ステップワゴン

カーライフニュース - ステップワゴン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ファミリーミニバンの御三家と呼んで過言ではないのが、トヨタの『ノア/ヴォクシー』、日産・『セレナ』、それにホンダ『ステップワゴン』だと思う。

現行ステップワゴンがデビューした時、他のライバルとは異なる戦略を取り、ハイブリットの設定がなく、代わりにダウンサイジングターボというアプローチで市場に挑戦した。2年たってその結果はというと、残念ながらホンダの目論見通りに市場が動かなかったということで、2年を経てホンダもハイブリッドの設定に動かざ・・・

ニュースを読む

ホンダは9月28日、ミニバンの『ステップワゴン』および『ステップワゴン スパーダ』をマイナーチェンジして29日に発売すると発表した。主力タイプとなっているスパーダはフロントなどの外観を刷新するとともに、ハイブリッド車(HV)を新設定した。

2015年4月に発売した現行の5代目ステップワゴンは、バックドアからも容易に乗降できるようにした「ワクワクゲート」や分割できる3列目シート、1.5リットルターボエンジンによる走行性能などが支持されて・・・

ニュースを読む

ホンダは、機能的な空間や独創的な「わくわくゲート」などが特徴のミニバン『ステップワゴン』をマイナーチェンジし、9月29日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、スポーティバージョン「スパーダ」のエクステリアデザインを刷新。新採用のLEDヘッドライトによりシャープさを、専用デザインのフロントグリルにより存在感を表現し、スタイリッシュかつダイナミックなフロントマスクに仕上げた。さらに、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更する・・・

ニュースを読む

ホンダは『ステップワゴン』の一部改良を機に初のハイブリッド車を追加し、9月29日から販売を開始する。ただハイブリッド車はエアロパーツなどを装備したスポーティモデルであるスパーダのみの設定。その理由とは…。

ステップワゴンの一部改良モデルの開発責任者を務める本田技術研究所の齋藤葉治主任研究員は「我々のハイブリッドが持っている性能を一番わかりやすく表現するために、スポーティモデルのスパーダに限定して入れた」と解説する。

では何故ノーマル・・・

ニュースを読む

ホンダは、2017年9月下旬にマイナーモデルチェンジを予定している『ステップワゴン/ステップワゴン スパーダ』に関する情報を7月3日、ホームページで先行公開した。

今回のモデルチェンジでは、ステップワゴン スパーダの外観をよりダイナミックなデザインに変更するとともに、力強い走行性能と優れた環境性能を両立する2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」搭載仕様を設定。また安全運転支援システム「ホンダ センシング」・・・

ニュースを読む

ホンダは、4月8〜9日の2日間、代々木公園で開催される「アウトドアデイジャパン2017 東京」に出展する。

ホンダブースのテーマは「出かけよう!Hondaと一緒に!」。『ステップワゴン モデューロX Honda Dogバージョン』『フリード+ 車中泊バージョン』『ヴェゼルハイブリッド』の四輪車に加え、『CRF50F』『モンキー 50周年アニバーサリー』『400X』などの二輪車も展示。さらにハンディタイプ蓄電機『LiB-AIDE 500・・・

ニュースを読む

ホンダは10月20日、新型『ステップワゴン』に「モデューロX」を設定し、10月21日に発売すると発表した。

同車は、専用のカスタマイズパーツを量産過程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「モデューロX」の第3弾モデル。専用サスペンションや空力特性に優れた専用エクステリアなどにより、スポーティでしなやかな走りを追求する。

サスペンション設定と空力特性のチューニングにより、車体前後のリフトバランスを向上。4輪の接地性を高め、旋回時・・・

ニュースを読む

日産の新型『セレナ』の大きな特徴として挙げられるのが「デュアルバックドア」だ。

通常、Mクラスボックス型ミニバンのバックドアは巨大で、開けると大きなひさしになるのと引き換えに、車体後方に約1mものスペースが必要。それを解決したのがデュアルバックドアで、樹脂製ハーフバックドアのみ開けることで、車体後方に必要なスペースは約48cmになり、狭い場所でも荷物の出し入れが可能になる。

そうしたバックドアの仕掛けに先鞭をつけたボックス型ミニバン・・・

ニュースを読む

新型日産『セレナ』はシートアレンジや後席乗降方法、ラゲッジの使い勝手など、ファミリーミニバンとしての実用性を飛躍的に高めているのが特徴だ。

使い勝手の進化で注目のデュアルバックドアは、ボックス型ミニバンのウイークポイントと言える、大きく開くバックドアの開閉時に車体後方に必要なスペース(各車1m前後)を小さくできるメリットがある。

具体的には、リヤガラス部分=樹脂製ハーフバックドアのみ開閉できることで、先代の半分程度のスペースがあれば・・・

ニュースを読む

【ウェルフェア16】ホンダ、ステップワゴン 車いす仕様車などを出展

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年05月28日(土) 09時30分

ホンダは、6月2日から4日までポートメッセなごやで開催される総合福祉展「ウェルフェア2016」の出展概要を発表した。

ホンダは「Fun for Everyone. Honda〜移動の喜びを一人ひとりに〜」をテーマに、『ステップワゴン』の車いす仕様車や、運転補助装置「ホンダ・フランツシステム」を搭載した『フィット ハイブリッド』など、福祉車両や福祉機器を多数出展する。

ステップワゴンはサイドリフトアップシート車と車いす仕様車を展示する・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Takeshi Nakazawa

燃費がいい‼

車種名:トヨタ エスクァイア
投稿ユーザー:Tak***** さん
総合評価:

エコマークが消えないように優しい運転を心掛け、渋滞の少ない田舎道を選択し...[ 続きを見る ]

chanta

都内だけだと燃費悪い

車種名:ボルボ V40
投稿ユーザー:cha***** さん
総合評価:

T3です。基本週末の買い物用なので燃費は7km台 他の人の燃費と比べると...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針