたのがこのモデルの特徴だ。また、ベース車に対してよりスポーティなチューニングが施されている。

さて、2018年12月、ステップワゴンの「Modul・・・

ニュースを読む

ホンダは、『ステップワゴン』の「スパーダハイブリッドG・EX ホンダセンシング」と「スパーダ・クールスピリット ホンダセンシング」に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、12月20日より発売する。

ブラックスタイルでは、黒を基調としたスポーティで力強いスタイルを表現。エクステリアはフロントグリルやヘッドライトガーニッシュにブラッククロームメッキを採用したほか、アルミホイールにブラッククリア塗装を施している。ボディカラーはプラチナホワ・・・

ニュースを読む

ホンダは、カスタマイズコンプリートカー『ステップワゴン・モデューロX』をマイナーモデルチェンジし、12月20日より販売を開始する。

今回のマイナーモデルチェンジでは、従来のガソリンモデルに加え、新たにハイブリッドモデルにもモデューロXを設定した。ガソリンモデルは「スパーダ・ホンダセンシング」を、ハイブリッドモデルは「スパーダ・ハイブリッドG・EX ホンダセンシング」をベースとしている。

エクステリアは「Dynamic&Sporty」・・・

ニュースを読む

ホンダは、『ステップワゴン』など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは『ステップワゴン』『ステップワゴン スパーダ』『N-BOX+』『N-BOX+カスタム』の4車種で、2009年9月21日〜2018年9月20日に製造された59万3815台。

不具合発生箇所はテールゲートオープンステー。ステー上部のボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面・・・

ニュースを読む

ホンダは、『ステップワゴン』など4車種について、テールゲートオープンステーに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは『ステップワゴン』『ステップワゴン スパーダ』『N-BOX+』『N-BOX+カスタム』の4車種で、2009年9月21日〜2018年9月20日に製造された59万3815台。

テールゲートオープンステーのボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面穴径および、ボールスタッドの締結座面径の・・・

ニュースを読む

ホンダの5ナンバー3列シートミニバン『ステップワゴン』のハイブリッドモデル「スパーダハイブリッドG・EX ホンダセンシング」で東京〜鹿児島間を3300kmほどツーリングしたのでリポートする。前編ではユーティリティ、居住感を中心にお伝えした。後編ではハードウェア、先進安全システム、デザインなどについて述べたい。

◆パワフルなハイブリッドシステム「i-MMD」

ステップワゴンのハイブリッドシステムは2014年に日本デビューしたセダン『ア・・・

ニュースを読む

ホンダの5ナンバー3列ミニバン『ステップワゴン』のハイブリッドモデルで3300kmあまりをツーリングする機会があったのでリポートする。

◆新型ステップワゴンの長所と短所

ステップワゴンの第1世代モデルが登場したのは1996年。コンパクトカーのコンポーネンツを使って大スペースの3列シートFWD(前輪駆動)ミニバンを安く作るというのがコンセプト。エンジン、変速機は1機種のみでスライドドアも片側のみというミニマリズムの権化、言うなれば3列・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

なついち

スバル・サンバー~本田バモス。今年の8月にバモスが車検で10万以上の見積...[ 続きを見る ]

かねちゃん35

記録更新

車種名:トヨタ ハイエース/レジアスエース (ディーゼル)
投稿ユーザー:かね***** さん
総合評価:

大阪泉大津周辺から静岡市迄の350キロくらいを高速90キロくらいで走行。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針